SEVENTEEN、ソウルで2年半ぶり有観客公演開催!エンドレス「VERY NICE」で3日間を締めくくり

SEVENTEEN、ソウルで2年半ぶり有観客公演開催!エンドレス「VERY NICE」で3日間を締めくくり

「SEVENTEEN in CARAT LAND」の様子。(c)PLEDIS Entertainment

SEVENTEENのファンミーティング「SEVENTEEN in CARAT LAND」が、3月25日から27日まで韓国・蚕室総合運動場補助競技場で開催された。この記事では最終日の模様をレポートする。

SEVENTEENがソウルでオフラインイベントを行うのは、2019年8、9月のワールドツアー「SEVENTEEN WORLD TOUR <ODE TO YOU>」以来、約2年半ぶり。CARAT(SEVENTEENファンの呼称)からのアイデアや意見をもとにプログラムが構成されたこのファンミーティングのうち、最終公演の模様は生配信で全世界に届けられた。

オープニング映像が流れたあと、天候に恵まれた蚕室総合運動場補助競技場に登場したSEVENTEENは「Shining Diamond」でライブをスタート。パワフルなパフォーマンスでさっそくCARATを盛り上げる。CARATは小さな太鼓・Sogoやハリセン状のクラッパーで音を鳴らしてSEVENTEENの熱演に応えた。SEVENTEENはスイングジャズナンバー「HOME;RUN」で息の合ったパフォーマンスを見せたあと、WOOZIをMCに「SVTクイズ」を実施。過去のSNS投稿や普段あまり踊らない曲の振り付けなどSEVENTEENにまつわるクイズが出題され、それにメンバーが答えていった。このコーナーで盛り上がったのは、CARATが楽曲「Getting Closer」の中でSEVENTEENメンバーの名前を呼ぶ応援パートをメンバーがやってみるという問題。13人いるメンバーの名前をリズミカルに呼ぶのは難儀なことで、失敗が続く。審判を務めたWOOZIは最後に、中でも健闘したSEUNGKWANに軍配を上げた。

このイベントに向けて準備を進めるSEVENTEENの姿を映した映像が流れたあと、13人は光沢のあるシャツに着替えて再びステージへ。彼らはスタンドマイクで爽快感たっぷりに「Run to You」を歌ったあと、しなやかで繊細な振り付けが印象的な「Fallin’ Flower」を披露した。「Fallin’ Flower」は花びらが舞う中で届けられ、ボーカルチームの透き通ったハイトーンボイスとラップチーム、パフォーマンスチームの力強い歌声のコントラスト、そして13人という大所帯グループならではのフォーメーションダンスで魅せた。

再び始まったクイズコーナーでは、SEUNGKWANがMCを担当。アルバムの収録曲を当てるクイズで正解したDINO、THE 8、HOSHIの3人がリーダーとなり、それぞれのチームのメンバーをドラフト会議で決めていく。DINO率いるSチームにはWONWOO、MINGYU、VERNONが、THE 8率いるVチームにはJUN、S.COUPS、DKが、HOSHI率いるTチームにはJOSHUA、WOOZI、JEONGHANが選ばれた。3チームはK-POPナンバーのタイトルを当てる「子音ゲーム」に挑戦し、Sチームが勝利。罰ゲームでは指名されたメンバーが、さまざまなK-POPヒットナンバーを歌ったり、踊ったりして大はしゃぎし、会場は大きな盛り上がりを見せた。

幕間の映像が終わったあとは、世代別ユニットのコーナーへ。まずは1998~1999年生まれのマンネ(末っ子)ラインメンバーであるSEUNGKWAN、VERNON、DINOの3人が「AH! LOVE」をスーツ姿で艶やかに披露した。続いて現れたTHE 8、MINGYU、DKからなる“97line”は、シャツの胸元をはだけさせながら「Light a Flame」をセクシーにパフォーマンス。JUN、HOSHI、WONWOO、WOOZIからなる“96line”はストリートファッションに身を包み「HEY BUDDY」で軽快なムードを作り上げる。WOOZIのキャップを使ったジャグリングも華麗に決まった。S.COUPS、JEONGHAN、JOSHUAからなる“95line”は「Do Re Mi」を歌唱。3人はワイワイした雰囲気のパフォーマンスでCARATを癒やした。

ファンミーティングの本編は「Rock with you」のパワフルなステージで締めくくられ、クラッパーやSogoでアンコールを送るCARATへSEVENTEENから「僕たちはTEAM SEVENTEENだから」というメッセージが映像で伝えられる。そして登場したSEVENTEENは、CARATとの再会の春となったこのイベントにぴったりな「Smile Flower」を披露。花吹雪が舞う中で美しい歌声をスタジアムいっぱいに響かせた。それぞれがCARATへの感謝の言葉を述べる中で、HOSHIは5月に韓国4thアルバムをリリースすることを告知。アルバムから4月に先行リリースされる曲について「本当にいい曲です!」とアピールし、楽曲を制作したWOOZIも「本当に苦労したのですが、期待していてほしいです」と話した。

13人は「BEAUTIFUL」のパフォーマンスで感動的な空気を作り上げたあと、トロッコに乗り込み、スタジアムを移動しながら「VERY NICE」を披露。終わったかと思えばまた始まり、15分以上「VERY NICE」を歌い続け、にぎやかにイベントを締めくくった。

なおSEVENTEENは5月7、8日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにてオフライン公演「SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING 'HANABI'」を開催する。

SEVENTEEN「SEVENTEEN in CARAT LAND」2022年3月27日 蚕室総合運動場補助競技場 セットリスト

01. Intro + Shining Diamond
02. HOME;RUN
03. Run to You
04. fallin' flower
05. AH! LOVE / Maknae line(SEUNGKWAN、VERNON、DINO)
06. Light a Flame / 97line(THE 8、MINGYU、DK)
07. HEY BUDDY / 96line(JUN、HOSHI、WONWOO、WOOZI)
08. Do Re Mi / 95line(S.COUPS、JEONGHAN、JOSHUA)
09. Rock with you
<アンコール>
10. Smile Flower
11. BEAUTIFUL
12. VERY NICE

SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING 'HANABI'

2022年5月7日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2022年5月8日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL