JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

fuzzy knot、“最高”を更新し続けた初のワンマンツアー完走

fuzzy knot(撮影:江隈麗志)
1年以上前2022年10月12日 6:03

シドのShinji(G)とRayflowerの田澤孝介(Vo)によるロックユニット・fuzzy knot初のワンマンツアー「fuzzy knot Tour 2022 ~BLACK SWAN~」が、10月9日の東京・新宿BLAZE公演をもってファイナルを迎えた。

コロナ禍の2021年4月にデビューし、コンスタントにリリースを重ねつつ、都内を中心にライブ活動を続けてきたfuzzy knot。彼らにとって初めてのツアーは、2カ月かけて全国7都市で展開された。2021年11月に行われた初ライブ時同様に、開場中のBGMにはShinjiと田澤のルーツであるJ-ROCKの名曲が流れ、フロアを埋め尽くすファンの期待を煽る。その後、青白く染まったステージに現れたのは、最新ミニアルバム「BLACK SWAN」のビジュアルと同じゴシックテイストのメイクと衣装に身を包んだShinjiと田澤。2人はそのビジュアルにふさわしい、ダークかつダイナミックな「Inferno」でライブの口火を切った。

「楽しむ準備はできてるかい? 好きにやってくれよ!」と叫んだ田澤はその言葉を体現するように、自らも水を得た魚のようにハンドマイクで縦横無尽にステージを動き回り、時に艶美で時に獣のように激しい声で熱唱。Shinjiも舞うようにしながらテクニカルで多彩なギターを奏で、生き生きとしたステージングを繰り広げる。またツアーを経て2人とサポートの工藤嶺(B)と与野裕史(Dr)とのアンサンブルも強固さを増し、三位一体ならぬ"四位一体"とも言える盤石のグルーヴがフロアを包み込んだ。

田澤は「今、胸を張って言えます。現時点で最高のものが、『これがfuzzy knotです』と言えるものが披露できています」と自信を覗かせるも、まだ本領発揮はしていないとばかりに「このあと、僕的にはみんなの心をつかんで、引きずり回すセクションです」とニヤリと笑う。そうしてShinjiと田澤は「深き追憶の残火」を皮切りに、これまでの長いキャリアで培ってきた豊かな表現力をもって、深淵かつ刹那的な世界を描く楽曲をプレイ。没入感たっぷりのパフォーマンスで目の前の観客を圧倒してみせた。

「愛と執着とシアノス」が残した深い余韻の中でしみじみとトークを始めた2人だったが、関西出身の田澤とお笑い好きのShinjiらしく徐々に漫才のようなテンションに。初めは今後のfuzzy knotの活動が未定であることに寂しさを募らせつつ、お互いに「またやろう!」と誓っていたが、いつの間にか話題は生卵を割れなくなった田澤の悩みにシフト。Shinjiはライブ前日にYouTubeを漁って発見したという割り方を伝授し、楽しんごのギャグでお馴染みの「ラブ注入」のポーズが決め手だと熱弁する。さらに騙し討ちをするように田澤にも「ラブ注入」のポーズをさせ、観客を大いに笑わせた。

タイトル通り、聴き手を晴れやかな気持ちにする軽快な「Sunny Days」、雨を象徴的に歌ったメロウな「こころさがし」「キミに降る雨」という天気にまつわる3曲をプレイしたのち、田澤が口を開く。「最高という言葉を一時使わないようにしていたんです。でも最高という瞬間がいくつあってもいいと思うようになったんですよね。それから『最高!』と言うようになったんです」と充実した表情で述べ、「体と心を満たして帰ってほしいな」とファンに呼びかけた。そして、2人はブラスサウンドが映える「Set The Fire !」を機に、BPMの高いアッパーチューンを息もつかせない勢いで叩き込む。攻撃性をあらわにしたロックチューン「#109」を経て、ライブのラストを飾ったのは「Before Daybreak」。曲のクライマックスで田澤はShinjiの肩にそっと手を置き、情熱的に歌い上げ、Shinjiはギターソロを高らかに奏でた。

全18曲、持ち曲をすべて披露するステージを完走したShinjiは「ホント、最高じゃん。fuzzy knotはしばらくライブがないですが、(次は)今日よりも最高のライブをしようと思います」と宣言。田澤は「引き続きこの生命力あふれる空間をともに分かち合って、楽しく生きていきましょう。俺たちの未来は明るいぜ!」と弾けた表情で叫び、初のワンマンツアーに幕を下ろした。なおこの新宿BLAZE公演の模様は後日VR動画での配信が予定されており、詳細は後日アナウンスされる。

fuzzy knot「fuzzy knot Tour 2022 ~BLACK SWAN~」2022年10月9日 新宿BLAZE公演セットリスト

01. Inferno
02. 遠隔Reviver
03. Joker & Joker
04. トリックスター・シンドローム
05. カミカゼスピリット
06. 深き追憶の残火
07. 哀歌 -elegy-
08. ペルソナ
09. 愛と執着とシアノス
10. Sunny Days
11. こころさがし
12. キミに降る雨
13. Set The Fire !
14. ダイナマイトドリーム
15. ダンサー・イン・ザ・スワンプ
16. Hello, Mr. Lazy
17. #109
18. Before Daybreak

関連記事

マオ「habit」ジャケット

シドのマオ、ソロアルバム「habit」からリード曲「ROUTE209」先行配信

12日
fuzzy knot

fuzzy knotの新たなツアーが決定、新曲リリースも予告

17日
AKi

シド明希のAKi名義ニューアルバム発売日や詳細が明らかに、新ビジュアルも

24日
「VOCAL SUMMIT 2024」キービジュアル

ボーカリスト集う「VOCAL SUMMIT」に栄喜が参戦!ゲストベーシストはNATCHIN

約1か月
マオ

シドのマオが新たなソロプロジェクト始動、自身が全曲作詞作曲したアルバム「habit」発表

約1か月
シド

シド「黒執事 -寄宿学校編-」エンディングテーマをCDリリース、明日のアニメ放送前にMV公開

約1か月
S.Yuya

シドのドラマーゆうや、ソロ名義を「S.Yuya」に改称 1stアルバム発売&ライブ開催も

約1か月
「黒執事 -寄宿学校編-」キービジュアル

「黒執事 -寄宿学校編-」OPテーマを音羽-otoha-、EDテーマをシドが書き下ろし

約2か月
Knight A - 騎士A -「春風と君」ミュージックビデオより。

Knight A - 騎士A -がシド提供曲MV公開、王子衣装で踊る実写映像

2か月
AKi

シドの明希、ツアーに先立ち4年ぶりアルバムリリース

2か月