インディロックバンド・くだらない1日、山田健人監督による「やるせない」MV公開

インディロックバンド・くだらない1日、山田健人監督による「やるせない」MV公開

くだらない1日

東京を拠点に活動する4人組ロックバンド・くだらない1日が5月4日にニューアルバム「rebound」をリリースする。

くだらない1日は2016年に福岡で結成された、高値(Vo, G)、太陽(G)、河合(G)、中川航(Dr)の4人からなるインディロックバンド。欧米のミッドウエストエモ、激情ハードコアからインスパイアを受けた楽曲に、ポエトリーリーディングを取り入れた歌唱スタイルを融合させたスタイルで活動している。彼らは東京のレーベル・Ungulatesと契約しており、2021年にANORAK!とのスプリットカセットテープ「Split」、シンガポールのCues、インドネシアのHulicaとのスプリットカセットテープ「3way Split」を発表した。

「rebound」には全11曲を収録。YouTubeではアルバムから「やるせない」のミュージックビデオが公開された。このMVは山田健人(yahyel)が監督を務めた映像作品で、16mmフィルムで撮影されたエモーショナルな内容となっている。アルバムのリリースを記念して、バンドは5月3日の神奈川・横浜B.B.STREETを皮切りに全国ツアーを開催する。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL