「文學界」で平沢進、坂本慎太郎、cero高城晶平、佐藤千亜妃、柴田聡子が曲作り語る

「文學界」で平沢進、坂本慎太郎、cero高城晶平、佐藤千亜妃、柴田聡子が曲作り語る

「文學界」2022年9月号表紙

本日8月5日発売の雑誌「文學界」2022年9月号にで平沢進、坂本慎太郎、高城晶平(cero)、佐藤千亜妃、柴田聡子のエッセイやインタビューが掲載されている。

今号の特集テーマは「声と文学」。平沢、坂本、高城、佐藤、柴田は歌詞や曲作りについてそれぞれ語っており、特集内にはこのほか町田康と児玉雨子、ドミニク・チェンとTaiTan(Dos Monos)の対談、荘子it(Dos Monos)が筒井康隆とのコラボレーションアルバムの制作過程を語ったインタビューも掲載されている。

※高城晶平の「高」ははしご高が正式表記。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL