fusen新曲はスカパラ谷中敦主演ドラマのED曲、フジファブ金澤ダイスケがプロデュース

fusen新曲はスカパラ谷中敦主演ドラマのED曲、フジファブ金澤ダイスケがプロデュース

fusenの新曲「些細な事」が、4月13日に配信リリースされる。

「些細な事」は4月よりTOKYO MXで放送される谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)主演の連続ドラマ「渋谷先生がだいたい教えてくれる」のエンディングテーマ。林龍佑(G, Vo)が交友関係が苦手な人々へ向けてつづった「君は一人ではない」というメッセージが歌われている。

この曲ではバンド初の外部プロデューサーとして金澤ダイスケ(フジファブリック)を招き、デモ作りから共同作業が行われた。マスタリングはABEDON(ユニコーン)が担当している。今回のプロデュースについて金澤は「一緒に曲を完成させていく中で、たくさんのトライもしたし、録音のギリギリまでアイデアを出し合いもしたし、レコーディングはとても有機的でした」と振り返っている。

金澤ダイスケ(フジファブリック)コメント

fusenに初めて会った時、とても透き通った物を感じました。
濁りの多い時代の中で、忘れていた何かを思い出させてくれるような、不思議な魅力がありました。
毎日を素直に生きているからこそ「些細な事」ができたのだと思うし、
それを切り取れる力こそが、このバンドの原動力なのかなとも思います。
一緒に曲を完成させていく中で、たくさんのトライもしたし、
録音のギリギリまでアイデアを出し合いもしたし、レコーディングはとても有機的でした。
林君の作る歌詞の中には、喜怒哀楽たくさんの感情が内包されています。
「詩人」だなと、何度も感動させられました。
この曲を聴いて、一本のいい映画を観たような、そんな気持ちになってくれたら嬉しいです。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL