JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「WACK合同オーディション」初日から全員デスソース、渡辺淳之介「BiSH以上を狙っていかないと」

「WACK合同オーディション2023」候補生
11か月前2023年03月19日 13:07

音楽事務所WACK主催の合宿オーディション「WACK合同オーディション2023」が本日3月19日から3月25日まで開催中。この記事では1日目の模様をレポートする。

「WACK合同オーディション」は毎年恒例となっているオーディション企画。今年は候補生19名が参加し、合宿後半からWACK所属グループより現役メンバーのトギー(BiS) 、ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)、ナ前ナ似(ASP)、ナルハワールド(GANG PARADE)、maho(ExWHYZ)の5名が登場する。合宿の模様はニコニコ生放送で24時間にわたって生中継されている。

候補生は会場に到着後、まず歌唱審査に臨んだ。審査の結果はこのタイミングでは発表されず、審査後には夜のパフォーマンス審査のチーム分けが発表された。WACK代表・渡辺淳之介は、候補生たちに「見せてもらいたいのは“チーム感”です。お互いのことを知って、素敵なグルーヴを出してください。グルーヴの意味がわからない人は調べてください」と伝えた。

各チームの練習中、別室にて渡辺による個人面談が行われた。候補生には、過去のWACKオーディション経験者、WACKに所属していたメンバーも含まれている。ベル・ドナルドは2021年のオーディションに参加し、WACKの育成グループWAggに“ベル・ナルド”として加入を果たす。しかし2022年11月にグループが活動終了となり、WACKを退所した。今回のオーディション参加について彼女は、退所後にさまざまな選択肢があったが、「不完全燃焼に終わった感じがあったので、最後にもう1回、WACKでできるのか、自分の力を試したかった」と話した。

レオナイクスワイズはイギリス留学経験があり、「5大ドームを目指す、スーパースターになりたい」と豪語。ブギーはももいろクローバーZ好きという前置きがありつつも、「WACKの破壊力、まっすぐに突き刺さる音楽に助けられた」と、このオーディションに臨んだ理由を語った。マンマンは自身の仮称について「エッチな意味かと思っていた」と大笑い。渡辺から「やる気満々の“マンマン”なんだけど」と突っ込まれ、反応に困りながらもハイテンションにリアクションした。チャンアダルトは、昨年12月に行われた豆柴の大群の新メンバーオーディション「豆柴の大群なりの合宿」に“シオン”名義で参加。渡辺は彼女に向けて、「前にも言ったけど『自分に甘いところがある』から、今回もそれを見せたら、帰っていただくことになる」と厳しく意見した。またゴブ・ゴブ・ゴブは数回のWACKオーデ応募経験があるが、書類審査で落ちてきた。それでもあきらめきれずに応募し続け、今回の合宿参加にこぎつけたという。

ム能セイは、アユニ・D(BiSH)のソロプロジェクトPEDROとYouTuber・だいにぐるーぷによる鬼ごっこ企画「PEDRO 1週間逃亡生活」において、アユニの“替え玉”を務めたことがある。「無能から有能になって可能性を広げていきたい」と意気込む。手足の長さから、渡辺に「シジマールみたいだな」と評されたム能セイだったが、彼女は元サッカー選手であるシジマールを知らなかった。なおム能セイが登場する鬼ごっこ企画は「日本全国で1週間 鬼ごっこで逃げ切ったら1000万円【Part6】」というタイトルのYouTube動画で閲覧できる。このほか、昨年のオーディションで“ナ後”名義だったhitorikko、“ギャ・フン”名義だったチリチリチーチー、“オキタユア”名義だったマジヤスメアツコがそれぞれ、合格をかけての意気込みを語った。チリチリチーチーは前回のオーディションでマラソン後に体調を崩し、離脱。悔しさをバネに今回のオーディションに臨むも、初日からネガティブな発言が目立った。

18:45に夜のパフォーマンス審査がスタート。渡辺を前に、各チームは課題曲を披露した。順位は下記の通り。

「WACK合同オーディション2023」初日 夜のパフォーマンス審査 順位(チーム / 課題曲)

1位:Dチーム / BiS「STUPiD」
ブギー / イャン・GP・マイカ / ゴブ・ゴブ・ゴブ / aho

2位:Aチーム / SAiNT SEX「WACK is FxxK」
アイカ・ザ・ポリス / マンマン / ノノ3 / 厶能セイ / チリチリチーチーチー

3位:Bチーム / ASP「Hyper Cracker」
ベル・ドナルド / チャンアダルト / バグ・ライオン / hitorikko / キホンタウン

4位:Cチーム / 豆柴の大群「FLASH」
レオナイクスワイズ / タマチノミキ / アンカー・トリプル / 土星のネコ / マジヤスメ・アツコ

順位発表後、渡辺は面談での会話を踏まえて「候補生はWACKがどのような事務所かを理解している」という前提でコメント。「BiSHを目指したら、BiSHにはなれない。BiSH以上を狙っていかないと、もちろんBiSHには追い付けない。『自分たちがWACKを作っていく』という気持ちでやってほしい」と述べる。続けて「がむしゃらにやればいいということではないけど、真剣にやってほしいし、無理しなくても別にいいけど、無理しなきゃいけない場面もある」と、活動におけるバランス感覚についても言及。パフォーマンス面については、「しっかり歌って踊ってほしい」としつつ、「でもずっとうるさかったらウザいじゃん? 緩急も大事だと思うので、次の課題のときはその点も考えてほしい」と伝えた。

「WACK合同オーディション」ではポイント制を採用。2日目から行われる早朝マラソン、昼と夜に行われる審査、スタッフ投票、ニコ生の視聴者投票でポイントが加算される。また1日3回の食事において、時間内に食べきれない者はマイナスポイントとなる。初日の夕食は候補生全員のライスがデスソース入り。19名は顔を赤くさせながらも、ごはんを食べ進めたが、時間内に食べきれない者もいた。

夕食後にはニコ生の視聴者に向けて、1人1分半のアピールタイムが設けられた。歌を歌う者、時間いっぱいまで話してアピールし続ける者、途中で言葉に詰まってしまう者と十人十色。ニコ生の視聴者は、メンバーそれぞれのアピールを観ながら自由にコメントした。その後、渡辺への質問コーナーがあり、アイドルとして好きな人は「いない」、「顔が好きなのはmikina、性的に好きなのはmayu」とExWHYZメンバーの名前を挙げた。またWACKメンバーで一番変化したメンバーについて問われると、渡辺は「一番いい意味で変化したのはアユニ・D(BiSH)とし、「出会った頃はお猿さんみたいだった」と振り返る。悪い意味で変わったのはBiSHのモモコグミカンパニーとのことで、理由については「言わない」と口をつむいだ。候補生からは次々に質問が飛び出し、渡辺はユーモアを交えながら答えた。またWACKの楽曲について、「松隈ケンタさんの曲以外を取り入れるようになった理由は?」という質問が。これに渡辺は「最近はヒップホップがトレンドということもあってよく聴いているかな。そもそもいろんな作家と関わりたいというのが一番の理由。俺の目指すところ、松隈さんの目指すところが、現状に関しては合わなくなったというか。発注が少なくなったのはそういうところかな。今、ゴリゴリのロックが流行っていないこともあって」と説明した。

スタッフ投票、視聴者投票の結果発表が行われた。視聴者投票は3位が土星のネコ、2位がマンマン。そして1位が2位とダブルスコア以上の票を獲得したベル・ドナルド。最下位はアイカ・ザ・ポリスとなった。スタッフ票やパフォーマンス審査などの総合ランキングでは3位がノノ3、2位がベル・ドナルド、1位がマンマンとなり、最下位はキホンタウンという結果に。渡辺はスタッフとしばらく話し合ったのちに、「本日の脱落者はなし」であることを伝えた。

最後に、2日目昼のパフォーマンス審査のチーム分けと課題が発表された。それぞれがBiSHの「脱・既成概念」「サヨナラサラバ」の2曲を披露することになり、どの候補生がBiSHのどのメンバーのパートを担当するかも指定があった。

3月20日 昼のパフォーマンス審査 チーム分け

チームA
チリチリチーチーチー / バグ・ライオン / イャン・GP・マイカ / レオナイクスワイズ / アンカー・トリプル / キホンタウン

チームB
アイカ・ザ・ポリス / aho / 土星のネコ / チャンアダルト / hitorikko / マジヤスメアツコ

チームC
マンマン / ノノ3 / ム能セイ / ゴブ・ゴブ・ゴブ / ベル・ドナルド / タマチノミキ / ブギー

3月19日 視聴者投票ポイント

1位 ベル・ドナルド 2518ポイント
2位 マンマン 906ポイント
3位 土星のネコ 494ポイント
4位 hitorikko 436ポイント
5位 ノノ3 382ポイント
6位 ブギー 347ポイント
7位 ム能セイ 239ポイント
8位 チリチリチーチーチー 233ポイント
9位 マジヤスメ・アツコ 214ポイント
10位 ゴブ・ゴブ・ゴブ 197ポイント
11位 チャンアダルト 187ポイント
12位 アンカー・トリプル 173ポイント
13位 aho 163ポイント
14位 タマノチミキ 163ポイント
15位 バグ・ライオン 85ポイント
16位 イャン・GP・マイカ 74ポイント
17位 キホンタウン 67ポイント
18位 レオナイクスワイズ 53ポイント
19位 アイカ・ザ・ポリス 38ポイント

3月19日 総合ランキング

1位 マンマン
2位 ベル・ドナルド
3位 ノノ3
3位 土星のネコ
5位 ブギー
6位 ム能セイ
7位 hitorikko
8位 ゴブ・ゴブ・ゴブ
9位 チリチリチーチーチー
9位 aho
11位 アンカー・トリプル
12位 マジヤスメ・アツコ
12位 チャンアダルト
14位 タマチノミキ
15位 バグ・ライオン
16位 イャン・GP・マイカ
17位 アイカ・ザ・ポリス
18位 レオナイクスワイズ
19位 キホンタウン

ニコニコ生放送「【前半】全て見せます!WACKオーディション合宿2023完全密着 6泊7日の死闘」

配信日時:2023年3月19日(日)14:30~
配信URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv340295940

ニコニコ生放送「【後半】全て見せます!WACKオーディション合宿2023完全密着 6泊7日の死闘」

配信日時:2023年3月22日(水)12:00~
配信URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv340295970

関連記事

フジファブリック

フジファブリックが食事に行ったことがある人紹介、奥田民生やアジカン伊地知のエピソード披露

2日
「~新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念~『SHINJUKU LOFT 25TH 2MAN SHOW』」告知画像

ASP×ODD Foot Worksのツーマン開催、新宿LOFTの移転25周年記念で

3日
BiS「NEVER MiND」通常盤ジャケット

BiS、Age Factoryプロデュース曲「Sakura」MVプレミア公開

4日
BiS「NEVER MiND」通常盤ジャケット

BiS、ニューアルバムよりAxSxEプロデュース曲「STiLL BE CHiLD」MVを明日公開

10日
月刊偶像「遊園 me feat. ヤママチミキ(GANG PARADE)」ジャケット

アイドルの“歌力”広めるソニー発「月刊偶像」始動!GANG PARADEヤママチミキ×真部脩一がタッグ

11日
くだらない1日

ロックバンド・くだらない1日がアイナ・ジ・エンドら所属のWACKからアルバム発表

18日
渡辺淳之介(2023年11月、ロンドンで撮影)

WACK渡辺淳之介、ロンドンで入院

20日
「AGESTOCK2024 in 国立代々木競技場 第一体育館」第1部告知ビジュアル

代々木第一体育館で優里、MY FIRST STORY、WACK7グループがそれぞれライブ

22日
ExWHYZ

ExWHYZがmaho作詞のアッパーチューン配信、アルバム「Dress to Kill」収録曲発表

24日
BiS「NEVER MiND」通常盤ジャケット

BiS新アルバム「NEVER MiND」豪華プロデューサー陣発表、AxSxEとJxSxK初コラボも

25日