JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が語る軽音楽部の魅力

ASIAN KUNG-FU GENERATION
約1か月前2024年04月06日 10:06

春は進学の季節。この連載では軽音楽部で新たにバンドを始める若者に向けて、軽音出身ミュージシャンがエールを送る。第6回はASIAN KUNG-FU GENERATIONの喜多建介(G, Vo)が登場。軽音で過ごした若かりし日のエピソードを語るほか、「初心者がコピーするならこの曲!」をテーマに選曲したプレイリストを発表する。

構成 / 安部孝晴

軽音に入ったきっかけ

とにかくバンドが組みたくて。

当時担当していたパート

ギター

当初はギターボーカル志望でしたがゴッチに出会えたので早々にあきらめました。

当時組んでいたバンド名

ASIAN KUNG-FU GENERATION

すでにバンド名はゴッチにより決められていました。

当時コピーしていた楽曲

Oasisの「Live Forever」を最初に合わせましたが、数曲コピーをしたのち、すぐにオリジナル曲を作り始めることに。

プロ志向の有無

メンバーがみんな、1回就職したあたりから具体的に話し合うようになりました。

軽音で得たもの

音楽好きの仲間たち(先輩、後輩含め)

最も印象的なエピソード

軽音部の仲間とは今でも年に1回くらい会って一緒にスタジオで音を出したりしているので、なかなかかけがえのない関係になってきています。音楽やバンドが好き、というのがおじさんたちが集まっちゃう理由でしょう。おじさんになってもやっぱり楽しかった!

部室あるある

演奏しているところを見たことない先輩がいる(人気者でいつもいるが何のパートかわからない)。

これからバンドを始める若者に伝えておきたいこと

メンバーと一緒に音を出すのは楽しいぞ。

初心者がコピーするならこの曲!

・Ramones「Blitzkrieg Bop」
・The Presidents Of The United States Of America「Lump」
・Fountains Of Wayne「Denise」
・Green Day「She」
・Foo Fighters「Big Me」
・Ash「Kung Fu」
・Weezer「Why Bother?」
・Jimmy Eat World「Sweetness」
・The Who「I Can't Explain」
・The Beatles「Eight Days A Week」

バンドのみんなで合わせたら、きっと楽しいであろう曲たちを選んでみました。

プロフィール

喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

1977年1月24日生まれ、神奈川県出身。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのリーダー。主にギターとコーラス、曲によってはメインボーカルを担当している。2003年にミニアルバム「崩壊アンプリファー」でメジャーデビュー。2021年に結成25周年を迎え、2023年7月に江ノ電の15駅をモチーフにしたアルバム「サーフ ブンガク カマクラ(完全版)」を発表し、2024年3月に同アルバムのアナログ盤をリリースした。

ASIAN KUNG-FU GENERATION|オフィシャルサイト
ASIAN KUNG-FU GENERATION|X
ASIAN KUNG-FU GENERATION|Instagram

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

君島大空「no public sounds」ジャケット

君島大空が大賞受賞!アジカン後藤の音楽賞

7日
「FUJI & SUN」会場イメージ

「FUJI & SUN」アジカン、折坂悠太、カネコアヤノ、森山直太朗のライブ映像公開

13日
ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンはメジャーデビュー20周年、伊地知潔は加入25周年 リクエストライブでファンに感謝

16日
藤巻亮太

藤巻亮太のマンスリーツーマン企画にchay、Rei、後藤正文

約1か月
「KITASAN ROLLING 2024」ロゴ

群馬「KITASAN ROLLING 2024」にアジカン、すりぃ、クリープハイプ、サバシスター追加

約1か月
「SPACE SHOWER TV 35th ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2024」ロゴ

昨年の「ラブシャ」ライブ映像をYouTubeで1回限り公開、今晩より3日連続

約1か月
後藤正文

“後藤正文”名義の初音楽作品はドローン / アンビエントアルバム、坂本龍一の影響を受け制作した5曲入り

約1か月
「マイナビ 閃光ライオット 2024 produced by SCHOOL OF LOCK!」キービジュアル

「閃光ライオット」特別審査員にアジカン山田貴洋、ガリレオ尾崎雄貴&岩井郁人、グランジ遠山

約2か月
「FUJI&SUN」キーカット

アジカン、木村カエラ、エゴ、ネバヤンら10組の「FUJI & SUN」ライブ映像を立体音響で配信

約2か月