JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

MICOのプロジェクトGIRLS FIGHT CLUB、片寄明人プロデュースの新曲配信

GIRLS FIGHT CLUB「dance the days」配信ジャケット
5か月前2023年08月30日 11:03

MICO(ex. SHE IS SUMMER)のプロジェクト・GIRLS FIGHT CLUBが新曲「dance the days」を本日8月30日に配信リリースした。

「dance the days」は、片寄明人(GREAT3)をプロデューサーに迎えた楽曲。スウィートソウルをベースにしたオルタナティブなサウンドに仕上がっている。

本作についてMICOは「些細な幸せはとても静かで、その瞬間に気付けない。だけどいつか、胸が張り裂けそうなほど戻りたいと願う思い出に変わる。いつも忘れないでいたいことを歌にしました」、片寄は「私にとってこの曲はDream PopとSweet Souの邂逅だ」とコメントしている。

MICO コメント

この夏、最寄の駅から溶け落ちるような熱く美しい夕陽の景色が見えました。
普段は忙しなく行き交う人々が立ち止まって、思い思いに眺めたり、写真をとったりしはじめて。
そこに少年が走ってきて「パパ、夕日がすっごく綺麗!」と声をかけ、それに答えお父さんが「本当だね」と笑いかけるシーンに立ち会い、その美しさに心を打たれました。
些細な幸せはとても静かで、その瞬間に気付けない。
だけどいつか、胸が張り裂けそうなほど戻りたいと願う思い出に変わる。
いつも忘れないでいたいことを歌にしました。
拙い私の共有から、こんなに素晴らしいサウンドを生み出してくれた片寄さん、石井さん、松田さんに感謝です。
この夏を閉じ込めるメロウなミドルナンバー。
ぜひ愛おしい日々を踏み締めるステップを踊りながら聴いてください。

片寄明人 コメント

すべての物事は移ろい、過ぎゆく。善いことも悪いことも。そして何もかもが想い出に変わる。だからこそ、いまこの瞬間に踊る意味がある。私にとってこの曲はDream PopとSweet Souの邂逅だ。終わりゆく夏を惜しむに、とろけそうな耳の快楽を。

関連記事

GIRLS FIGHT CLUB「She meets love」配信ジャケット

GIRLS FIGHT CLUB、新曲とレターセットを同時リリース

9日
「Chara Birthday Party 2024 "VELVET SUNSET"」フライヤー

Charaの誕生日は1月13日、バースデーライブを東阪で開催

2か月
GIRLS FIGHT CLUB

GIRLS FIGHT CLUB、バンド編成でワンマンライブ

3か月
白根賢一「manmancer」アナログ盤ジャケット

白根賢一「manmancer」がアナログ化 テクノポップ&ハウス取り入れた唯一のソロ作品

4か月
ははの気まぐれ「よく晴れた日に / 星釣る人」ジャケット

ははの気まぐれが片寄明プロデュースによる両A面シングル第2弾発表、TOMOVSKY迎えてレコ初開催

4か月
TESTSET

TESTSET「Japanalog」が第36回東京国際映画祭のフェスティバルソングに決定

4か月
ははの気まぐれ

ははの気まぐれ、15年ぶり新作は片寄明人プロデュース マイケル・アイヴァンスや岸田繁のコメントも

5か月
「ドラム・セット・ファイル Vol.3」表紙画像

ミスチル鈴木、ラルクyukihiro、ワンオクTomoya、DISH//泉らのドラムセット30台を撮り下ろし紹介

5か月
GREAT3

GREAT3、Veats ShibuyaとCOTTON CLUBでコンセプトの異なるワンマン開催

6か月