JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ハルメンズのオープニングアクトに前身バンド・少年ホームランズ、45年ぶり復活

ハルメンズ
7か月前2023年12月22日 3:05

ハルメンズのライブイベント「ハルメンズとホームランズのデラックスな夜」が3月15日に東京・新宿LOFTで開催される。

ハルメンズのベストアルバム「ハルメンズ・デラックス」の発売40年を記念して行われる本公演には、2020年にデビュー40周年記念ライブのために集まった“新生ハルメンズ”が出演。オープニングアクトは今回45年ぶりに復活するハルメンズの前身バンド・少年ホームランズが務める。なお“新生ハルメンズ”はオリジナルメンバーであるサエキけんぞう(Vo)、泉水敏郎(Dr)、石原智広(B)にサポートメンバーとしてハヤシヒロユキ(G / POLYSICS)、武田理沙(Key)、吉田仁郎(G)で構成されている。

チケットは1月13日にイープラスにて発売される。

サエキけんぞう コメント

ハルメンズの今を作り出した『ハルメンズ・デラックス』から40年が経ちました。このアルバムは、『ハルメンズの近代体操』と『ハルメンズの20世紀』から仲良く曲を集めたアルバムでした。僕は結成間もないパール兄弟の窪田晴男に「昆虫群」のリミックスを依頼し、上野耕路はゲルニカ、泉水敏郎と比賀江隆男はヤプーズとして活躍するなど、明るい未来が感じられる時期で、大変に好評を博したアルバムとなりました。ライブではその中の曲を中心にお届けしたいと思います。また。ハルメンズの前身ともいえる少年ホームランズを45年ぶりに再結成することになりました。惜しくも2023年に閉館となった「津田沼パルコ」を歌った「メロウ野郎in津田沼パルコ」「俺はペーペー」など、原点となった代表曲を久々に歌いたいと思います。

ハルメンズとホームランズのデラックスな夜

2024年3月15日(金)東京都 新宿LOFT
<出演者>
ハルメンズ / 少年ホームランズ

関連記事

映画「PASSION MANIACS マニアの受難 MOONRIDERS THE MOVIE」より。(C)2006 MediaCraft/White Noise Production

ムーンライダーズ3カ月連続特集、映画「マニアの受難」や野音ライブをテレビ初放送

10日
「アーバンギャルド presents 鬱フェス2024」告知ビジュアル

アーバンギャルド主催イベントにPOLYSICS、ももすももす、小林写楽、アマイワナ、HONEBONE

21日
「MINATO RISE」メインビジュアル

静岡・焼津漁港の無料フェスにPOLYSICS、人間椅子、D.W.ニコルズ、在日ファンクら

22日
「UKFC on the Road 2024」告知ビジュアル

大阪で開催「UKFC」にAge Factory、ART-SCHOOLが出演

23日
POLYSICS

POLYSICS、2005年発表アルバム「Now is the time!」サブスク解禁

約1か月
加藤和彦が登場する「NO MUSIC, NO LIFE.」意見広告ポスターのサンプル画像。

加藤和彦がタワレコポスターに登場、映画公開に寄せた岩井俊二や木村カエラからのコメント到着

約2か月
the telephones「Life Is a D.A.N.C.E.」配信ジャケット

the telephones、19曲入りフルアルバムの収録内容発表

2か月
the telephones、4s4ki「Pink Gang」ジャケット

the telephonesが4s4kiとのコラボ曲「Pink Gang」配信、結成19周年で19曲入りアルバム発売

3か月
「OTODAMA'24~音泉魂~『必死のパッチで20年目!大感謝祭』」メインビジュアル

「OTODAMA'24~音泉魂~」全42組の入浴順決定、トリは四星球&Cornelius

4か月
「YATSUI FESTIVAL! 2024」キービジュアル(イラストレーション:我喜屋位瑳務 / トータルアートディレクション:太田雄介)

「やついフェス」に小山田壮平、藤巻亮太、ヘルシンキ、TENDOUJI、POLYSICS、ゆうらん船ら

5か月