JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

水曜日のカンパネラ×chelmico×新しい学校のリーダーズ競演、極寒の日比谷野音にこたつ出現

「ライブナタリー 5周年記念公演 “水曜日のカンパネラ × chelmico × 新しい学校のリーダーズ”」アンコールの様子。(撮影:音楽ナタリー)
1年以上前2023年01月31日 12:02

ライブイベント「ライブナタリー 5周年記念公演 “水曜日のカンパネラ × chelmico × 新しい学校のリーダーズ”」が1月28日に東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)で開催された。

このイベントは、ライブナタリーが発足5周年を迎えたことを記念して「ライブナタリーが観てみたい組み合わせ」をテーマに企画された対バンライブ。全3回行われるライブの第1弾となった今回は、水曜日のカンパネラ、chelmico、新しい学校のリーダーズの3組が出演した。夜冷えが堪える日比谷野音公演となったため、少しでも暖を取れるようにという主催者の計らいで、ステージの両端にはこたつ机が設置された。

日没の少し前、開演時刻を迎えると「Player」のイントロが鳴り響きchelmicoが登場。観客は一斉に立ち上がり、アッパーなビートに乗ってタオルを振り回す。「寒いとは言わせないよ」というRachelの言葉で始まったのは「Highlight」。chelmicoの2人が夏の恋を歌い、寒空の下にいる観客を温めた。続いて2人は「GOOD GAME」「O・La」「三億円」を畳み掛け、曲の終わりで何やらポーズを決める。直後のMCでMamikoが「ダイアンさんのポーズなんです」と説明し、2人がダイアンのYouTubeチャンネルに出演した際に伝授されたポーズであることが明かされた。Mamikoの美しいラップが繰り出された「ISOGA♡PEACH」、白いミラーボールの光が降り注いだ「Disco (Bad dance doesn't matter)」を経て、ラストナンバー「Easy Breezy」へ。曲の中盤でRachelは上着を脱ぎ捨て、飛び跳ねながらパフォーマンス。刻々と下がっていく気温と反比例するように、会場の熱気は勢いよく上昇していった。すべての曲を歌い終えた2人は「健康第一、チェルミコ第二~」と挨拶。ピースサインを掲げながらステージをあとにした。

2番手は水曜日のカンパネラ。「ティンカーベル」でライブをスタートさせた詩羽は伸びやかな歌声と体をくねらせる妖艶なダンスを届ける。「アリス」で分厚いシンセの音色が鳴り響いたのち、観客へ挨拶する詩羽。ステージの両端にセッティングされたこたつに触れ、「こたつがあるのいいですよね! ライブにこたつがあるの初めてなんですけど!」と笑みを浮かべる。彼女はこたつの上に置かれたお湯を水で割り「猫舌なんで(笑)」と口にしながらしばし休憩。こたつを出ると「ディアブロ」「バッキンガム」に続き、最新曲「赤ずきん」を歌い上げる。曲の中盤では赤ずきんにちなんで狼が登場。こたつ布団で身を隠しながら詩羽を付け狙ったのち、彼女とともにキレのあるダンスを披露した。詩羽はアカペラパートを交えたライブアレンジで「エジソン」を届け、「織姫」と「招き猫」を畳み掛けて退場。暗転したステージに2匹の巨大な招き猫だけが取り残される、というシュールな一幕も見られた。

トリを飾る新しい学校のリーダーズのステージは、学校のチャイムの音で幕開け。騎馬戦の騎馬を組んだ4人がステージに現れポーズを決める。ライブ序盤から「NAINAINAI Short ver.」「最終人類」が続けざまに披露され、会場の熱量は急上昇。セーラー服姿の4人は寒さを跳ね除けるように激しくダンスをする。SUZUKAは「寒いよねって同情してるばかりじゃいけません。音楽の力でホッティングになってやろう。わしら生脚でやっとるんですよ」と力強く語った。ディスコビートが鳴り響く「オトナブルー」を経て、長ランを羽織った4人は「Pineapple Kryptonite Special Mix」「透明ボーイ」をパフォーマンス。再びセーラー服姿に戻り「Happy Hormones」「迷えば尊し」でキレのあるダンスを披露すると、SUZUKAは「暑いです。この会場は真夏です」と満足げに話した。

オーディエンスの鳴り止まない拍手に応え、ステージに戻ってきた新しい学校のリーダーズ。chelmicoと水曜日のカンパネラを迎え入れると、3組は水曜日のカンパネラ「一寸法師」でコラボレーション。詩羽をセンターにして出演者が横一列に並び、全員で歌とダンスを届けた。終演後はSUZUKAの「下校!」を合図に退場。寒さを耐え抜いた観客たちも会場をあとにした。

なお同企画「ライブナタリー5周年記念公演」は、2月4日にGANG PARADEとネクライトーキー、2月5日に渋谷すばるとTHE BAWDIESを迎えて開催される。チケットはローソンチケットで販売中だ。

「ライブナタリー 5周年記念公演 “水曜日のカンパネラ × chelmico × 新しい学校のリーダーズ”」2023年1月28日 日比谷公園大音楽堂(日比谷野音) セットリスト

chelmico

01. Player
02. Highlight
03. GOOD GAME
04. O・La
05. 三億円
06. ISOGA♡PEACH
07. Disco (Bad dance doesn't matter)
08. Easy Breezy

水曜日のカンパネラ

01. ティンカーベル
02. アリス
03. ディアブロ
04. バッキンガム
05. 赤ずきん
06. エジソン
07. 織姫
08. 招き猫

新しい学校のリーダーズ

01. NAINAINAI Short ver.
02. 最終人類
03. CANDY
04. FREAKS AG mix
05. オトナブルー
06. Pineapple Kryptonite Special Mix
07. 透明ボーイ
08. Happy Hormones
09. 迷えば尊し

<アンコール>

01. 一寸法師

関連記事

ano

anoの新曲は尾崎世界観×ケンモチヒデフミ、作詞は本人「愛してる、なんてね。」

約16時間
「LuckyFes'24」DAY1タイムテーブル

「LuckyFes'24」3日間のタイムテーブル公開、高橋優や藤巻亮太の追加出演決定

約20時間
鈴木真海子

chelmico鈴木真海子、2ndアルバム「mukuge」リリース

4日
「無茶しないと、WACK WACKできない。」キャンペーンビジュアル

「無茶しないと、WACK WACKできない。」キャンペーン、全国で“無茶本”配布&6都市かくれんぼ開催

5日
NHK「The Covers」“サマースナック”特集より。(写真提供:NHK)

NHK「The Covers」2週連続サマーソング特集!田島貴男、水カン、折坂悠太、菊池桃子、坂本冬美

5日
「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」告知ビジュアル

「サマステ」でリーダーズ、ふるっぱー、BUDDiiSらが連日ライブ! STARTO社・ジュニアの公演も

5日
「KiSS KiSS Friday Twilight June Bride」フライヤー

KiSS KiSSの特別衣装に期待、入場無料イベント「Friday Twilight June Bride」

6日
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

「ロッキン」タイムテーブル発表、蘇我で5日間開催&115組が出演

7日
「もしも徳川家康が総理大臣になったら」メインビジュアル (c)2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会

新しい学校のリーダーズ、浜辺美波主演映画「もしも徳川家康が総理大臣になったら」主題歌担当

7日
「キ・セ・イ・ラッシュ」告知動画第2弾より。

マキシマム ザ ホルモン「シミ」を新しい学校のリーダーズが歌唱 生田斗真「ロッキン」出演決定

8日