三代目JSBが10周年記念ファンミで「カッチカチや!」と大盛り上がり、コメント動画到着

三代目JSBが10周年記念ファンミで「カッチカチや!」と大盛り上がり、コメント動画到着

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE (c)ABEMA

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが11月21日にファンクラブイベント「BEST BROTHERS / THIS IS JSB発売記念ファンミ@アベマペイパービュー」を開催。イベントを終えた7人からのコメント動画が到着した。

11月10日にデビュー10周年を記念してアルバム「BEST BROTHERS / THIS IS JSB」をリリースした三代目。このイベントで7人はアルバムに収録された10年分のライブ映像を観て盛り上がったり、ゲームをしたりと、アットホームなトークを繰り広げた。まずメンバーは7枚のカードを引き、この日の役割を決定。登坂広臣は「三代目JSBライブ映像ベスト10」、小林直己は「おたのしみゲームコーナー」、ELLYは「アー写を正しく並べよう!」、NAOTOは「みんなで語ろう!生ファン投票」のMCに就任し、今市隆二と山下健二郎は“ガヤ”、岩田剛典は“雑用”を務めることとなった。

最初のコーナー「三代目JSBライブ映像ベスト10」では、懐かしいライブ映像にガヤを入れながら当時を振り返る。山下は2014年のツアー「BLUE IMPACT」の「JSB Blue」のパフォーマンスで、今市が1人に1つ用意されたポップアップの位置を見失い、山下と抱き合って1つのポップアップで降りたという裏話を明かした。

「おたのしみゲームコーナー」では、雑用の岩田が「蜂の巣ゲーム」をセッティング。フレームの中に積み上げられた3色のハニーセルを順番に抜いていき、上部に積まれた小さなハチの人形を落とした人が負けというルールで、負けた人にはプロポリスドリンクを飲むという罰ゲームが用意された。序盤で登坂が机に足をぶつけて壊してしまいさっそくプロポリスを飲むというハプニングがあったが、7人はすぐに2回戦を開始。ゲームが進んでいくにつれて重力でハニーセル同士の隙間が埋まっていき、崩さずに抜ける場所が少なくなっていくと、メンバーは「うわ、硬いぞ……」「ヤバい!」「どうしよう! カッチカチや!」と状況を説明しながら慎重にハニーセルを選んで落とす。岩田が虫食い状態になった中でどのハニーセルを抜くかを検討しているうちに、うっかりハチを落としてしまい、岩田もプロポリスを飲んだ。

楽曲「JSB IN BLACK」にちなみ、7人はBLACK(=黒)にかけて“苦労した話”をテーマに古今東西ゲームも実施。ここでは「合宿審査で坂道ダッシュしたとき」「映画撮影しながらライブをやっていたとき」など苦労話が次々と挙がる中で、「二日酔いで仕事行ってるとき」「『R.Y.U.S.E.I.』のミュージックビデオ撮影で俺だけ終わってなくてみんなから『クラブ楽しいですよ』と連絡が来たとき」と苦労とは言えないエピソードを明かしたNAOTOが罰ゲームとしてセンブリ茶を飲んだ。

「アー写を正しく並べよう!」のコーナーでは、「三代目JSBライブ映像ベスト10」のコーナーでも一番見た目が変わらないと話題になった山下の個人アーティスト写真10枚を今市が並び替える。サクサクと並び替えを済ませた今市だったが、「S.A.K.U.R.A.」と「冬物語」が逆で惜しくも不正解という結果となった。再び始まった「三代目JSBライブ映像ベスト10」のコーナーでは、苦労したパフォーマンスの裏側などを明かしたり、ファンからのコメントを拾ったりしながら過去のライブ映像を楽しむ。そして最後の「みんなで語ろう!生ファン投票」のコーナーでは、12月17日にABEMAで行うイベント「X’mas LIVE PARTY」に向け、生投票企画を実施。その結果MCは岩田に決定した。

今回のファンミーティングの模様は、12月5日までアーカイブを公開中。また12月26日に三代目が行うツアー「三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2021"THIS IS JSB" FINAL SEASON」最終日の模様が、ABEMA PPVにてオンライン配信されることも決定した。詳細は特設ページにて確認を。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL