JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ピエール瀧×成田結美が主演務める恋愛映画「マリの話」公開、高野徹の初長編監督作品

映画「マリの話」場面写真(c)2023 ドゥヴィネット
6か月前2023年09月22日 6:05

ピエール瀧と成田結美が主演を務める映画「マリの話」が、12月8日より東京・シモキタ - エキマエ - シネマ「K2」で劇場公開される。

「マリの話」は、濱口竜介監督作品「ハッピーアワー」「偶然と想像」の助監督を務め、ひと夏の恋愛を描いた短編映画「二十代の夏」でベルフォール国際映画祭のグランプリと観客賞を受賞した高野徹監督の初長編作。海辺の町で脚本を書く映画監督の杉田は、偶然出会ったマリに心を奪われ、映画に出演してほしいと声をかける。その情熱的で憎めない杉田のキャラクターに戸惑いながらも恋心を抱くマリ。2人は映画作りを始めるが、杉田が突然失踪してしまう。マリは喪失感に苦しみながらも、愛猫を探すフミコと出会い、人生を変えるような対話を通して小さくも大きい1歩を踏み出すある決心をすることになる。

美しくも謎めいた魅力を放つマリを成田、スランプ中の映画監督・杉田を瀧、マリとユーモラスな恋愛トークを繰り広げる女性・フミコを松田弘子が演じる。瀧は本作の出演オファーを受けた理由について、「同時に僕も『なぜこの役を自分に依頼したのでしょう?』と監督に聞きたいです。つまり、それくらいこれまでと違った角度の依頼だったということです。そういうのって何かありそうで楽しそうじゃないですか(笑)」とコメントしている。

YouTubeでは映画の特報を公開中。また本日9月22日より「マリの話」の配給支援を目的としたクラウドファンディングがスタートした。詳しくはMotionGalleryのオフィシャルページにて確認を。

成田結美 コメント

「マリの話」を観ながらなぜか自然と涙が溢れていました。マリの心の葛藤、傷ついてもそれでも誰かを愛し続けたいと思うマリの姿。そんなマリを観て、とても切なくなり、でも思いがけない素敵な出会いに、また胸がほっこりと温かくなり…最後にはなんだか魔法にかけられたような気持ちになり、もう一度観たくなりました。この作品を通して、本当に誰かを愛するってどういうことなんだろう、と考えさせられました。そして女性として強く生き抜いていこうと、マリに背中を押してもらえたような気がします。
本作を通して、皆さんにも少しでも元気を与えられたら嬉しいです。

ピエール瀧 コメント

この映画はいくつかのパートで構成されています。自分はそのうちのひとつを担当させていただいたので、実は全貌はわかっていないんです。でも、観客の皆さんの感じ方でいくつもの物語を紡ぎ出せる面白い作品だと脚本を読んで思いました。どうか楽しんで。

松田弘子 コメント

夢なのか、日常なのか、夢だとしてだれがだれの夢を見てるのか。「マリの話」を見ていると、いろいろなことがわからなくなります。でも、そのときどきに自由な見方をして良いのだと言われている気がします。出てくる人たちは、一つのことを言いながらどうも別のことを考えてるみたいだし、それが何なのかわかりません。わからないことをわからないまま味わったり、ああなのかこうなのかと思いをめぐらせたり、そういう豊かな時間を過ごせてくれる作品だと思います。

高野徹監督 コメント

観客が自由に想像し、楽しんでもらえる映画「マリの話」が完成しました。この映画には、「発見できる喜び」と「あなただけの解釈」、つまり「主体的に映画を見る」という、特別な映画体験が待っていると思います。わかりやすさに甘んじない、チャレンジングな本作の不確かさを支えているのは、俳優さんたちの素晴らしい演技です。是非、劇場で確かめてください!

関連記事

「頂 -ITADAKI- THE FINAL」ロゴ

ラスト「頂」に電気グルーヴ、水曜日のカンパネラ、ハナレグミ、渋さ知らズら追加

4日
「FUJI ROCK FESTIVAL '24」ロゴ

フジロックにノエル・ギャラガー、キム・ゴードン、電気、マンウィズ、betcover!!、Hedigan'sら27組

29日
「水平線」場面写真 (c)2023 STUDIO NAYURA

ピエール瀧が震災で妻を失った男を演じる映画「水平線」予告公開

約2か月
左からガチャピン、ムック、Pちゃん。(c)ガチャムク (c)KITADA TETSUYA/GM

番組スタッフが明かす「ポンキッキーズ」制作の裏側

3か月
左からコニーちゃん、Bose(スチャダラパー)、Pちゃん。

スチャダラパーBoseが振り返る「ポンキッキーズ」

4か月
SANDAL TELEPHONE「SHUTDOWN→REBOOT」ジャケット

SANDAL TELEPHONE、電気グルーヴのカバー収録「SHUTDOWN→REBOOT」アートワーク公開

4か月
SANDAL TELEPHONE

SANDAL TELEPHONE、新作ミニアルバムで電気グルーヴ「Shangri-La」カバー

4か月
「LIQUIDROOM presents New year party 2024」告知画像

リキッド恒例年越しに石野卓球、サカナクション山口一郎率いるNFクルーら

4か月
電気グルーヴ「鬼日(きび)」2023年ビジュアル

電気グルーヴより「鬼日」のお知らせ「すでにロボットの人類に対しての侵略は密かに始まっている」

4か月
左から夏木マリ、岩沢厚治(ゆず)。(撮影:秋田夏虎)

夏木マリの日比谷野音ワンマンをオンエア 石野卓球、ゆず岩沢、アレキ川上、上白石萌音らゲスト出演

5か月