JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

加山雄三、紅白でのラストパフォーマンスに向け「皆さんが盛り上げてくださったおかげ」

加山雄三(写真提供:NHK)
1年以上前2022年12月28日 8:03

「第73回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月28日に東京・NHKホールでスタートした。この記事では加山雄三の囲み取材の様子をレポートする。

今年85歳を迎えた加山は、年内いっぱいをもってコンサート活動から引退することを発表。今回の「紅白」は、加山にとって最後のライブパフォーマンスとなる。特別企画で「海 その愛」を歌う加山雄三は、音合わせで大海原を思わせるスモークがたなびくステージで貫禄たっぷりの歌声を響かせた。

リハーサルを終えた加山は最後の「紅白」出演に向けた心境を「まさか出られるとは夢にも思わなかった。最後だ、っていろいろ言っていたのがよかったのかな(笑)。皆さんが盛り上げてくださったおかげでいい年になったし、最後だからがんばらないと」と語る。85歳とは思えない伸びやかな歌声に報道陣から「本当に最後?」という質問が飛ぶと「まだ大丈夫?(笑)日本ではほかにいないでしょ、こんなに歳を取って檜舞台に出られるのは。最後だからがんばらせてもらいたい」と意気込みを見せた。

ライブパフォーマンスは「紅白」が最後となるが、それ以外の音楽活動について尋ねられると「音楽は生涯の親友だと思っているし、今はAIとかあるじゃない? 今まで作曲した曲はまだまだいっぱいあるし、音楽活動はそういう形でも残していく」と継続を示唆。ライブ活動にピリオドを打つべくさまざまな活躍を見せた今年を「充実した1年でした」と晴れやかな表情で振り返った。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND