JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

生誕50年、西寺郷太の創作活動を振り返る史料展開催 幻のデモテープ集が試聴できる展示も

1976年当時の西寺郷太。
4か月前2023年10月17日 8:02

西寺郷太(NONA REEVES)の個展「50TAMaRCHIVE (ゴータマァーカイヴ)1973-2023 史料展」が、10月30日から11月5日まで東京・kit galleryで開催される。

1973年11月27日に生まれ、今年で50歳となる西寺。生誕50年を迎える今年11月を“50TAMONTH(ゴータマンス)”と名付け、これまで残してきた手書き歌詞、レジュメ、イラスト、絵画など、自身の創作活動を振り返る史料を一堂に展示する。さらに西寺が13歳の頃からNONA REEVESがバンドとして軌道に乗る1995年夏までの9年の間に録りためたデモテープ音源が初めてCD化され、来場者はギャラリー内で試聴することができる。

また会場では絵画や西寺の自伝的小説「90's ナインティーズ」、オーディオブランド・km5とコラボして限定生産するCDプレーヤー「西寺郷太 Funkvision_Audio_System GN50モデル」が販売されるほか、名古屋発のアイウェアブランド・Mr.CASANOVAと渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、THE ZOOT16)が設立したブランド・HEADSとコラボした跳ね上げ式メガネ・サングラス「GOTOWN CYBORG」のサンプル品の展示と受注も行われる。

会期中は全日、西寺が在廊予定で、「誕生月祝いな感じで会いに来てもらえると喜びます!」とコメントしている。

西寺郷太(NONA REEVES)コメント

10代の時に一人で試行錯誤して、カセット・テープに多重録音していた曲達があります。一生懸命でなんだかこれはこれでパワーがあって。
13歳から、NONA REEVES がバンドとして軌道に乗る1995年夏までに録音した9年間のデモ・テープ。それらを50歳になるタイミングで一度まとめたのを軸に、手書きの歌詞やイラスト、絵などを公開する史料展を開催します。「こんまり」さん風に言えば「これまでの創作や創作過程で残してきた、ときめくもの」という感じでしょうか……。なんだか亡くなった人を追悼するイベントみたいですが、生きている間にまず自分でトライ。在廊していますので、誕生月祝いな感じで会いに来てもらえると喜びます!

50TAMaRCHIVE (ゴータマァーカイヴ)1973-2023 史料展

2023年10月30日(月)~11月5日(日)東京都 kit gallery

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

堂島孝平

堂島孝平の「生誕フェス」、1カメ配信が決定

3日
「ある日、下北沢で」キービジュアル (c)TOKYO MX/BS11

鈴木愛理ドラマ「ある日、下北沢で」に曽我部恵一、西寺郷太、おかもとえみ、高野洸、ピエール中野ら

3日
レキシ

レキシが本格的に再始動、記念碑的なあの場所で東阪ワンマン開催

10日
「西寺郷太のPOP FOCUS」

ノーナ西寺郷太が「ひょうきん族」のエンディングテーマを解説

15日
竹内朱莉

竹内朱莉がお祝いに!堂島孝平「生誕フェス」出演

約1か月
「坂本真綾 LIVE TOUR 2023『記憶の図書館』」東京公演の様子。(撮影:羽田誠 / 原田捺未)

坂本真綾2024年のライブ初め、いろんな感情の真ん中を突っ切って歩いていくための力を

約1か月
藤井隆

藤井隆&後藤輝基がスプリットツアー、SLENDERIE RECORD10周年イベントも開催決定

約2か月
NONA REEVESのライブの様子。(Photo by KEITA FUKUMI @ktagrant)

NONA REEVES恒例のクリスマスライブ生配信決定

2か月
酒場食堂「福井・超グルメフェア」ビジュアル

小宮山雄飛と西寺郷太が福井の魅力をPR、渋谷「酒場食堂」で

3か月
堂島孝平

堂島孝平が「生誕祭」を卒業、来年からは「生誕フェス」に

3か月