JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

活動10周年のポニーのヒサミツ、自身の好きな音楽詰まった新アルバム完成

ポニーのヒサミツ
9か月前2023年08月30日 3:03

ポニーのヒサミツのニューアルバム「ほうむめいど・かうぼうい」が9月27日に配信リリースされる。

2013年に活動を開始し、今年で10周年を迎えるポニーのヒサミツ。「ほうむめいど・かうぼうい」は彼のルーツとなったはっぴいえんど「風街ろまん」や細野晴臣「HOSONO HOUSE」を振り返ることから制作をスタートさせ、1970年代のカントリーロックやスワンプロックからもインスピレーションを受けた作品となっている。

本作のレコーディングには大塚智之(ex. シャムキャッツ)、増村和彦(ex. 森は生きている)、kiss the gambler、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)や、ポニーのヒサミツと一緒にSpoonful of Lovin’で活動しているサボテン楽団、谷口雄(ex. 森は生きている、ex. bjons)、渡瀬賢吾(ex. bjons)らが参加。各メンバーが自宅で演奏し、そのデータをポニーのヒサミツがミックスする形で制作された。ジャケットアートワークにはマンガ家の本秀康のイラストを使用。本作に関してポニーのヒサミツは「昔から好きな、そして今自分が好きな音楽が詰まった、自身にとって集大成とも言えるようなアルバムができたと思います」とコメントしている。

また本日8月30日にはアルバム収録曲「さよなら感染対策」が先行配信シングルとしてリリースされた。アルバムの冒頭を飾るこの曲は、ゆるやかなメロディラインが心地よいミドルテンポのカントリーロックとなっている。

ポニーのヒサミツ コメント

「ほうむめいど・かうぼうい」について

今回のアルバムは、前作「Portable Exotica」をリリースし、それを以て趣味趣味3部作として前からやりたかった3ジャンル(カントリー、ポール・マッカートニー、エキゾチカ)をテーマとしたアルバムを出し終え、そろそろ活動も10周年、次は何をしようか、と考えるところから始まり、その中でまず思いついたのが、あえてこれまでは避けていた、自分の音楽人生にとって根本とも言えるはっぴいえんど「風街ろまん」や細野晴臣「HOSONO HOUSE」を意識して楽曲を作ってみようということであり、そこがアルバムづくりのスタートとなりました。(そのころできた楽曲が「うらめしや」「グッド・バイ」「どこへいく?」など)

その後、アルバムにも参加してもらっているSpoonful of Lovin'のメンバーとのLINEで、70'sロック、カントリーの名盤を聴いては報告しあっているうちに自身の中で空前のスワンプ・ロックブームが到来し、それらに大いに影響を受けた結果、当初のはっぴいえんど・ホソノハウスからは少し遠ざかりつつも、昔から好きな、そして今自分が好きな音楽が詰まった、自身にとって集大成とも言えるようなアルバムができたと思います。

「ほうむめいど・かうぼうい」とは、前作で築いた手法と同じく参加メンバー(サボテン楽団、谷口雄、渡瀬賢吾、大塚智之、増村和彦、芦田勇人、高橋三太、kiss the gambler、中川理沙)のそれぞれの自宅での録音データを送付してもらいそれをミックスする形で制作していることや、アメリカ的な音楽(カントリーやスワンプ)に憧れながらも自分はほとんど日本から出たこともなく、英語もうまく話せはしない結果自分がそういう音楽を作ると本格というよりかはあまりに自家製っぽい仕上がりになってしまうことの皮肉も込めて、まさしくこのアルバムひいては自分そのものをうまく表しているのではないか、とつけたタイトルとなります。

アルバムジャケットには、自身も2枚の7インチシングルをリリースしていただいた雷音レコードの本秀康先生に依頼し、タイトルと世界観を表した、素晴らしいイラストを仕上げていただきました。

自家製カウボーイの珍道中、楽しんでいただけたら幸いです!

「さよなら感染対策」について

この曲は、世界中に大きい影響を与えたコロナウイルス感染症の中での恋愛とその主人公の悲哀を想像しながら書き上げた、はっぴいえんどやニール・ヤング、ボビー・チャールズなどの楽曲を意識して作成したカントリー・ロックです。

演奏は、ドラムを増村和彦君(ex 森は生きている)、ベースをバンビ君(大塚智之、ex シャムキャッツ)が担当し、その他の歌、アコースティック・ギター、2本のエレクトリック・ギター、オルガンは全てポニーのヒサミツが演奏しています。

リズム隊によるどっしりとした演奏とポニーのヒサミツ自身による2本のリード・ギターとオルガンの演奏の絡みと、ゆったりとした歌のメロディとの重なりを楽しんでもらえたらうれしいです。

落ち込んだ人が、快晴の日とかに聴いてくれて、気が晴れるきっかけにこの楽曲がなればいいなと思っています。

ポニーのヒサミツ「ほうむめいど・かうぼうい」収録曲

01. さよなら感染対策
02. うらめしや(Album Version)
03. カントリー・ソング #1
04. 馬鹿ぼんど
05. グッド・バイ
06. どこへいく?
07. 短い御休み(Album Version)
08. 日和見日和-Instrumental
09. 鬼を起こすな!
10. 海辺の街から(Album Version)
11. それでも、僕は(Album Version)

関連記事

「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」最終出演者&タイムテーブル発表

21日
Pome Shih Tzu

中川理沙やMC.sirafu擁する新バンドPome Shih Tzuが自主企画開催、ゲストはChappo

約1か月
高橋翔

高橋翔が自主企画で中川理沙とソロ初競演、イベント当日は詩集+CD作品「空中白書」発売

約2か月
かもめ児童合唱団 & kiss the gambler「ベルリンの森」A面ジャケット

かもめ児童合唱団 & kiss the gamblerのコラボ7inch「ベルリンの森」一般発売が決定

約2か月
松尾清憲

松尾清憲ソロデビュー40周年記念アルバム発売、サウンドプロデュースは佐藤清喜

2か月
ポニーのヒサミツ「ほうむめいど・かうぼうい」アナログ盤ジャケット

ポニーのヒサミツ最新アルバムがアナログ化、本秀康の雷音レコードより発売

2か月
カジヒデキ

カジヒデキ5年ぶりのアルバムでネオアコ回帰 客演に中森泰弘、深沼元昭、Negicco・Naoら

3か月
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」に七尾旅人、ホムカミ、ラブサマちゃん、BiS、トップシークレットマンら33組追加

3か月
松尾清憲

松尾清憲、ソロデビュー40周年記念アルバムから新曲「ジュリア」を7inch&配信リリース

3か月
レコスケくんコラボ「NO VINYL, NO LIFE.」ポスター

タワレコのレコード専門店TOWER VINYLが関西初出店、オープン記念でレコスケくんとコラボ

3か月