JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

菊池風磨「もっ超」台本を読んで「あ、裸だ」、オカモトレイジは伊藤万理華とプリ撮っておしゃべり

1年以上前2022年09月12日 4:01

菊池風磨(Sexy Zone)、オカモトレイジ(OKAMOTO'S)が本日9月12日に東京都内で行われた映画「もっと超越した所へ。」の完成報告試写会に登壇した。

「もっと超越した所へ。」は劇作家・根本宗子の戯曲を映画化した恋愛群像劇。クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様が描かれる。菊池はバンドマン志望だが根性のない朝井怜人、レイジは自信家のフリーター・万城目泰造をそれぞれ演じ、さらにキャストとして前田敦子、伊藤万理華、三浦貴大、趣里、千葉雄大なども出演する。主題歌はaikoが本作のために提供した「果てしない二人」。音楽は王舟が手がける。

キャストの7人、原作および脚本を担当した根本、監督を務めた山岸聖太がランウェイを歩きながらステージに登場。菊池の相手役を演じた前田は「風磨くんはけっこう人見知りで、共演してまたひさびさに会うと0に戻っちゃうんです。今はがんばって目を合わせてくれてるんだと思います」と印象を語り、菊池は前田を見つめながら「今日ぐっすり寝られると思います」と謎めいたコメントで返す。前田から「どういう意味ですか?」と聞かれた菊池は「……お返しします」と言葉に詰まった。また菊池は自身の役について「性格が自分と全然違って、ここまで逆だと楽しく演じることができました。台本を読んだときの率直な感想は『あ、裸だ』と思いましたね」とにやりと笑った。

レイジの相手役の伊藤は「『一緒にプリクラ撮ろうよ』とか『公園でしゃべろう』と誘いました」とリアルなカップルを演じるうえで積極的に距離を縮めていったという。そんな伊藤との現場を振り返ってレイジは「万理華ちゃんはもともと友達だったから、相手が万理華ちゃんでマジでよかったです」と共演の喜びを明かした。同じくカップル役を演じた趣里と千葉のペアは、初共演だったものの現場ではすぐに打ち解けたと話す。現場で2人の会話を聞いていたという菊池は「素敵なラジオを聴いている感覚でした」と目を細めた。個性豊かなキャストを前に根本は「なかなか原作者がキャストの希望を出させてもらうことって珍しいんですけど、私が希望したキャストの皆さんが全員そろいました。演劇が映画になることも珍しくて、ホントに叶えていただけてありがたいです」と喜びをあらわにし、山岸監督は「クズが4名出てきますが、かわいく見えればいいなと思っていました」と口にした。

ここで、事前に映画を観た人によるアンケートをもとに「クズ男No.1」が発表される。前田が「レイジくんの役が許せないですね。“逃げグセ”がありますよね」と感情的になると、根本は「器は一番小さい役ですよね」と同意しながら、「私は怜人が嫌でした。全部ムカつくんですよ」とクズ男のトップを予想。矛先が向けられた怜人役の菊池は「僕はかわいいと思いますけどね」と自己防衛した。「クズ男No.1」に選ばれたのは、「チャラすぎる。考えが未熟。顔がいいだけ」という理由で怜人。菊池はガッツポーズをしながら「レイジくんの役が倫理的に一番ヤバいと思ってたんですけど、そこまで言っていただけて、役をまっとうできたということですね。あと『顔がいいだけ』って言ってもらえたのでよかったです」とポジティブに話した。

また司会者から映画のタイトルにちなんで“超越したいもの”を聞かれると、レイジは「がんばりすぎちゃうタイプなので自分の中で限度を設定しようかなと思いました。超越っていう言葉を真剣に考えすぎましたね。体調崩さないようにがんばろうと思います」と回答。菊池は「人見知りを超越したいですね。今回の現場みたいに長く皆さんといられない場合は、人見知りのまま終わっちゃうんです。僕、皆さんが思ってる以上に皆さんのことが好きですよ。飲みに行ってほしいです」と登壇者にラブコールする。女性陣が返答に困っている中でレイジは「行きましょう! 2人で行きましょう」とノリノリ。すると菊池は「それは超越しすぎじゃないですか(笑)。監督も根本さんも入れてワイワイやりたいですね。皆さんのお力添えでよろしくお願いします」と声を張り上げた。そしてイベントの最後に菊池は「傍から見てると『もう別れたほうがいいんじゃないかな』というカップルが登場するんですけど、このカップルだからこそ愛せるポイントがあって、2人だからこそ超越できる……そんな奇跡が詰まった映画です」と本作をアピールし、登壇者とともにステージをあとにした。「もっと超越した所へ。」は10月14日より全国公開される。

(c)2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

関連記事

「あの頃からわたしたちは」出演者 (c)日本テレビ

同窓会をテーマにした特番にtimelesz菊池風磨、キンプリ高橋海人、BE:FIRST・SOTAら

約10時間
「MORE」Summer 2024 Special Editionの表紙。(c)「MORE」Summer 2024 Special Edition / 集英社(撮影:川原崎宣喜)

SixTONES松村北斗とのドライブ旅を「MORE」夏号で

3日
OKAMOTO'S

OKAMOTO'S、今週末のSMA50周年企画を中止

19日
WANIMA

WANIMA主催「ワンチャンフェス」にワンオク、OKAMOTO'S、ゲスの極み乙女、SiM、PEOPLE 1

22日
岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と 3」書影

岡村靖幸の対談連載が5年ぶり単行本化、細野晴臣や坂元裕二など多彩な分野の表現者との対談を収録

25日
「ViVi」7月号増刊より。

菊池風磨と一緒にカレーを作ったりゴロゴロしたり…「ViVi」に川島小鳥撮影の51カット

25日
緊張の面持ちで「第32回 橋田賞」に出席した相葉雅紀(嵐)。

相葉雅紀が「橋田賞」受賞に喜び「ホントに夢にも思ってなかった」

約1か月
「JOIN ALIVE 2024」メインビジュアル

「JOIN ALIVE」にイエモン、UVER、リーダーズ、バニラズ、サバシスター、Da-iCEら19組追加

約1か月
「SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

夏のラブシャにイエモン、Awich、君島大空、スカパラ、宮本浩次、マカえん、羊文学ら27組追加

約1か月
左から菊池風磨(timelesz)、長谷川忍(シソンヌ)。 (c)フジテレビ

菊池風磨、阿部亮平、濱田崇裕が先輩の曲で火花散らす「ドレミファドン!」明日放送

約1か月