JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

安田成美「風の谷のナウシカ」40周年で細野晴臣がリメイク、「HOSONO HOUSE」以来の難関

安田成美「風の谷のナウシカ(2024 ver.)」 / 「銀色のハーモニカ(2024 ver.)」配信ジャケット
2か月前2024年01月25日 10:04

安田成美の歌手デビュー曲「風の谷のナウシカ」と4thシングル「銀色のハーモニカ」が細野晴臣によりリメイクされ、1月31日に配信リリースされる。

「風の谷のナウシカ」は、1984年に公開された宮崎駿監督のアニメーション映画のテーマ曲。楽曲リリースから今年で40周年を迎えたことを機に、安田が「風の谷のナウシカ」に再挑戦したいと作曲者の細野にリクエストしたことがきっかけでリメイクされることとなった。なお「風の谷のナウシカ(2024 ver.)」にはアレンジとコーラスで原田郁子(クラムボン)、アレンジおよびギターとフルート演奏で角銅真実が参加している。

今回のリメイクについて「自分のデビュー盤だった『Hosono House』を再録音して以来の難関」だったと言う細野は、自分の中に狂気を見出すほど「何度もミックスをやり、磨いてはまた磨くということをやり続け」「そこに残ったのは音響というよりも、『人はなぜ傷つけ合うの?』という問いであり、それは『安田成美』が時を経て届ける手紙なのだと思っている」とコメントしている。

細野晴臣 コメント

安田成美さんから「風の谷のナウシカ」に再挑戦したい、というリクエストを頂いたのは2023年の夏だった。あのシングルが発売されたのが1984年なので、今年が丁度40周年だということが、安田成美さんを突き動かしたのだと思う。17歳だった成美さんは今も変わらず当時の面影のままだが、家庭を守り育てた母親でもある。そしてその歌声を聴けば、母性と少女性が重なっているような、不思議な気持ちになる。それにしてもこの2曲の再録音は自分にとって大事な仕事になった。(数年前に自分のデビュー盤だった「Hosono House」を再録音して以来の難関だ。)80年代の音楽を今の時代にどう表現できるのか、そのため今回ほど没頭したことはなかった。何度もミックスをやり、磨いてはまた磨くということをやり続け、(自分の中に狂気を感じたほどだ。だがこれは職人気質なのだと思い直し、)ついにやり遂げたという日が来た。その結果がここにある。そして今、そこに残ったのは音響というよりも、「人はなぜ傷つけ合うの?」という問いであり、それは「安田成美」が時を経て届ける手紙なのだと思っている。

関連記事

「角銅真実 Live at 能楽堂『緑光憩音』」告知ビジュアル

角銅真実の能楽堂ライブ、チケット完売を受け追加公演決定

約23時間
「FUJI & SUN'24」出演アーティスト第4弾告知ビジュアル

「FUJI & SUN」にcero、ペトロールズ、Hedigan's、ネバヤン、HIMI、Chappoら追加

9日
「FESTIVAL FRUEZINHO 2024」ビジュアル

「FESTIVAL FRUEZINHO」第1弾発表でムラトゥ・アスタトゥケ、折坂悠太、角銅真実×小暮香帆の波²

15日
「緑光憩音2024HARU」告知ビジュアル

角銅真実、NakamuraEmi、七尾旅人が能楽堂でライブ 月見ル君想フがプロデュースする「緑光憩音」

17日
安部勇磨「冬越え」配信ジャケット

「細野さんが聴いたらなんて言うかな」安部勇磨が「冬越え」カバー

17日
Chappo

Chappoのデビュー物語(後編)|紆余曲折の4年間を経て

18日
Chappo

Chappoのデビュー物語(前編)|細野晴臣のひと言でバンド結成

19日
フィフィ・ザ・フリーの「栄光の朝」ジャケット

アルファ55周年プロジェクト第1弾でフィフィ・ザ・フリー、ガロ、フォージョーハーフの3作品再発

30日
伊藤大地

伊藤大地が脳内を大興奮させるドラム名曲を紹介

約1か月
「ユリイカ2024年3月臨時増刊号 総特集=92年目の谷川俊太郎」書影

谷川俊太郎特集「ユリイカ」増刊号に原田郁子、柴田聡子、小室等が寄稿

約1か月