JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Salyu新曲は小林武史プロデュース、人が歌う意味を描く

2年以上前2021年09月27日 9:01

Salyuが9月29日に新曲「器」を配信リリースする。

「器」は小林武史がプロデュースを担当した楽曲。「人が歌う意味」が描かれており、まるでSalyuが歌うことを謳歌しているような、明るく伸びやかな1曲となっている。

この楽曲について小林は「いろんな歌にのめり込んできた彼女の、例えば名刺に入れるロゴマークみたいなものではないかな」とコメント。一方Salyuは「歌という役割の深みとは、それ自体が光を浴びることではなくて、そのメロディーたらしめる他の要素にこそ、光を当てることなのではないか」と考えながら歌唱したことを明かしている。

Salyu コメント

歌は、共に奏でてくれる相手があって、はじめて、その真価を発揮するものだと思います。たった一つの要素から、音楽の要である調和(ハーモニー)は決して生まれません。

長きにわたり、私にそんな調和の体験を与えてくださった小林武史さんから届いた楽曲“器”は、人が歌う意味を描いた作品です。

♪ 私が歌う時は
土を捏ねて泥になり
それで器をつくろう
そこに伸び縮みする命を飾ろう

歌という役割の深みとは、
それ自体が光を浴びることではなくて、そのメロディーたらしめる他の要素にこそ、光を当てることなのではないか。

そんなことを、勝手ながら
考えさせられた楽曲との出会いになりました。そんな歌を、いつか歌えるようになりたいです。

小林武史 コメント

「to U」を歌う彼女、Lily Chou-Chouのようにオルタナっぽかったり、はたまたデジタルがち、エディットがちな彼女、そしてアコースティックだったりと、実に多彩で多様な表現方法を選んで、歌い手として、アーティストとしてやってきた。この曲は、天真爛漫に(?)いろんな歌にのめり込んできた彼女の、例えば名刺に入れるロゴマークみたいなものではないかな。漢字の形も「器」って、なんとなくロゴっぼい。今までの全てを、これからの想いを、全てSalyuが盛り付けていけたらいいなと思う。

関連記事

昨年「百年後芸術祭」内で行われた「en Live Art Performance」の様子。

櫻井和寿、スガシカオ、宮本浩次、アイナら出演ライブを内房総「百年後芸術祭」で

13日
映画「キリエのうた」ビジュアル (c)2023 Kyrie Film Band

アイナ・ジ・エンド主演映画「キリエのうた」BD / DVD発売、豪華版にメイキングや関連イベント映像

13日
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンド「第47回日本アカデミー賞」新人俳優賞に選出、初主演「キリエのうた」で評価

28日
映画「四月になれば彼女は」ポスタービジュアル (c)2024「四月になれば彼女は」製作委員会 

藤井風が映画「四月になれば彼女は」主題歌担当、タイトルは「満ちてゆく」

約1か月
宮本浩次「Woman “Wの悲劇”より」配信ジャケット

宮本浩次、薬師丸ひろ子の「Woman “Wの悲劇”より」をカバー

3か月
宮本浩次「ロマンスの夜」ジャケット

宮本浩次が名曲カバー披露した「ロマンスの夜」映像作品発売

4か月
左から岩井俊二、小林武史、Chara、アイナ・ジ・エンド、Salyu。(撮影:岩澤高雄)

YEN TOWN BAND、Lily Chou-Chou、Kyrieが“円都”に集結 映画の世界を表現した貴重ライブ

4か月
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンドがKyrieとして「THE FIRST TAKE」登場、小林武史とともに主題歌熱演

4か月
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンドの歌声に松村北斗「説得力がすごかった。国を越えて届いてる」

4か月
「『キリエのうた』オリジナル・サウンドトラック ~路花~」ブックレット (c)2023 Kyrie Film Band

「キリエのうた」サントラに花澤香菜や仲村宗悟が参加、アイナ劇中歌唱音源もそのまま収録

5か月