JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

KinKi Kidsが「TOKIOカケル」にそろって登場、小栗旬やSixTONESとクロストーク

1年以上前2023年01月02日 20:01

KinKi Kidsが明日1月4日22:00からフジテレビ系で放送されるTOKIOの冠番組「TOKIOカケル2023 超豪華!新春SP」に出演する。

「TOKIOカケル」はTOKIOのメンバーとゲストが「友情を育んでいく」をコンセプトにリラックスしたトークやオリジナル企画を展開していくバラエティ番組。今年の「新春SP」は、それぞれのゲストのコーナーの最後に次のゲストが参加し、クロストークを繰り広げるコラボレーションも見どころで、KinKi Kidsは小栗旬に続くゲストとして登場する。

堂本剛は小栗と2000年に放送されたTBS系ドラマ「Summer Snow」で共演。当時17歳だった小栗が駆け出し時代の苦労話をすると、剛は「そんな大変な中、撮影してたんだ!」と驚きの表情を見せる。また堂本光一も小栗とアニメの声優で共演したことがあり、当時を懐かしんだ。

KinKi Kidsの2人がそろって「TOKIOカケル」に出演するのは今回が初。番組ではKinKi Kidsがフジテレビに初登場した1994年の番組から、KinKi Kidsデビュー25周年の歴史とTOKIOとの思い出を振り返っていく。1994年はTOKIOのデビューイヤーでもあり、当時の貴重映像や東京・日本武道館でのコンサートの様子も公開される。

また1997年に阪神淡路大震災へのチャリティ活動としてTOKIO、KinKi Kids、V6の3組で結成されたJ-FRIENDSのコンサートの様子や、その後のジャニーズカウントダウンコンサートの映像、ジャニーズ運動会でのJ-FRIENDSのPK対決といった貴重映像も紹介。KinKi KidsとTOKIOは映像を懐かしみながら当時のエピソード話で盛り上がり、TOKIOの3人が株式会社TOKIOを立ち上げたときのKinKi Kidsの思い、V6のラストコンサートの舞台裏、ジャニーズ事務所のメンバーへの思いなども飛び出した。

さらに番組の後半には、SixTONESも登場。TOKIO、KinKi Kids、SixTONESによるコラボレーションも期待しておこう。

小栗旬 コメント

収録の感想

とても楽しかったです! いつもTOKIOのみなさんはいろいろと聞いてくださるので、気が楽にできますね。僕自身、なかなかこういうトーク番組にでる機会がないし、別に変にウソをつこうみたいなこともないので、聞かれればなんてもしゃべってしまいますね(笑)! 城島さんや国分さんはお子さんもいらっしゃるので、そういった父親の話にもなりましたね。

KinKi Kidsとの共演について

お2人ともお久しぶりにお会いできてとてもうれしかったです! 出演者の中の男性陣でいうと、ジャニーズ事務所さん以外は僕しかいなかったので、そんな場にいられて大変光栄でした!

見どころ

本当に楽しい話が続くというか、いつもTOKIOのみなさんに会うと、そういう感じにさせてもらうので、それをみなさんも楽しんでいただければなと思いますし、このあともKinKi Kidsさん、SixTONESさんと盛りだくさんの内容になっています!

堂本剛(KinKi Kids)コメント

収録の感想

本当にこの一言に尽きるのですが、楽しかったです! 同窓会みたいな感覚もありましたし、J-FRIENDSについては世の中が大変だったときに結成されたユニットでもあるので、あの時のいろいろな気持ちもよみがえってきた気がして、非常に有意義で楽しすぎる時間でした。ジャニーさんいじりとか・・・、放送できるのかなって心配なところもありましたけど(笑)、楽しかったですね!

小栗旬との共演について

小栗くんとはドラマ「Summer Snow」で最初にご一緒して、そのあと映画「銀魂」でもご一緒して、それからしばらく時間がたったのですが、あの当時小栗くんが主演をするとか、敵役でお互いが対面する時がくるとか全く思ってなかったですね。それが、今となってはたくましい男性となってお芝居の世界を引っ張っている人になって、すごいなと思いました。小栗くんは、僕のことをお兄ちゃんって言ってくれるんですけど、僕は弟がこんなにもたくましくなるとは・・・

堂本光一(KinKi Kids)コメント

収録の感想

まず収録するにあたって、番組のスタッフみなさんが僕らのことを信用、信頼して下さっていて、ほとんど取材をせずに番組が始まるという、なかなかないことですよね。それは、TOKIOとKinKi Kidsの関係性を分かって下さっているからこそだと思うんですけど、実際話はつきないですよね! もちろんTOKIOもKinKi Kidsも大人になっていった部分はあるんですけど、昔の話をすると、すぐ当時に戻るというか、戻れる感覚がある、それがすごくありがたいことだし、そういう感覚になれるってなかなかないことだと思うんですよね。だから、今回は非常にありがたいなと思えたのと、剛君も言ったように、単純に楽しいですよね! 昔からTOKIOと一緒にいる空間が僕は好きなので、J-FRIENDSをやっていたときも、TOKIOの楽屋になぜかいりびたっていましたし、大好きなんですよ!

