JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

青葉市子「Sukiyaki」カバーも、ラグビーW杯2015の奇跡描く「ブライトン ミラクル」サントラ配信

青葉市子「Sukiyaki」ミュージックビデオより。
4か月前2023年09月19日 3:02

「ラグビーワールドカップ2015」における日本の逆転勝利を題材にした2019年公開の映画「ブライトン ミラクル」のサウンドトラックが、本日9月19日に配信リリースされた。

「ブライトン ミラクル」は2015年のラグビーW杯で日本代表が強豪の南アフリカを下して“スポーツ史上最大の番狂わせ”と世界中のラグビーファンを震撼させた、“ブライトンの奇跡”を振り返るスポーツ映画。本作のサウンドトラックを手がけたのは、サイモン・ル・ボン、ヤスミン・ル・ボン、そしてエミー賞受賞作曲家のニック・ウッドによる音楽スタジオSyn(シン)。サントラには2022年にアメリカの音楽アワード「ロックの殿堂」入りを果たしたイギリスのロックバンド・Duran DuranのフロントマンでありSynの共同創立者であるサイモンのソロ曲「The Story of How」や、青葉市子による「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」のカバーなどが収録されている。

本サントラのプロデュースを手がけたニックは、ラグビーボールをドラムマレットで叩く音を録音し、壮大なパーカッションのサウンドを再現するなど、独創的なアイデアを今作に取り入れた。SynのWebサイトでは青葉が歌う「Sukiyaki」のミュージックビデオと、ニックがラグビーボールを叩いて音を収録する様子が公開されている。なお映画「ブライトン ミラクル」の配信もサントラと同様、各種配信サービスでの配信がスタートした。

ニック・ウッド コメント

映画と音楽の制作におけるクリエイティブな繋がりは、まるで二人の親友同士が富士山を登ることのようで素晴らしい。登山中は険しいけれど、日の出を見たときにこれまでの努力が報われたようで。製作陣のマックス・マニックス、ティム・ファーマー、ミリッサ・ドゥポ
ンス、アダム・バリンと共にSynがプロデューサーとして、そして私のクリエイティブ・パートナーであるサイモン・ル・ボンと共に作曲家としてオリジナル曲を書き下ろし、この映画に貢献できたことを嬉しく思います。そして、2023年のラグビーW杯に合わせてこの映画
を世界に広げてくれたリチャードとBlue Skyの皆さんに感謝します。

関連記事

折坂悠太の音楽履歴書

唯一無比の歌世界を作り上げるシンガーソングライター折坂悠太のルーツとは

3日
「BABY Q 名古屋場所」フライヤー

弾き語りイベント「BABY Q」初の名古屋場所に青葉市子、岸田繁、曽我部恵一

7日
青葉市子

青葉市子、初のヤマハホールでソロコンサート

7日
後列左から青葉市子、塩塚モエカ、ハナレグミ、野村訓市、HIMI、U-zhaan。前列左からマヒトゥ・ザ・ピーポー、市川実日子。

J-WAVE年越し特番にハナレグミ、塩塚モエカ、U-zhaan、HIMI、青葉市子、マヒト、市川実日子

約1か月
映画「コット、はじまりの夏」メインビジュアル (c)Insceal 2022

青葉市子の声が瑞々しく彩る、映画「コット、はじまりの夏」予告編公開

約2か月
「KOBE MELLOW CRUISE Presents HOLY NIGHT CRUISING」告知ビジュアル

七尾旅人×青葉市子、クリスマスイブに重要文化財でライブ

2か月
「ICHIKO AOBA SEPTEMBER CONCERT 2023」より。(撮影:廣田達也)

青葉市子ソロコンサートで懐かしい曲を思い出話とともに、アンコールで三線弾き語りも

4か月
「Remolino Project」より。

青葉市子がアーティストグッズの在り方を考える、家で眠る古着をリメイク販売

5か月
青葉市子

青葉市子、オースティン出身SSWデュオ・Hovvdyの初来日公演に出演

5か月