JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

まだまだ成長を続ける「ヒプマイ」、全ディビジョンが火花散らした7th LIVEの2日目

3年近く前2021年08月09日 5:01

音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の声優キャストによるライブ「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 7th LIVE ≪SUMMIT OF DIVISIONS≫」の8月8日公演が神奈川・ぴあアリーナMMで開催された。

この日の公演には、山田一郎役の木村昴、山田二郎役の石谷春貴、山田三郎役の天崎滉平、碧棺左馬刻役の浅沼晋太郎、毒島メイソン理鶯役の神尾晋一郎、入間銃兎役の駒田航、飴村乱数役の白井悠介、夢野幻太郎役の斉藤壮馬、有栖川帝統役の野津山幸宏、神宮寺寂雷役の速水奨、伊弉冉一二三役の木島隆一、観音坂独歩役の伊東健人、白膠木簓役の岩崎諒太、躑躅森盧笙役の河西健吾、天谷奴零役の黒田崇矢、波羅夷空却役の葉山翔太、四十物十四役の榊原優希、天国獄役の竹内栄治、中王区“言の葉党”の東方天乙統女役の小林ゆう、勘解由小路無花果役のたかはし智秋、碧棺合歓役の山本希望、そしてゲストのDragon Ashとスチャダラパーが出演した。

ライブは爽快感のあるサウンドの「Hoodstar +」でスタート。前日に行われた初日公演とは異なる衣装をまとったDivision All Starsが楽しげにパフォーマンスした。「Survival of the Illest +」では彼らが華麗なキックを披露し、3曲目「Hang out!」のあとはチーム曲が続く展開に。全6ディビジョンが1曲ずつ歌唱したが、楽曲はすベて初日公演とは異なるラインナップだった。オオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗”はCreepy Nutsの提供曲「あゝオオサカdreamin'night」、シブヤ・ディビジョン“Fling Posse”はストーリー性のある歌詞が印象的な「Stella」、ナゴヤ・ディビジョン“Bad Ass Temple”はノリのいいリズムの「Bad Ass Temple Funky Sounds」を披露。さらにヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”はアダルトな魅力漂う「シノギ(Dead Pools)」、イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”はアカペラ歌唱やボイスパーカッションなどスキルフルなパフォーマンスが際立つ「IKEBUKURO WEST GAME PARK」、シンジュク・ディビジョン“麻天狼”はダークな「Shinjuku Style ~笑わすな~」で場内の熱気を高めた。

2日目のゲスト・スチャダラパーはリラックス感のある「GET UP AND DANCE」で観客を自分たちの世界観に引き込む。Boseは「スチャダラパーでーす!」とユルいテンションで挨拶をしたあと、Division All Starsへの提供曲「SUMMIT OF DIVISIONS」について「30年以上ラップやってるけど、お客さんからの評判が今までで一番よかった」とうれしそうに語る。さらに彼が「心のベスト10みたいな曲」だと前置いてから、3人は人気曲「今夜はブギー・バック」をプレイしてオーディエンスを喜ばせた。

ライブ中盤には再びチーム曲のパートが用意され、このパートではどついたれ本舗が先陣を切った。彼らは作曲とメロディパートの作詞をトータス松本(ウルフルズ)、ラップパートの作詞と制作をSHINGO★西成、編曲と演奏をウルフルズが手がけた「笑オオサカ!~What a OSAKA!」で観客を笑顔にさせ、場内をピースフルなムードで満たす。続くBad Ass Templeのパフォーマンスで会場の雰囲気は一転。十四の切ないセリフとリリックで始まる「開眼」で、3人は凄みのあるラップを繰り出してオーディエンスを圧倒した。MAD TRIGGER CREWは「HUNTING CHARM」をセレクト。3人は物騒なワードが飛び交うリリックを荒々しく歌唱したり、殴りかかるようなパフォーマンスも行ったりして楽曲の世界観を表現した。

続いてカメラが映し出したのはステージ袖の階段に座る一郎の姿。ステージに上がる一郎の背中を追いかけるような演出で配信やライブビューイングの視聴者を楽しませた。山田3兄弟はエモーショナルなサウンドに乗せて、兄弟の成長や絆を感じさせるリリックを真摯に歌唱した。ポエトリーリーディング「TOMOSHIBI」では新宿の街をバックに麻天狼が切々とリリックを紡ぐ。Fling Posseはたなか(前職:ぼくのりりっくのぼうよみ)が作詞を、たなかとケンカイヨシが作曲を担当した「Black Journey」をパフォーマンス。めまぐるしく展開が変わるユニークなトラックに乗せて、3人は力強く歌いつないだ。

バトル曲で6ディビジョンが火花を散らしたあと、トーナメント方式のバトル「2nd D.R.B」のFinal Battle曲「SHOWDOWN」をプロデュースしたDragon Ashがゲストで登場。「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 7th LIVE ≪SUMMIT OF DIVISIONS≫」のグッズであるTシャツを着用したKj(Vo, G)は新曲「New Era」をパワフルに歌い上げた。続けてBuster Bros!!!、麻天狼、Fling Posse、Dragon Ashが「SHOWDOWN」で熱量の高いアクトを繰り広げる。MCでは一郎役の木村が「イケブクロとしては2回目のバトルで、Final Battleに進めたことを兄弟3人ともとってもうれしく思っています」と喜び、寂雷役の速水は「人を愛すること、愛されること、人を信じること、信じ続けること、その尊さを感じ続けながら3人で歌いました」と「SHOWDOWN」のパフォーマンスを振り返る。乱数役の白井は幻太郎役の斉藤と帝統役の野津山の顔を一瞥してから、「改めてこの2人と一緒にPosseのメンバーとしてステージに立てて幸せだなと。永遠に語り継いでいけるような素晴らしいステージになったんじゃないかと思います」と語った。