見どころ

もう何度も聞いたことあるよって話もいくつかあると思うんですけど、でも何回聞いてもおもしろいものはおもしろいし、ファンのみなさんも“あんなことあったよね!”って一緒に思ってくれるのもあってもいいなって思います。そういう部分も含めてファンのみなさん、そしてJ-FRIENDSとか同じ時代を共有してきたというのは、すごく自分にとっても支えになっている感じがします!

城島茂(TOKIO)コメント

小栗旬収録回について

大河ドラマの話に始まり、役者としての心構えだったり、大忙しのスケジュールの裏側も聞けたりと、興味深いお話しをたくさん聞けましたね!

KinKi Kids収録回について

昔からの付き合いだし、同世代みたいな感覚で昔話もできましたし、やっぱり僕たちにとってもほっとする時間になった気がしましたね!

国分太一(TOKIO)コメント

小栗旬収録回について

6年ぶりに番組に来てくれたっていうのと、6年の間で生活とかもいろいろ変わってきて、あんなにお子さんの話をする小栗くんは見たことがなかったので、この番組の空気感の中だからこそ話してくれたんだと思います!

KinKi Kids収録回について

収録ってことを忘れてしまうトークで、どこを放送に使われるのかなっていうくらい普通に会話してましたね(笑)。

松岡昌宏(TOKIO)コメント

小栗旬収録回について

決して上から目線ということではないんですが、ひとまわりもふたまわりも大きくなられていて。いろんな作品を拝見させていただいているんですが、本当にすごい俳優さんとして大活躍され続けているなって思うし、やっぱりスタジオに入ってきたときの豪華さみたいなのも感じました!素敵な人だなと思いましたね。

KinKi Kids収録回について

おもしろい話と、ちょっとまじめな話と、KinKi Kidsだからこそできたんじゃないかと、よかったですね!

フジテレビ系「TOKIOカケル2023 超豪華!新春SP」

2023年1月4日(水) 22:00~23:34
<出演者>
TOKIO
ゲスト:小栗旬 / KinKi Kids / SixTONES
エンジェルちゃん:ハリセンボン

関連記事

再生数急上昇ソング定点観測

DJ社長の元メンへのディス曲、聴くと元気になれる? / フラミンゴの生態に詳しくなるHiHi Jetsファン続出

2日
「GFEST.2024」出演アーティスト第2弾告知ビジュアル

群馬フェス「GFEST.」に.ENDRECHERI.、ユニゾン、バニラズ、ストレイテナー出演決定

2日
上段が高地優吾(SixTONES)、中段左から岡本玲、忍成修吾、松井愛莉、下段左から高岡早紀、羽場裕一。

SixTONES高地優吾、初の単独主演舞台「Come Blow Your Horn~ボクの独立宣言~」決定

4日
JISOO(BLACKPINK)

BLACKPINKジス、山下智久、北村匠海、ナタリー・ポートマンら「ミスディオール」会見に登場

4日
左上から時計回りに若槻千夏、ファーストサマーウイカ、モモコ(ハイヒール)、玉井詩織(ももいろクローバーZ)、大久保佳代子(オアシズ)。(c)日本テレビ

京本大我、鈴木亜美、玉井詩織ら出演「上田と女が吠える夜」物欲モンスターとミニマリストが白熱トーク

4日
司会を務める相葉雅紀。(c)フジテレビ

「FNS歌謡祭」第1弾で稲葉浩志、反町隆史、NewJeans、ミセス、ME:I、超特急、Aぇ! groupら

5日
「言えない秘密」場面写真 (c)2024「言えない秘密」製作委員会

SixTONES京本大我とピアノ連弾した古川琴音が驚愕「初めてとは思えない」

6日
「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024」告知ビジュアル

日本で8年ぶり開催「Blue Note JAZZ FESTIVAL」にMISIA & 黒田卓也BAND、.ENDRECHERI.出演

6日
「テレビ朝日ドリームフェスティバル2024」幕張メッセ国際展示場4~7ホール出演者

「ドリフェス」に9mm、B'z松本孝弘のTMG、sumika、トラジャら

6日
「anan」2402号の表紙。(c)マガジンハウス

京本大我が天使と悪魔に変貌、SixTONES結成は「選択であり挑戦だった」

7日