JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

前野健太、15周年記念ライブ開催「まだここからな気がする」

「前野健太デビュー15周年記念ライブ ~まだここからな気がする~」告知ビジュアル
8か月前2023年09月20日 10:03

前野健太のデビュー15周年記念ライブ「まだここからな気がする」が12月15日に東京・武蔵野公会堂で開催される。

昨年デビュー15周年を迎えた前野。2010年以来、彼は3年ごとに会場を移しながら周年ライブを行っており、今回の会場は初回と同じく武蔵野公会堂となる。これまではバンド編成で行われていたが、今年は前野が初心に返って1人で演奏。彼は本公演について「もしよかったらこの不恰好な男の、歌を、15年分の歌の旅路を、散歩しにきてください。風景は、あなたの心です」とコメントしている。なお本公演のアートワークではイラストを本秀康、デザインを重実生哉が手がけた。

イープラスでは10月1日までチケットの先行予約を受付中。

前野健太 コメント

今まで3、6、9、12、と3年刻みで周年公演をやっていただいた。
去年がデビュー15周年にあたる年だったが、その余裕はなかった。
それと今までやってくれていた人たちはもう周りにはいなかった。
わざわざ自分から周年ライブをやるのも変な感じがしたけど、
自分みたいに、勝手にCDを作って出して、それをデビューと言ってしまった人間にとってこそ、実は重要なイベントなのではと、思い改めた。2007年、狭いリハーサルスタジオで、ぎゅうぎゅうになってレコーディングした日のことは忘れるわけがない。演奏してくれたミュージシャン、レコーディングしてくれたミュージシャン、記録してくれた人、デザインしてくれた人、協力してくれた人。

最近もうやめようかと思うこともある。なんか疲れた、とか。でもこのデビューアルバムを聴くと勇気が湧いてくる。不恰好でも、全身から音楽を発してる。歌に人生を傾けてる。もう一度、そんなふうに、足掻いてみてもいいんじゃないか。そんな気にさせてくれる。たかがちっぽけな人生。ギターがあるじゃないか。

もっともっと歌われたがってる感情がある。音になって飛んでいきたい想いがある。

2023年12月15日金曜日。
もしよかったらこの不恰好な男の、歌を、15年分の歌の旅路を、散歩しにきてください。風景は、あなたの心です。

前野健太デビュー15周年記念ライブ ~まだここからな気がする~

2023年12月15日(金)東京都 吉祥寺 武蔵野公会堂

関連記事

松尾清憲

松尾清憲ソロデビュー40周年記念アルバム発売、サウンドプロデュースは佐藤清喜

約1か月
ポニーのヒサミツ「ほうむめいど・かうぼうい」アナログ盤ジャケット

ポニーのヒサミツ最新アルバムがアナログ化、本秀康の雷音レコードより発売

約2か月
松尾清憲

松尾清憲、ソロデビュー40周年記念アルバムから新曲「ジュリア」を7inch&配信リリース

2か月
レコスケくんコラボ「NO VINYL, NO LIFE.」ポスター

タワレコのレコード専門店TOWER VINYLが関西初出店、オープン記念でレコスケくんとコラボ

3か月
「THE CAMP BOOK 2024」告知ビジュアル

「THE CAMP BOOK」にTHA BLUE HERB、イースタン、fOUL、前野健太、maya ongakuら

4か月
前野健太「冬の名古屋」 「冬の京都」「冬の東京」告知ビジュアル

前野健太、冬の東名京ツアー開催

5か月
℃-want you!「コステロメガネ」ジャケット

℃-want you!、エルヴィス・コステロへの愛が詰まったニューシングル

6か月
Bialystocks。右が甫木元空。

Bialystocks甫木元空、自身監督映画「はだかのゆめ」携え各地でトーク&ライブ

6か月
左から前野健太、kiss the gambler。

kiss the gambler、尊敬する前野健太とツーマン

7か月
「はだかのゆめ」書影

Bialystocks甫木元空の小説「はだかのゆめ」単行本化、田中泯&前野健太が推薦

7か月