JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Kan Sano、金沢21世紀美術館で発表した楽曲「Pマママ」配信リリース

Kan Sano
8か月前2023年09月06日 3:03

Kan Sanoが本日9月6日に楽曲「Pマママ」を配信リリースした。

「Pマママ」は石川・金沢21世紀美術館で行われた福祉実験カンパニー・ヘラルボニーによる展覧会「lab.5 ROUTINE RECORDS」で発表された楽曲。ヘラルボニーが始動させたプロジェクト・ROUTINE RECORDSの一環で、13人の知的障害のある人々が日常で慣習的に繰り返す行動から生まれる音をもとに、Kan Sanoが創作した実験的なナンバーだ。 Kan Sanoは本作について「『Pマママ』には音楽の持つ何か神秘的な力が驚くほどの密度の濃さで詰まっています。僕ひとりでこんな音楽は到底作れません。たくさんの愛しい歌声、話し声、生活音がこの曲を生み出しました。何故こんなにも愛しいのか。本当に不思議です。愛しい声は、人種も年齢も性別も障害も関係なく、ただただ愛しい。このプロジェクトで実際に体験し、気付いたことです」とコメントしている。

また金沢21世紀美術館で展示されていた映像が、「Pマママ」のミュージックビデオとしてYouTubeで公開された。

Kan Sano コメント

「Pマママ」を制作するにあたり、地元金沢のいくつかの施設を見学させて頂いたのですが、
どの場所にも魅力的な声や音がたくさん溢れていて創作意欲を掻き立てられました。
僕は他者にあまり興味を持たない性格ですが、他者の声にはとても興味があります。
たとえば、自分が苦手な人、嫌いな人でも、その人の歌声や鼻歌、囁き声を聴くと、妙に親しみを覚えたり、愛しく思えてしまうのです。俗っぽく言ってしまえば「声フェチ」のようなものかもしれませんが、これは僕が音楽にずっと感じている神秘性にも関わる話で、とても重要なことです。
この「Pマママ」には音楽の持つ何か神秘的な力が驚くほどの密度の濃さで詰まっています。
僕ひとりでこんな音楽は到底作れません。たくさんの愛しい歌声、話し声、生活音がこの曲を生み出しました。何故こんなにも愛しいのか。本当に不思議です。
愛しい声は、人種も年齢も性別も障害も関係なく、ただただ愛しい。このプロジェクトで実際に体験し、気付いたことです。「Pマママ」は自分がつくったのに自分がつくった気がしない、不思議な曲になりました。
10代の頃音楽活動を始めた地元金沢のアートの中心地である金沢21世紀美術館でこの曲を発表できたことにも意味を感じずにはいられません。
素晴らしい気づきを与えてくださりありがとうございました。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「LIVE AZUMA 2024」ビジュアル

福島「LIVE AZUMA」にクリープ、ラッキリ、スチャ、フォーリミら8組追加

1日
「頂 -ITADAKI- THE FINAL」メインビジュアル

「頂」最終回のタイムテーブル解禁、大トリの渋さ知らズオーケストラは花火バックに演奏

1日
Nenashi「Found in Tokyo」ジャケット

Nenashiが5年の歳月をかけた1stアルバム完成、Charaや新井和輝らから祝福コメントも

23日
「TOKYO M.A.P.S」出演アーティスト

六本木ヒルズGW無料ライブに七尾旅人、Mummy-D、U-zhaan×BIGYUKI、さかいゆうら出演

約1か月
「頂 -ITADAKI- THE FINAL」告知ビジュアル

今年で最後「頂」第2弾発表でEGO-WRAPPIN'、ネバヤン、手嶌葵、Kan Sanoら10組

約2か月
Kan Sano

Kan Sano「喉仏のクリスマス」リリックビデオで運転

5か月
Kan Sano

Kan Sano、真夏に汗だくで制作した「喉仏のクリスマス」リリース

6か月
Tokimeki Records「透明なガール(Remixes)」ジャケット

Tokimeki RecordsリミックスアルバムにKan Sano、Bronzeら参加

7か月
「Kan Sano Solo Piano Live 2023“ただI MA”」ビジュアル

Kan Sanoがライブ活動を再開、復帰第1弾はピアノ弾き語り

9か月