JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

小泉今日子×浜田真理子、久世光彦エッセイの世界観表現した「マイ・ラスト・ソング」音源化

小泉今日子
約1年前2023年03月10日 1:05

小泉今日子が朗読、浜田真理子が歌とピアノで参加する2枚組のCD作品「マイ・ラスト・ソング アンソロジー」が5月3日にリリースされる。

「マイ・ラスト・ソング アンソロジー」は、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「あとは寝るだけ」などの名ドラマを数多く残した演出家・久世光彦のエッセイ「マイ・ラスト・ソング」の世界観を歌と朗読で表現した作品。「マイ・ラスト・ソング」は「死ぬ間際に聴きたい歌を1曲選ぶとしたら…」をテーマにしたエッセイで、昭和の流行歌と久世の忘れえぬ人たちとの14年間の思い出がつづられている。

小泉は17歳の頃に「あとは寝るだけ」に出演して以来、久世が恩師と呼べる存在に。2006年に久世が急逝したあと、恩返しとして何かできないだろうかと考えた際に、浜田とともに歌と朗読で「マイ・ラスト・ソング」をステージで再現する企画を考案した。2008年に初演が行われたこのステージは15年続くロングラン公演となり、このたび音源化することとなった。

「マイ・ラスト・ソング アンソロジー」のDISC1には、浜田によるピアノ弾き語りの歌と小泉による朗読を新録で収録。DISC2にはエッセイに登場する昭和の流行歌19曲のオリジナルバージョンが収められる。

また小泉と浜田が出演する全国ツアー「マイ・ラスト・ソング」が5月から6月にかけて行われる。ツアーは5月7日の神奈川・Billboard Live YOKOHAMAから6月11日の東京・I'M A SHOWまでの計12公演。なおツアーの会場でCDを購入すると、小泉、浜田、久世朋子、佐藤剛、佐藤利明が執筆した小冊子「マイ・ラスト・ソング劇場」がプレゼントされる。

小泉今日子 コメント

演出家、久世光彦さんから学んだ俳優としての矜持。
文筆家、久世光彦さんから気づかされた言葉の力。
「マイ・ラスト・ソング」では恩返しの気持ちで久世さんのテキストを読む。
背筋がすっと伸びて気持ちがよい。
念願のCD化、浜田真理子さんの声とピアノで奏でる唄は天国にだって届くはずだ。

浜田真理子 コメント

久世光彦さんとはお会いしたことがないのにとても身近な存在になりました。「マイ ラスト ソング」のアイディアはシンプルなようでいて、自分の来し方行く末に思いをはせるとても深い深い試みだと思います。

「マイ・ラスト・ソング アンソロジー」収録内容

DISC 1

[歌・ピアノ:浜田真理子 / 朗読:小泉今日子]
01. 【朗読1 マイ・ラスト・ソング あとがき】
02. みんな夢の中
[作詞・作曲:浜口庫之助]
03. 離別(イビョル)
[作詞・作曲:吉屋潤]
04.【朗読2 朧月夜】
05. 朧月夜
[作詞:高野辰之 / 作曲:岡野貞一]
06.【朗読3 月の砂漠】
07. 月の砂漠
[作詞:加藤まさを / 作曲:佐々木すぐる]
08.【朗読4 さくらの唄】
09. さくらの唄
[作詞:なかにし礼 / 作曲:三木たかし]
10. 街の灯り~Mr. Lonely
[作詞:阿久悠 / 作曲:浜圭介 / 作詞・作曲:Bobby Vinton, Gene Allan]
11. 【朗読5 港が見える丘】
12. 港が見える丘
[作詞・作曲:東辰三]

DISC2

01. 港が見える丘 / 平野愛子
02. バイヤ・コン・ディオス / レスポール&メリー・フォード
03. 酒は泪か溜息か / 藤山一郎
04. 蘇州夜曲 / 李香蘭
05. 小さな喫茶店 / 中野忠晴
06. 森の小径 / 灰田勝彦
07. 二人の瞳 / 美空ひばり
08. 時の過ぎゆくままに / 沢田研二
09. 涙のワルツ / パティ・ペイジ
10. プカプカ / ザ・ディランII
11. 月の砂漠 / 森繁久彌
12. 爪 / ペギー葉山
13. 円舞曲 / ちあきなおみ
14. さくらの唄 / 美空ひばり
15. 涙から明日へ / 天地真理
16. 思い出さないで / 島崎恵子
17. リリー・マルレーン / マレーネ・ディートリッヒ
18. 街の灯り / 堺正章
19. みんな夢の中 / 高田恭子

「マイ・ラスト・ソング」

2023年5月7日(日)神奈川県 Billboard Live YOKOHAMA
[1st] START 16:30
[2nd]START 19:30

2023年5月13日(土)福岡県 北九州芸術劇場中ホール
[1st] START 14:00
[2nd]START 18:00

2023年5月20日(土)福岡県 北九州芸術劇場中ホール
[1st] START 16:30
[2nd]START 19:30

2023年5月27日(土)島根県 島根県民会館
2023年5月28日(日)島根県 島根県民会館
2023年6月3日(土)岐阜県 ぎふ清流文化プラザ長良川ホール
2023年6月4日(日)岐阜県 可児市文化創造センター
2023年6月9日(金)北海道 道新ホール
2023年6月11日(日)東京都 I'M A SHOW

テキスト:久世光彦
構成:佐藤利明
演出:佐藤剛
出演:浜田真理子(Vo, Piano) / Marino(Sax)/ 小泉今日子(朗読)

関連記事

黒猫同盟

NHK「みんなのうた」に小泉今日子と上田ケンジの黒猫同盟、YUKI、広瀬香美、ELAIZA

6日
「The Covers」より、左からリリー・フランキー、GLIM SPANKY、上白石萌歌。(写真提供:NHK)

GLIM SPANKY「The Covers」でブリグリ名曲カバー、10周年記念し過去映像も多数オンエア

8日
「JOIN ALIVE 2024」ビジュアル

「JOIN ALIVE」にNovel Core、マイファス、ジュンスカ、NiziU、ブルエン、家主ら22組追加

13日
暴動クラブ「シニカル・ベイビー」配信ジャケット

暴動クラブ「RSD」限定アナログ7inch曲配信、沢田研二「気になるお前」カバーも収録

13日
「JOIN ALIVE 2024」メインビジュアル

「JOIN ALIVE」にHYDE、imase、小泉今日子、AJICO、エゴ、氣志團、ふるっぱー、ビーバーら25組

27日
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンドが「川の流れのように」を歌唱する「サン生」スペシャルムービー公開

約1か月
市井由理「JOYHOLIC」イメージ

市井由理×吉田豪|90年代ガールズポップの名盤「JOYHOLIC」を語る

約1か月
真心ブラザーズ

真心ブラザーズ「フォーク村」を六本木で開催!ゲストは奥田民生、小泉今日子、斎藤宏介

約1か月
SPANK HAPPY「ethic c/w フロイドと夜桜(sweet voices mix)」配信ジャケット

“第二期”SPANK HAPPYの未発表曲リリース決定、岩澤瞳の最後のレコーディング音源

約2か月
雑誌「AERA」3月11日号表紙

Awichが働く女性特集の「AERA」に登場、蜷川実花が撮影

2か月