ラストナンバーはライブタイトルにも冠されている「SUMMIT OF DIVISIONS」。パーティ感のあるサウンドやリリックが特徴のこの曲を、Division All Starsが晴れやかな表情で歌唱してライブは大団円を迎えた。木村は客席を見渡し、「皆さん声を出さずに我慢してくれていたと思いますが、楽屋でみんなで口をそろえて話していました。『声聞こえてくるよね』って。もちろん配信とライブビューイングの方の声も。みんなの声が僕らのエネルギーになりました。本当にありがとうございました」とファンへ感謝を伝え、「これからも皆さんにもっともっとパワーを与えられるようなコンテンツを目指して『ヒプノシスマイク』はまだまだ成長を続けたいと思います」と宣言した。最後におなじみの挨拶「ラップってたのC!」で「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 7th LIVE ≪SUMMIT OF DIVISIONS≫」は締めくくられた。

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 7th LIVE ≪SUMMIT OF DIVISIONS≫2021年8月8日 ぴあアリーナMM セットリスト

01. Hoodstar + / Division All Stars
02. Survival of the Illest + / Division All Stars
03. Hang out! / Division All Stars
04. あゝオオサカdreamin’night / どついたれ本舗
05. Stella / Fling Posse
06. Bad Ass Temple Funky Sounds / Bad Ass Temple
07. シノギ(Dead Pools)/ MAD TRIGGER CREW
08. IKEBUKURO WEST GAME PARK / Buster Bros!!!
09. Shinjuku Style ~笑わすな~ / 麻天狼
10. 絆 / Division All Stars(Buster Bros!!!、麻天狼、Fling Posse、MAD TRIGGER CREW)
11. GET UP AND DANCE / スチャダラパー
12. 今夜はブギー・バック / スチャダラパー
13. サマージャム'95 / スチャダラパー
14. ヒプノシスマイク -Glory or Dust- / Division All Stars
15. 笑オオサカ!~What a OSAKA! / どついたれ本舗
16. 開眼 / Bad Ass Temple
17. HUNTING CHARM / MAD TRIGGER CREW
18. Re:start!!! / Buster Bros!!!
19. TOMOSHIBI / 麻天狼
20. Black Journey / Fling Posse
21. Femme Fatale / 中王区 言の葉党
22. Joy for Struggle / どついたれ本舗、Buster Bros!!!
23. Light & Shadow / Bad Ass Temple、麻天狼
24. Reason to FIGHT / Fling Posse 、MAD TRIGGER CREW
25. New Era / Dragon Ash
26. Fly Over feat. T$UYO$HI / Dragon Ash
27. SHOWDOWN / Buster Bros!!!、麻天狼、Fling Posse、Dragon Ash
28. ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- + / Division All Stars
29. ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem- + / Division All Stars
30. SUMMIT OF DIVISIONS / Division All Stars

(撮影:粂井健太 / nishinaga "saicho" isao / 進藤景太)

関連記事

スチャダラパー & STUTS「Pointless 5(feat. PUNPEE)」配信ジャケット

スチャダラパー×STUTS×PUNPEEのMV公開

3日
山田二郎(CV:石谷春貴)「Sunshine」トレイラー映像より。

「ヒプマイ」に山田ギャル神宮とAZ&D3adStockが楽曲提供、山田二郎のソロ曲

3日
「RUSH BALL 2024」ロゴ

「RUSH BALL」にDragon Ash、KANA-BOON、バニラズ、神サイ、CENTら

4日
「劇場版『ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉』オリジナル・サウンドトラック」ジャケット

劇場版「ウマ娘」サントラ本日リリース、大石昌良提供の主題歌も収録

11日
「KOYABU SONIC 2024」キービジュアル

「KOYABU SONIC」にカネコアヤノ、水カン、川崎鷹也ら、礼賛が初出演

12日
宙を舞う2日目のヘッドライナーTohji。(Photo by Miyu Terasawa)

日本のヒップホップを象徴するフェスに成長「POP YOURS」2日間で3万5000人動員

12日
BIM, Skaai, 田我流, Bose(prod by tofubeats)「RASEN」配信ジャケット

BIM、Skaai、田我流、Boseのマイクリレー楽曲「RASEN」音源化 tofubeatsがプロデュース

16日
「MONSTER baSH 2024」ポスタービジュアル

「MONSTER baSH」に稲葉浩志、UVERworld、村松拓、清塚信也、50TA追加 SMA50周年企画も

17日
左からPUNPEE、スチャダラパー、STUTS。

スチャダラパーとSTUTS、そしてPUNPEEのコラボ曲完成

18日
「LIVE AZUMA 2024」ビジュアル

福島「LIVE AZUMA」にクリープ、ラッキリ、スチャ、フォーリミら8組追加

19日