JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

亀田誠治&武部聡志プロデュース 野音100周年クロージングにアイナ、石崎ひゅーい、ファンタら

「祝・日比谷野音100周年 “CLOSING EVENT” YAON FES. ~次の100年へ。」キービジュアル
9か月前2023年09月16日 3:06

東京・日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)の誕生100周年を記念した企画のクロージングイベント「祝・日比谷野音100周年 “CLOSING EVENT” YAON FES. ~次の100年へ。」が11月5日に同会場で開催される。

「祝・日比谷野音100周年」を冠し、今年たくさんのイベントが行われてきた日比谷野音。クロージングイベントは“日比谷野音100周年記念事業”の実行委員長である亀田誠治が、盟友・武部聡志を共同プロデューサーに迎え、日比谷野音の100年の歴史、そして次の100年への希望を乗せたプログラムを展開する。

イベントではこの日のために結成されたバンド・YAON FES. SPECIAL BANDがアイナ・ジ・エンド、石崎ひゅーい、川崎鷹也、卓真(10-FEET)、Tani Yuuki、FANTASTICS from EXILE TRIBE、miwaをゲストに迎えて演奏。バンドメンバーは武部(key)、亀田(B)、小倉博和(G)、河村”カースケ”智康(Dr)、磯貝サイモン(Key)、小田原ODY友洋(Cho)、松本英子(Cho)の7名だ。さらに蔦谷好位置がビートボックスクルーSARUKANI、いきものがかりの水野良樹が豊島岡女子学園高等学校コーラス部による合唱のプログラムをプレゼンテーションする。

イープラスでは9月27日までチケット先行予約を受付中。一般販売は10月21日10:00にスタートする。

武部聡志 コメント

今年日比谷野外音楽堂が100周年を迎えるにあたり、4月から11月まで記念事業として様々なジャンルのLIVEが開催されています。
そして100周年のクロージングイベントが11月5日に催されます。
ボーダーレスなフリーLIVEとして高い評価を得ている「日比谷音楽祭」の実行委員長である亀田誠治と共にこのイベントのプロデューサーをつとめることになりました。高校生の頃、毎週末野音に通い、当時まだ市民権を得ていなかったロック、フォークを浴びるように聴いたのが僕自身血となり肉となっています。野音ではキャロルの解散コンサート、尾崎豊の伝説のステージなど日本のロック、POPSを語る上で欠かせない多くのLIVEが行われてきました。今回僕と亀田がプランを話し合っていく中で、先人達へのリスペクトに溢れ、今のミュージックシーンを牽引し、リードしていくアーティストの方々に是非参加して頂きたい!と考えました。
僕らが先輩達から受け取ったバトンを次の世代に受け渡していけたらと思います。音楽愛に溢れた、語り継がれるイベントになるようベストを尽くします。

亀田誠治 コメント

日比谷野音の100周年記念事業の実行委員長の亀田誠治です。
2023年4月から始まる30数本にもわたる100周年記念ライブの締めくくりとして、11月5日に「YAON FES. ~次の100年へ。」と題したクロージングイベントが日比谷野音で開催されます。このイベントは、野音にゆかりのアーティストだけでなく、野音と音楽を愛するさまざまなアーティストの皆様に参加していただいて、今までの100年、そしてこれからの100年をつなぐ音楽の祝祭にしたいと考えています。この祝祭の企画プロデュースを僕の先輩に当たる武部聡志さんが心よく引き受けてくださいました。野音で奏でられた音楽の過去、現在、未来をアーティストの皆さんの歌と演奏で繋いでいく、華やかで、光溢れる未来を予感させる100周年をお祝いするにふさわしいイベントを作り上げたいと考えています。野音という音楽の聖地で、ステージ上の僕らと、会場に集まったお客様みんなの心が一つになる瞬間を楽しみにしています。

祝・日比谷野音100周年 “CLOSING EVENT” YAON FES. ~次の100年へ。

2023年11月5日(日)東京都 日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)
<出演者>
アイナ・ジ・エンド / 石崎ひゅーい / 川崎鷹也 / 卓真(10-FEET) / Tani Yuuki / FANTASTICS from EXILE TRIBE / miwa
SARUKANI(蔦谷好位置 presents)
※蔦谷好位置の演奏はなし

豊島岡女子学園 高等学校コーラス部(水野良樹[いきものがかり]presents)
※水野良樹の演奏はなし

YAON FES. SPECIAL BAND
メンバー:武部聡志(key) / 亀田誠治(B) / 小倉博和(G) / 河村”カースケ”智康(Dr) / 磯貝サイモン(Key) / 小田原ODY友洋(Cho) / 松本英子(Cho)

関連記事

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

「ロッキン」タイムテーブル発表、蘇我で5日間開催&115組が出演

約2時間
司会を務める相葉雅紀。(c)フジテレビ

「FNS歌謡祭」第1弾で稲葉浩志、反町隆史、NewJeans、ミセス、ME:I、超特急、Aぇ! groupら

約11時間
映画「THE FIRST SLAM DUNK」ビジュアル (c) I.T.PLANNING,INC. (c) 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

映画「SLAM DUNK」Netflixで配信開始、The Birthday&10-FEETが主題歌担当

2日
アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンドと日本武道館へ、バックダンサーオーディション開催決定

4日
「JAZZ NOT ONLY JAZZ」ビジュアル

石若駿特別バンドの公演配信 アイナ、上原ひろみ、大橋トリオ、田島貴男、堀込泰行、PUNPEE出演

5日
RYTHEM「ウタタビ」ジャケット

RYTHEMの14年ぶりニューアルバム詳細発表 武部聡志、ISEKI、原田茂幸、鈴木みのり、KKCが参加

8日
「あの本、読みました?」より、亀田誠治。(c)BSテレ東

亀田誠治が人生に影響を与えた本紹介、椎名林檎とのエピソードで九段理江が涙

9日
SUPER BEAVER

いきものがかり出演「三ツ矢」140周年記念ライブ、ゲストアクトはSUPER BEAVER

13日
「Timeless Melodies - a tribute to dustbox -」ジャケット

dustbox結成25周年コンピに10-FEET、フォーリミ、HAWAIIAN6、locofrank、ロットンら

13日
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」ロゴ

蘇我「ロッキン」にNumber_i、Vaundy、ポルノグラフィティ、UVERworld、あいみょん、INIら追加

14日