JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

柏木悠、初の単独主演ドラマは「みんなに笑ってもらえる素敵な作品」福澤侑&石川凌雅と撮影を振り返る

左から福澤侑、柏木悠(超特急)、石川凌雅。
約1か月前2024年04月18日 3:04

柏木悠(超特急)が主演を務めるドラマ「ゴーストヤンキー」の放送が本日4月18日よりMBS・テレビ神奈川ほかでスタートする。オンエアに先駆け、柏木と共演の福澤侑、石川凌雅が音楽ナタリーの取材に応じた。

MBS、テレビ神奈川ほかでオンエアされる「ゴーストヤンキー」は、人生に絶望した少年が、ひと癖もふた癖もある“幽霊の昭和ヤンキー”たちと邂逅する完全オリジナルストーリーのドラマ。柏木は、ケガで陸上選手の夢を絶たれた主人公・風町トゲル役を務める。福澤は、霊界で約40年前から成仏できていない昭和のヤンキーグループ「わんぱく団」のメンバー・吾郎を、石川は現在はわんぱく団と敵対するグループ「暴霊族」の一員であるバーチを演じる。

“昭和のヤンキー”という役柄に挑戦した石川と福澤。自身が演じたキャラクターについて、石川は「見た目はクールだけど内面は熱いのが魅力的」と、福澤は「ボケ7割、ツッコミ3割くらいのヤツなんですけど、バーチとは違う優しさとストレートさを持っていると思います」と印象を語った。そんな2人と霊界で出会う現代の青年・トゲルを演じた柏木は「トゲルは令和を生きる人なのであまり役を作り込むことはしませんでした」と切り出し「そのままでいきながらも、昭和のヤンキーと出会って変わっていく心情を大切に。それをどう演技で表すかを大切にしながら作品に向き合っていけたと思います」と明かす。役柄と自分との共通点または相違点については、福澤が「真面目に生きてきたのでツッパったこともないですし、人様に『このヤロウ』とか言ったこともないですし……」と真剣な表情で語って柏木と石川を笑わせる中、石川は「劇中では髪を青くしていたんですけど、僕は青が好きなんです。バーチも同じなのかなって」と共通点を見出す。一方で柏木は「トゲルが挫折する場面があるんですけど、僕はまだ大きな挫折を経験していないので、そこが違うかなと思います。ほかは似ているところが多々あるかな」と分析した。

昨秋に放送された「君には届かない。」で連続ドラマほぼ初出演ながら前田拳太郎とのダブル主演を務めた柏木は、瑞々しく自然体な演技で俳優としても一躍注目の的となった。「演技をやってみると楽しくて。なんでもモノは経験だなというか、やっていく中で“正解”やいろんなことが見えてくるので、チャレンジしてみてよかったなと思います」と振り返った柏木は、周囲の反響について「SNSのフォロワー数だったり、個人ファンクラブへの反響だったり、そういった場所で形として現れているのかなと思います」と語る。今作「ゴーストヤンキー」は、柏木にとって初の単独主演ドラマとなる作品。撮影現場での柏木の佇まいについて、石川は「堂々としていて頼もしかったです。誰に対しても分け隔てなく接してくれるし、最初からそういう印象があったおかげでスムーズに撮影が進んだと思う」と語り、福澤も「すごく自然体なんですよね。トゲル役にピッタリだと思ったし、お芝居をしていてもやりやすくて。悠はいいパッションを持っていて、そのパッションでぶつかってきてくれるから、こっちも『いいものを返さなきゃ』と思わせられるというか。すごく楽しかったです」と印象を明かした。

一方、柏木も石川や福澤をはじめとした共演者の演技に刺激を受けたそうで「ホントに昭和の時代に来たかのような錯覚にしてくれる方々で。それは演技力あってこそのことだと思いますし、僕は皆さんの演技力に助けられました」と笑顔で返す。「皆さんいい人でした、本当に」と振り返った柏木は「ここにはいないけれど、小坂涼太郎くんや寺坂頼我くんも、撮影が早く終わった日に一緒にごはんに行っていろんな話をしたり。歳が離れていても、フレンドリーに接してくれたのがうれしかったです」と、共演者との思い出を明かした。

今作の見どころの1つであるアクションシーンについては「アクション部の方からは『本当に当てていい』と言われたんですが、どうしても殴る、蹴ることに慣れていないもので。そこは苦労しました」と石川。福澤も「筋肉痛になりました」と笑い「空振る前提でフルスイングをするので、やっぱりそれは使ったことのない動きなんだなって。普段から体を動かしているし筋肉痛にもならないんですけど、自分の体がびっくりしていました(笑)。自分はまだ筋肉痛になれるんだ!って、新鮮でした」と続く。そして柏木も「アクションレッスンで教わる動きでも、本番での感覚は全然違うんです。カメラ位置によっても殴る場所が変わってきたりするので、その場その場での対応が大変でした」と、初挑戦のアクションについて語った。

