JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ゲスの極み乙女。ちゃんMARIがソロデビュー、11月にはワンマンも

4年以上前2019年09月21日 3:06

ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)がFUKUSHIGE MARI名義でソロ作品「JAPANESE ONNA」を10月18日にデジタルリリースする。

ゲスの極み乙女。のキーボーディストとして知られ、ロイ-RoE-のプロデュースも手がけるちゃんMARI。彼女が今回リリースする「JAPANESE ONNA」は7曲入りのセルフプロデュース作品で、自身が作詞作曲を手がけた全7曲が収録される。ミックスは井上幹(WONK)が担当し、レコーディングミュージシャンには弘中聡(skillkills)、雲丹亀卓人(Sawagi)、景山奏(NABOWA)、TENDREといった実力派の面々が名を連ねている。ジャケットはイラストレーターのmarieが描き下ろし。marieの作品の特徴でもある“後ろ姿”と、鍵盤、花のモチーフが描かれた。

また本作を記念したワンマンライブ「hetero」が11月22日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催されることも決定し。本日9月21日よりチケットの先行予約がローソンチケットでスタートした。

FUKUSHIGE MARI コメント

私は自分の気持ちを伝えるのが昔から下手で、でも音楽でなら伝えられるかもしれない。そう思い、数年間作り貯めておいた曲たちに歌詞をつけ、自身の声で表現することにしました。日本のどこかにいるかもしれない女性、のみならず人間たちの情景を音にしました。息をするように聴いていただければ幸いです。

FUKUSHIGE MARI「JAPANESE ONNA」収録曲

01. 沈丁花、低く
02. night dancer
03. スプーンの庭
04. CITY
05. DRUNK
06. 風と彼は誰
07. yellow green

FUKUSHIGE MARI「JAPANESE ONNA」発売記念ワンマンライブ「hetero」

2019年11月22日(金)東京都 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

関連記事

くるりのステージの様子。

くるりがトリでキラーチューン連発!絶好天気に恵まれた「CIRCLE」初日

25日
「CITY POP on VINYL 2024」ビジュアル

今年の「CITY POP on VINYL」はリンダ・キャリエール、ジンジャー・ルートらの作品が対象

26日
「EPISTROPH presents WONK x cero」告知ビジュアル

WONK×ceroの初ツーマンライブ8月に開催

27日
「LIVE AZUMA 2024」ビジュアル

福島「LIVE AZUMA」にクリープ、ラッキリ、スチャ、フォーリミら8組追加

約1か月
「BABY Q 金沢場所」告知ビジュアル

「BABY Q」が金沢に初上陸!EGO-WRAPPIN'、TENDRE、ハナレグミが弾き語りライブ

約2か月
「#あの頃のジブンに届けたいコトバ展」の様子。

尾崎世界観、imase、アユニ・Dらの直筆レター読めるFRISK展示会スタート 参加型企画も

2か月
「#あの頃のジブンに届けたいコトバ」キービジュアル

尾崎世界観、Aile The Shota、imase、アユニ・D、SIRUPらが“あの頃のジブン”に手紙を執筆

2か月
長澤知之

長澤知之5年ぶりミニアルバムに竹原ピストル&仲井戸麗市が参加、松崎ナオら迎えたコラボ曲も収録

2か月
TENDRE

TENDRE、初の対バンツアー開催

3か月
「CIRCLE '24」フライヤー

福岡「CIRCLE '24」タイムテーブル発表、トリはくるり&EGO-WRAPPIN'

3か月