YOASOBIが挑み続けた2021年を紅白で締めくくり、年越しそばを楽屋に依頼「絶対に食べたい」

YOASOBIが挑み続けた2021年を紅白で締めくくり、年越しそばを楽屋に依頼「絶対に食べたい」

YOASOBI with ミドリーズ(写真提供:NHK)

12月31日(金)にNHK総合ほかで放送される「第72回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月30日に東京・東京国際フォーラムで行われている。この記事ではYOASOBIのコメントを紹介する。

昨年は大ヒット曲「夜に駆ける」を埼玉・所沢にある角川武蔵野ミュージアムより届けたYOASOBI。2回目の「紅白」出場となる今年は「群青」、そして特別企画の一環で、小学生ユニット・ミドリーズ、NHKの子供向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」キャラクターのアオとキイとともに「ツバメ」をパフォーマンスする。

囲み取材にYOASOBIはミドリーズとともに登場。“ツバメ”ポーズで記念撮影をしたあと、取材に応じた。ミドリーズのあつきは「いつも観ている紅白に出られるって思ってなかったのですごくびっくりしました。でもうれしかったです」とコメント。YOASOBIのAyaseは「(ミドリーズが)心強いですね。楽しくパフォーマンスできたらと思います」とミドリーズに優しい眼差しを向け、ikuraも「ミドリーズのみんなが元気いっぱい踊って歌ってくれるので私もパワーをもらいながら歌えそうです」と声を弾ませた。

記者から「YOASOBIはどんな人?」と聞かれたあつきは「尊敬。歌がikuraさんみたいに上手になって、Ayaseさんみたいにカッコよくなりたい」と語る。りりなも「YOASOBIは学校でも人気。私たちもミドリーズとして学校や世界で人気になれたらいいなと思います」と話し、Ayaseは「照れますね。我が子のように愛でていきます」とミドリーズにデレデレの様子だった。

2人で披露する「群青」についてikuraは、「YOASOBIの2021年の集大成にふさわしい、皆さんを楽しませられるようなパフォーマンスをしたいと思っています」と意気込み、Ayaseも「テレビの前で観てくださる皆さんと同じ空間を味わっているかのような楽しいパフォーマンスができたら」とコメント。ステージ演出については「たっぷり愛を込めたステージをできれば」とAyaseが“指ハート”のハンドサインをしながら話した。

来年の目標については2人ともライブを挙げ、「いつも応援してくださっている皆さまに直接会いに行く機会を増やせたら」とAyaseが語る。ikuraは「リリースする音源も変わらず挑戦することを続けていきたい」と楽曲リリースにも意欲を見せた。

「今年のYOASOBIを漢字1文字に例えるなら?」という記者からの質問にAyaseは「2人とも一緒だよね」と「挑」という文字を挙げる。「いろんなことにチャレンジさせていただいてライブをしたりレギュラーラジオが始まったり2020年には考えられなかったチャレンジをたくさんしました」とその理由を添えた。今年やり残したことについてはAyaseが「年越しそばだけは絶対に食べたいので、(紅白の)楽屋に用意してもらえないかと。それを食べていいパフォーマンスができたら後悔はない」と述べた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL