Ado×椎名林檎のコラボが実現、映画「カラダ探し」の主題歌「行方知れず」書き下ろし

Ado×椎名林檎のコラボが実現、映画「カラダ探し」の主題歌「行方知れず」書き下ろし

椎名林檎とAdo。

Adoの新曲「行方知れず」が10月14日公開の映画「カラダ探し」の主題歌に決定。本楽曲の作詞および作編曲を椎名林檎が担当したことが発表された。

映画「カラダ探し」は、2011年に小説投稿サイト・エブリスタに投稿されたウェルザードによる同名小説を実写化した作品。監督を羽住英一郎が務めるほか、キャストとして橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠といった面々が出演する。

映画のプロデューサー・原祐樹は「若者の代弁者で社会に対してのアンチテーゼを歌っている方だと思っていて、若者が脅威に立ち向かう物語にこれ以上ない方だと思っています」という理由からAdoへオファー。これを受けたAdoは“かねてから影響を強く受けた尊敬するアーティストの1人”として名前を挙げていたいた椎名のディレクションのもと、主題歌「行方知れず」を完成させた。

Adoは椎名とのコラボについて、「林檎さんに曲を書き下ろしていただけて、さらに『カラダ探し』の主題歌を担当させていただけるのは、この命が尽きてしまうんじゃないかと思う程、この世の全ての運を使い果たしているくらいに光栄です」とコメント。一方の椎名は「Ado氏の声を初めて拝聴したとき『なんと理想的などら猫声なんだ』と慄きました。二十五年前、拙作無罪モラトリアムを出してしまう前にこの響きに出会せていたら、ぜんぶ彼女に歌ってもらっただろうとも思います」と、その歌声を絶賛している。今回の発表と併せて、Adoと椎名のコラボビジュアルも公開。イラストはAdoのイメージディレクターを務めるORIHARAが描き下ろした。

YouTubeでは映画の予告映像を公開中。

Ado コメント

椎名林檎さんから曲を書き下ろしていただけるなんて本当に夢のようで凄く嬉しくて、「うわぁ、私林檎さんに曲を書いていただいたんだ!」という感じの林檎さんの魅力が沢山詰まった楽曲です。私にとっても椎名林檎さんはスターであり、憧れであり歌い方にも影響を受けているので、尊敬の気持ちと、今回のこのコラボは幻なのかなって、嘘じゃないかと思うくらいとても貴重な経験です。林檎さんに曲を書き下ろしていただけて、さらに「カラダ探し」の主題歌を担当させていただけるのは、この命が尽きてしまうんじゃないかと思う程、この世の全ての運を使い果たしているくらいに光栄です。
(収録は)林檎さんにディレクションしていただきながら作品を完成させていきました。林檎さんだからこそ表現したい事が林檎さんの中にあり、ちゃんと応えられるかの不安はありましたが、沢山アドバイスをくださって勉強になりました。こういう歌い方もあるのか、という発見もあり貴重な経験になりましたし、素晴らしい作品になりました。早く皆さんに聴いていただきたいです。

椎名林檎 コメント

JOYSOUND.com

「Ado」のカラオケ・歌詞などを検索!

「椎名林檎」のカラオケ・歌詞などを検索!

「羽住英一郎」のカラオケ・歌詞などを検索!

「橋本環奈」のカラオケ・歌詞などを検索!

「眞栄田郷敦」のカラオケ・歌詞などを検索!

「山本舞香」のカラオケ・歌詞などを検索!

「神尾楓珠」のカラオケ・歌詞などを検索!

「醍醐虎汰朗」のカラオケ・歌詞などを検索!

「横田真悠」のカラオケ・歌詞などを検索!

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL