JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

JO1與那城奨、大平祥生、金城碧海が暴走族役で全員アクション!オーディション経て映画「OUT」に参戦

左から金城碧海、與那城奨、大平祥生。
8か月前2023年06月13日 21:02

JO1の與那城奨、大平祥生、金城碧海が11月に全国公開される品川ヒロシ監督、倉悠貴主演の映画「OUT」に出演する。

「OUT」は「ヤングチャンピオン」に連載中のヤンキーマンガを原作とした実写映画。監督である品川の中学からの友人・井口達也の青年時代を詰め込んだ実録ストーリーで、倉が“伝説の超不良”である井口を、醍醐虎汰朗が暴走族「斬人(キリヒト)」総長の丹沢敦司を、水上恒司が副総長の安倍要を演じる。

與那城、金城、大平の3人は、オーディションを勝ち抜き本作への出演が決定。暴走族「斬人」のメンバーとして「OUT」に参加する。與那城が演じるのは、木刀一本で相手を潰しまくる“戦闘中毒者”の特攻隊長・長嶋圭吾。大平は親衛隊長・目黒修也、金城は期待のルーキー・沢村良に扮する。

本作の撮影について、與那城は「一番苦労したのは、1対1で闘うシーン。僕より大きい相手で、そのパンチを受け止めて、それに勝たないといけない、一番の山場だったと感じています」とコメント。ボクシングスタイルのアクションに挑戦した大平は「格闘技はやったことが無いので基本動作から教えていただき、正直大変でした(笑)。自分とは真反対、喧嘩はしないし、『おらぁ!!』とか言わないですし(笑)。それが逆に楽しめました」と感想を述べ、「ジムへ行って筋トレをやり出してから『デカくなったね』『ちょっと脱いでみてよ』『いい感じになってきたね』と言われる」と役作りに関連したエピソードも明かした。

金城は、今年6月に放送・配信されたWOWOWドラマ「ドロップ」に続き、本作で“品川組”への参加は2作目となる。「いつかまた(品川ヒロシ監督と)一緒に仕事できたらなって思っていた矢先、お話をいただき、本当に嬉しくて。ガッツポーズして『よっしゃー!』みたいな」と出演決定時の様子を振り返った。また撮影にあたり「元々鍛えているというのはあったんですが、更に動ける体に仕上げました。あとは、斬人メンバーの気持ちになって、というメンタル的な部分を鍛えました」と心身両方の役作りに励んだことにも言及した。

監督の品川は、彼らについて「まず3人とも見た目が似ている。そして3人ともダンスが上手いので絶対にアクションは出来ると信じていました。実際3人のアクションのキレは相当すごいです」と説明。そして、與那城について「筋肉がやばい。強さに説得力が欲しかった。木刀を構えた時の前腕の筋肉に浮かび上がる血管に惚れました」、大平について「大平祥生くんはスピードです。そしてボクシングのダッキングが上手い。その中性的で綺麗な顔立ちでスイスイと敵役のパンチを避ける姿は惚れ惚れする」、金城について「空手の有段者な上にもちろんダンスも上手いので、とにかくアクションがメチャクチャいい」と3人を絶賛した。

與那城奨 コメント

出演決定時の感想

メンバーと一緒にオーディションに参加しました。初めてのヤンキー映画で、アクションも含め、いつもの自分とは180度違うキャラクターでびっくりしました。撮影をしていくうちに圭吾になっていけたんじゃないかなと思います。

どのような気持ちで撮影に臨んだか

品川監督の「ドロップ」に登場する井口達也の物語ということだけは知っていたんです。その中で、まさか!こんなにも!闘うなんて思ってもいなかったです(笑)。とにかく原作を全巻読んで、圭吾がどういう人物なのかを研究しました。演じた圭吾が特に強いキャラなので、そこは意識して撮影に挑みました。

役作りについて

元々、僕たちはダンスをやっていて、筋トレもしているんですが、やはりアクションになると、勝手が違う。動きを覚えて、かつ相手と合わせないといけない。最初は苦労しましたが撮影を重ねるうちに掴んでいけた感覚があります。(メイク完了後初めて自分を見て)「誰だ!? 僕は誰なんだ……?」と(笑)。品川監督が、「圭吾だねぇ」と言ってくれたのが嬉しかったです。

品川ヒロシ監督について

映画の出演自体初めてでしたので、撮影に入る前は勿論不安はありました。どの様に演じたらいいのか、セリフの言い回しなど、監督に確認して、話し合いながら、監督が思うものを表現していきました。アクションについては、監督が動けるので、様々追加されていて(笑)。そこに僕も対応できるようについてはいったんですけど、監督すごいです!

撮影の感想

一番苦労したのは、1対1で闘うシーン。手数も多いですし、かつ1対1なので、どううまく見せることができるかという点は難しかった。僕より大きい相手で、そのパンチを受け止めて、それに勝たないといけない、一番の山場だったと感じています。

共演するJO1メンバーについて

僕と(金城)碧海は元々格闘技をやっていて、(大平)祥生は経験が無い。アクション練習では、アドバイスしあいながら事務所の練習場で、ミットや刀を使って、3人で協力しながらやっていました。

視聴者へのメッセージ

ものすごくパワフルな、そしてカッコイイ作品になっていると思います! ぜひ劇場で御覧ください。

大平祥生 コメント

出演決定時の感想

オーディションに受かって本当に嬉しかったです! 目黒はかっこいい役だと思っていたので、めちゃくちゃ嬉しかったです。

役作りについて

格闘技はやったことが無いので基本動作から教えていただきました。正直大変でした(笑)。自分とは真反対、喧嘩はしないし、「おらぁ!!」とか言わないですし(笑)。それが逆に楽しめました。ジムへ行って筋トレをやり出してから「デカくなったね」「ちょっと脱いでみてよ」「いい感じになってきたね」と言われることが。目黒の格闘技のアクションがボクシングスタイルなんですが、役作りでしっかり練習した事が僕的には大きかったです。

品川ヒロシ監督について

監督は格闘技が出来る方なので、その場で教えていただく事が多く、「自ら教えてくださるんだ!」と、頑張ろうと思いました。現場の士気を下げないように盛り上げてくださる方で、凄く勉強になりました。

撮影の感想

スクラップ工場のアクションシーン、あの日は寒い日だったんですが何も寒くなくて。アクションに必死で、絶対にここで良いシーンをという気持ちが強くて、常に練習しておかないと気が済まなかったです。一番大変な日でしたけどずっと集中していました。今回アクションをやってみて凄く楽しかったので、これからも続けていきたいと思います。

視聴者へのメッセージ

チームで心を込めて頑張ったので是非見に来てください! 沢山楽しんでください!

金城碧海 コメント

出演決定時の感想

こういう経験をさせていただけることがアーティスト活動をしていく中で普段は無いんです。品川組は今回が2作目なんですが、いつかまた一緒に仕事できたらなって思っていた矢先、お話をいただき、本当に嬉しくて。ガッツポーズして「よっしゃー!」みたいな。ありがとうございます!と感謝して挑む作品になりました。

自身が演じる沢村良について

沢村は、最初は会話も少ないですしあまり目立たない役ではありますが、後々キーパーソンになってくる。今回のキャラクターを演じる上で、それまでの雰囲気や、感情など、原作にはない部分、そこをどう見せていくかも考えました。

役作りについて

元々鍛えているというのはあったんですが、更に動ける体に仕上げて。あとは、斬人メンバーの気持ちになって、というメンタル的な部分を鍛えました。

撮影の感想

品川組はめちゃくちゃ温かくて、フランクに接してくださる温かい人達ばかり。撮影に対してもそうですが、僕たち演者に対しての指導も暖かく、優しく、そして撮影の場を作ってくださるんです。感謝しています。

共演するJO1メンバーについて

JO1メンバーと演技で共演するのは初めて。JO1としての顔というよりは役者として演じている彼らの姿を見て、とても勉強になりました。メンバーがいると精神的にも落ち着きました。(大平)祥生と(與那城)奨くんと3人でまた何かやりたいです。

視聴者へのメッセージ

今回、僕と大平祥生と與那城奨の3人がJO1から作品に参加させていただいています。僕自身、まだまだ俳優としての経験が浅くて何が正解か分からない状態でしたが僕なりに精一杯演技させていただいたつもりです。皆さん是非劇場に足を運んで沢山観て下さい!

品川ヒロシ監督 コメント

まず3人とも見た目が似ている。そして3人ともダンスが上手いので絶対にアクションは出来ると信じていました。実際3人のアクションのキレは相当すごいです。沢村役の金城碧海くんはWOWOWのドラマ版「ドロップ」にも出てもらっていて、空手の有段者な上にもちろんダンスも上手いので、とにかくアクションがメチャクチャいい。圭吾役の與那城奨くんは、筋肉がやばい。強さに説得力が欲しかった。木刀を構えた時の前腕の筋肉に浮かび上がる血管に惚れました。目黒役の大平祥生くんは、スピードです。そしてボクシングのダッキングが上手い。その中性的で綺麗な顔立ちでスイスイと敵役のパンチを避ける姿は惚れ惚れする。それぞれの形の、それぞれの友情。バカで笑えるシーンもあるけれど、アクションシーンは派手なのはもちろん。痛みを意識しました。原作のアクションシーンを再現し、さらには映像の魅力を出すために、全員必死で挑みました。劇場で興奮してください。

関連記事

再生数急上昇ソング定点観測

TWICE新曲も?最近増える“あの曲”のオマージュ / 病み垢ステロイド「IV V IIIm VIm」なんて読む?

2日
「株式会社LAPONE GIRLS」ロゴ

JO1&INI所属事務所の新法人「株式会社LAPONE GIRLS」がME:Iと専属契約、設立の目的は

4日
JO1

JO1やわふわリーダーは体ガッチガチ、何でも筋肉につなげる豆原一成「新曲はトレーニーにおすすめ」

4日
JO1をフィーチャーしたSoruleのビジュアル。

JO1が自分の内側にダイブ、書き下ろし新曲が流れる神秘的なSorule新CM

4日
「LAPOSTA 2024」出演者

JO1、INI、DXTEEN合同ライブ「LAPOSTA 2024」2日目の映像を初放送

5日
JO1

Snow Man目黒蓮&JO1川尻蓮「Can do! Can go!」でダンス対決

9日
「KCON HONG KONG 2024」出演者告知ビジュアル

「KCON」初の香港公演にaespa、ATEEZ、JO1、WayV、ZEROBASEONE、TWSら14組出演

11日
JO1

JO1與那城奨、今年も総務省主催イベントに登壇

13日
河野純喜、川西拓実(撮影:田形千紘)

JO1川西拓実&河野純喜はとにかく仲良し

17日
JO1をフィーチャーしたSoruleの新ビジュアル。吉田ユニが監修した。

JO1×吉田ユニのビジュアル公開、ヘアケアブランド・Soruleのアンバサダーに就任

20日