そして、3人は劇中で演奏シーンにも挑戦している。これについて石川は「僕はギターボーカルだったんですが、本当にライブをしている感覚になって、トゲルとわんぱく団のみんなで心から楽しめました」とコメント。福澤も「仲がいいぶん、パフォーマンスもいい空気感の中でやれたよね。リアルに目を合わせたり絡んでみたり、役としても自分としても楽しめました」と続き、柏木は「エキストラの皆さんも盛り上げてくれて、わんぱく団のファンの方なのかなと思うくらいでした。すごく演技しやすかったです」と振り返る。わんぱく団がTHE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIALの「バイバイOld Rock'n Roll」を劇中でカバーしていることにちなみ「皆さんそれぞれにとっての“懐メロ”は?」と問うと、石川は「初めて携帯用音楽プレイヤーを手にしたときに入れた曲」としてORANGE RANGE「以心電信」をチョイス。福澤はSMAP「青いイナズマ」を挙げ「初めてしっかり音楽を聴いたのがSMAPさんの曲なんです。家にSMAPさんのライブビデオがけっこうあって、映像でもよく観ていて。SMAPさんに刺激を受けてこの世界に入ったと言っても過言ではないくらい」と深い思い入れを明かす。柏木は悩んだ末「お母さんがアムラーなので、安室奈美恵さんの曲は聴くと『懐かしい』と思っちゃいます。車の中でずっと流れていたんです。親の影響で安室奈美恵さんの曲は歌えます」と明かした。

最後に柏木は「コメディの要素が強いので、みんなに笑ってもらえるような素敵な作品になっていると思います。気軽に観てもらえたらハマっていただけるはずです! 物語の終盤への展開も面白いので、ぜひそういうところにも注目して」と作品をアピール。自身の今後の俳優活動についても「どんどん挑戦していけたらという気持ちです。これから先もいろいろな作品にたくさん出られるようにがんばっていきたいと思います」と、さらなる意欲を見せていた。

ドラマ特区「ゴーストヤンキー」初回放送

MBS

2024年4月18日(木)24:59~

テレビ神奈川

2024年4月18日(木)23:30~

チバテレビ

2024年4月19日(金)23:00~

とちぎテレビ

2024年4月25日(木)22:30~

テレビ埼玉

2024年4月24日(水)24:00~

群馬テレビ

2024年4月25日(木)23:30~

スタイリスト:Shinya Tokita / ヘアメイク:佐鳥麻子

関連記事

菅井友香と草川拓弥(超特急)。

草川拓弥「ビジネス婚」会見 主題歌に心弾ませ“13頭身”に悩み、菅井友香の「面白い」に照れ笑い

約2時間
超特急

超特急“8号車の日”今年は横浜BUNTAIで2日間!前説は稜海

約9時間
「VOCE」7月号増刊表紙(c)講談社

超特急タクヤ、アロハ、ハルが「VOCE」表紙飾る!スタイリッシュ&カジュアルに見せる“ゼロ距離の絆”

3日
「ビジネス婚─好きになったら離婚します─」キービジュアル(c)「ビジネス婚」製作委員会・MBS

菅井友香×草川拓弥「ビジネス婚」主題歌は超特急&チョーキューメイ「まさにMEMORIAるな思い出に」

4日
超特急

超特急が都内奔走「わらしべ長者バトル」明日完結!獲得アイテムの鑑定結果は

7日
超特急

超特急のアリーナツアーより「Countdown」映像公開、未公開カット含む新規編集版

8日
T.C.R.横浜銀蝿R.S.

わんぱく団バンドにポルターガイスト大作戦!「ゴーストヤンキー」映像満載の横浜銀蝿「昭和魂」MV

11日
下段左から浪岡一喜、森次政裕(超特急)、上段左から宮島優心(ORβIT)、伊万里有、京典和玖。

森次政裕“超特急式円陣”で仲間と駆け抜ける!初主演舞台開幕に思い語る、浪岡一喜は座長の姿勢に太鼓判

12日
「EBiDAN応援広告」告知ビジュアル

「EBiDAN応援広告」受付スタート!ファン主導で広告掲出可能に、ジェイアール東日本企画がサポート

13日
「EBiDAN THE LIVE CRUISE 2024」ロゴ

EBiDAN大集合「EBiDAN THE LIVE」今年も代々木で2日間3公演開催!テーマは“豪華客船”

13日