JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

横山剣も太鼓判、バンヒロシが監修したロック×歌謡のコンピレーション第2弾

2年以上前2021年11月11日 9:04

バンヒロシが監修を務めるコンピレーションアルバム「コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2」が12月22日にリリースされる。

バンヒロシは横山剣(クレイジーケンバンド)や小西康陽からリスペクトされる京都のロックンローラー。「コロムビア・ロッキン歌謡大全」は日本のロックと歌謡界を結ぶ貴重かつ重要な楽曲を集めたアルバムで、第1弾は2019年に発売された。

今作には50年代から2010年代までにリリースされた作品の中から、ロカビリー、ビート、グループサウンズ、ソフトロックなどの要素を取り入れた歌謡曲やポップスカバーなど全25曲を収録。中には初CD化楽曲や現在ではなかなか聴くとのできない貴重な音源が含まれる。ラストにはバンヒロシがHIROSHI & EVE名義で2008年にリリースした「TIN TIN」が収められる。ライナーノーツはバンが執筆した。

今作について、横山は「京都が誇るお座敷ロックンローラー、バンヒロシが選ぶ日本の洋楽! ご意見無用の大らかな時代! イイネったらイイネ!」、バンは「心の中に愛を唇に歌を……そしてポケットにはロッキン歌謡を。それだけで乗り越えられる!」とコメントしている。

「バンヒロシ・プレゼンツ コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2」収録曲

01. Rock Around The Clock / ダークダックス
02. 俺はハイティーン / 神戸一郎
03. ボロ船ロック / 小野透
04. 愛さずにいられない / トミー藤山
05. 現代っ子 / 鈴木ヤスシ
06. チンチン電話 / 後藤久美子
07. 涙のクラウン / クール・キャッツ
08. 涙のゴーゴー / エミー・ジャクソン
09. BLUE EYES / ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
10. 野次馬がいく / 松方弘樹
11. フレンド東京 / 都はるみ
12. 恋のチューリップ / 港孝也とパッション・グループ
13. おさけ / ジョージ山下とドライ・ボーンズ
14. 帰り道は遠かった / ザ・ジェノバ
15. 悲しみのかげに / スケルトンズ
16. 僕の恋人 / 舟木一夫
17. 関やんのヨサホイ節 / 関敬六
18. じんじろげ / 森山加代子
19. いつか何処かで / 平山三紀
20. ハイソサエティ / 近田春夫&ビブラトーンズ
21. アンジェリーナ / 風間杜夫
22. ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース / 清水節子
23. ムーンライト、スターライト / 大村波彦
24. リバーサイド ホテル / 渥美二郎
25. TIN TIN / HIROSHI & EVE

関連記事

「おしゃれミドル(Contains samples of 「おしゃれ娘」) / 東京の屋根の下」アナログジャケット

服部良一トリビュートよりスチャ、小西康陽×甲田益也子、真心、曽我部恵一×井の頭の楽曲がアナログ化

7日
RHYMESTER

17年ぶり武道館大成功のRHYMESTER、50代でもいまだ成長途中「もっとラップうまくなりたいのよ」

8日
映画「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」ティザービジュアル

甲本ヒロト、真島昌利、岡村靖幸らが映画「リトル・リチャード」絶賛

12日
横浜銀蝿

横浜銀蝿のトリビュート盤に氣志團、エビ中、CKB、怒髪天、ジュンスカら参加

14日
横山剣(クレイジーケンバンド)

CKB横山剣が西武ライオンズ本拠地開幕戦で国家独唱、チームスローガン「やる獅かない」受けて

17日
マツコ・デラックスと小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)。(c)TBS

クレイジーケンバンド小野瀬雅生「マツコの知らない世界」に再び!今度は“あんかけ焼きそば”

29日
「世紀のうた・心のうた -服部良一トリビュート-」ジャケット

ジャケットには若き日の姿、服部良一トリビュートアルバムのタイトル決定

約1か月
「FUJI & SUN'24」第1弾アーティスト

静岡「FUJI & SUN」にKID FRESINO、くるり、CKB、ハンバート、森山直太朗、優河ら8組

約1か月
服部良一

服部良一トリビュートアルバムに小西康陽、スチャダラパー、曽我部恵一、真心ブラザーズ、矢井田瞳ら

2か月
島袋優

BEGIN島袋優が初ソロアルバム発売 モンパチのキヨサク、スキマ大橋、横山剣、山田孝之、レンジら参加

2か月