「2022 MAMA」DAY2レッドカーペットにINI、IVE、j-hope、エナプ、TREASURE、NiziUら集結

「2022 MAMA」DAY2レッドカーペットにINI、IVE、j-hope、エナプ、TREASURE、NiziUら集結

INI (c)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

音楽授賞式「2022 MAMA AWARDS」が11月29日から2日間にわたり大阪・京セラドーム大阪で開催されている。“DAY2”の授賞式に先駆けて、出演者たちがレッドカーペットに登場した。

「2022 MAMA AWARDS」は、MnetおよびMnet Smartを運営するCJ ENMが主催するアジア最大級の音楽授賞式。今年は11月29、30日の2日間にわたり日本で開催され、K-POP勢を中心に今をときめくアジアのアーティストたちが京セラドームに集結した。「MAMA」初日のレッドカーペットには、“DAY2”のステージに立つITZY、TREASURE、ENHYPEN、IVE、ZICO、イム・ヨンウン、(G)I-DLE、NiziU、INI、NewJeans、TEMPEST、 j-hope(BTS)といった面々が登場した。

DAY2のレッドカーペットのトップバッターを飾ったのは、今年夏にデビューしたNewJeans。それぞれが韓国語で挨拶を繰り出す中、最後にHANNIは英語で「『MAMA』に参加できて光栄です。楽しくてエキサイティングな舞台を用意していますので、ステージでお会いしましょう!」とキュートに手を振った。TEMPESTは、少し緊張した面持ちでレッドカーペットへ。「『MAMA』は練習生の頃から憧れていたステージなので、最高のステージにできるように僕たちもがんばります」と流暢な日本語で挨拶し報道陣を驚かせた。

INIはシンプルな黒のスーツで登場。「MAMA」のステージに立つ感想を問われると、尾崎匠海は「はい、匠海です」と名乗ったのち、「僕の地元・大阪で『MAMA』が開催されると知ってうれしかったです。前回はオンラインでの参加だったんですけど、今回素敵なアーティストの方々とご一緒できるのもすごくうれしく思っています」とにっこり。自身のステージの見どころについて、木村柾哉は「(リリースを控える)1stアルバム『Awakening』のタイトル曲『SPECTRA』を準備しています」と披露曲を予告。また「MAMA」を終えた今夜、楽曲のミュージックビデオが公開されることも併せてアピールした。

スタイルの良さが際立つタイトなミニドレスで姿を現したのはITZY。本日11月30日に「CHESHIRE」でカムバックした彼女たちは、「MAMA」のステージでパフォーマンスをお披露目する。ラストにはファンに向けたメッセージを求められ、リュジンが「全世界のKPOPファンの皆さん、本日カムバック舞台を披露します。大きな愛と関心をお願いいたします」と柔らかな表情でコメントした。

IVEの登場時には、昨日「MAMA」のステージで繰り広げられた“第4世代”でのコラボパフォーマンスの話題に。リーダーのユジンは「IVEにとって、初めての『MAMA』出演です。コラボステージは披露したのですが、今日が本番。期待しててください!」と自信を見せた。NiziUは、黒とブルー基調の衣装に、白のロングブーツという装いで報道陣の前へ登場。マコは「私たちの多様な魅力をお見せしたいと思っています!」と意気込み、ニナは楽曲のポイントダンスを観客にアピールして場内を盛り上げた。

ENHYPENの登場時には会場の各所から歓声が。オーディエンスからの熱い眼差しを浴びながら、JUNGWONは、本日11月30日にENHYPENがデビュー2周年を迎えたことを笑顔で報告。その後はSUNGHOONとHEESEUNGが本日のステージの見どころをさわやかに語り、さっそうとレッドカーペットを

体を揺らしたり“カメハメ波”をしたりして、ひときわにぎやかにレッドカーペットを闊歩したのはTREASURE。自身のステージの強みを尋ねられると、リーダーのヒョンソクは「爆発力のあるエネルギー」と「テンション」であると自信たっぷりに述べた。またハルトは「TREASURE MAKER(TREASUREファンの呼称)の皆さん、いつも応援ありがとうございます。今日の『MAMA』一緒に楽しんでいきましょう!」と日本語でファンに呼びかけたのち、「(TREASUREは)京セラドームで1月29、30日にコンサートをするので皆さん一緒に遊びましょう! Let's go!」と彼らしい口ぶりでアピールした。

(G)I-DLEは、司会者から「5人の女神」と称されるほどのエレガントな装いでレッドカーペットへ。「K-POPの新しいパラダイムを樹立したグループ」と称された彼女たちは、ソヨンを筆頭にステージへの意気込みをにこやかに述べ、授賞式への期待感を高めた。続くZICOは、舞台の“ネタバレ”を求められるも「ネタバレしてしまうとつまらないので、ぜひステージでご確認ください」とニヤリ。ラストに登場したj-hopeは、胸元が大胆に開いたスーツにサングラスを装着し、カリスマ性たっぷりに会場へ姿を現す。風格を漂わせながらも、挨拶の際には「皆さんの希望、j-hopeです!」と明るい声色で自己紹介。チャーミングな表情で指ハートを作り、場を和ませた。彼は「実は今、すごく緊張しています。いつもは6人がいるのに今はいなくて……不思議な気持ちです」とBTSメンバーの存在の大きさに言及しつつ「本日はスケールの大きな“SHOW”をお見せします」と微笑み、会場を去った。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL