JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

NEWS加藤シゲアキが再び短編映画を監督、山田孝之ら発足の映画制作プロジェクトで「すごく光栄な機会」

左から加藤浩次(極楽とんぼ)、加藤シゲアキ(NEWS)。(c)2024 MIRRORLIAR FILMS PROJECT
約1か月前2024年04月19日 8:05

加藤シゲアキ(NEWS)、加藤浩次(極楽とんぼ)が、2025年5月公開予定のオムニバス映画「MIRRORLIAR FILMS Season7」内のショートフィルムでそれぞれ監督を務める。

「MIRRORLIAR FILMS」はクリエイターの育成発掘を目的に、映画プロデューサーの伊藤主税、俳優の阿部進之介、山田孝之らが立ち上げ短編映画制作プロジェクト。“変化”をテーマにしたSeason1~4は、36本のショートフィルムが発表された。Season5~8では企業版ふるさと納税の制度を活用した行政の地域振興事業の一環に。地域の魅力のアピールや人々の交流など、映画製作を通しての地方創生が趣旨となる。

加藤シゲアキが映画監督を務めるのは2022年発表のショートフィルム「渋谷と1と0と」以来、約2年ぶり2度目で、加藤浩次はこのショートフィルムが初監督作品となる。2人が監督を務めるショートフィルムは、2025年5月1日に愛知県東海市にて開館予定の新施設・東海市創造の杜交流館のオープニング作品として上映される。東海市創造の杜交流館は歴史、映像(映画)、交流をキーワードにした、建築家の隈研吾が設計を手がける施設。映画が上映できる映像ホールや、美術展示やインスタレーションが可能な多目的ギャラリー、映像制作ができる編集室や収録撮影スタジオなどを内包する。

加藤シゲアキはこのたびの発表に際して、「愛知県東海市と一緒に組んでやるということや、隈研吾さんの新しい施設で公開してもらえるということで、すごく光栄な機会に恵まれて、2025年のことではありますが、今からワクワクしております」とコメントしている。

加藤シゲアキ(NEWS)コメント

私は普段、NEWSというグループでアーティスト活動をしていますと同時に、小説家としても10年以上活動をさせていただいております。たくさん物語は作ってきたので、そういったご縁から、今回、ミラーライアーフィルムズにお声がけいただいたのかなと思っておりますが、小説と連動して以前、ショートフィルムを撮ったこともあるので、今回が2度目の短編映画の監督という形になるかと思います。
今回、愛知県東海市と一緒に組んでやるということや、隈研吾さんの新しい施設で公開してもらえるということで、すごく光栄な機会に恵まれて、2025年のことではありますが、今からワクワクしております。
どんな作品を作るのかはまだ具体的には決め切れていないのですが、東海市と一緒にやるからという、ならではのものができればと、それこそ、加藤シゲアキならではのもの、今から必死に知恵を絞って考えていきたいなと思っておりますし、見ていただいた方、撮影に関わった現場、全ての方が、やってよかった、見てよかったと思えるような現場づくりを目指し、いい作品を届けて参りたいなと思います。
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。来年、作品を見てもらえる日を楽しみにしております。

加藤浩次(極楽とんぼ)コメント

今回東海市でショートフィルムを撮ることになりましたけれども、ちょっとびっくりしました。僕自身、ずっと映画は好きでずっと見ていましたが、ショートフィルムを監督するのが自分なんかで大丈夫なのかなと思ったんですけど、やるとなったら、東海市の皆さんに協力を得ながら、精一杯、脚本も監督も自分でやろうと思っています。ロケも当然、東海市でします。もし、これから僕が東海市でロケしていたら、皆さん、気軽に声をかけてください。あの、本番中は静かにしてください!笑
どんな作品になるかというと、今ちょっと考えているのは、ワンシチュエーションでやるかどうかは分かりませんが、ひょんなことから、いろんなことが巻き込まれて、いろんな人の人生が変わっていくようなショートフィルムを考えています。
今回、隈研吾さんが設計なされた新施設でお披露目ということで、ちょっと本当に緊張はするのですが、頑張って作りたいと思いますので、皆さん、応援、よろしくお願いします。また、会いましょう!

建築家・隈研吾 コメント

歴史ある地域と新しい世代を繋ぐ、大きな道が通る建築をつくりました。
映像文化の新しい道となる挑戦的な枠組みの中で、見たことのない作品が生まれることを楽しみにしています。

愛知県知事・大村秀章 コメント

この度、ミラーライアーフィルムズ Season7の東海市における制作が決定されましたことを、心よりお慶び申し上げます。
このプロジェクトでは、タレントの加藤浩次さん、俳優で小説家の加藤シゲアキさんがそれぞれ監督される作品に加え、市民参加型のワークショップを通じた地域特別短編映画の制作も計画されていると伺い、市民の皆様、一人ひとりが、深く関わる機会を得られることに、大きな可能性と価値を感じています。
市内の各所で撮影が行われるだけでなく、完成までの過程で、地域の皆様が参画されることにより、東海市の魅力をさらに深く掘り下げ、多くの人々に愛される作品となることと思います。私自身、作品の完成を大変楽しみにしております。
また、隈研吾さん設計の新施設「東海市創造の杜交流館」は、「横須賀文化の発信拠点」「映像(映画)を中心とした創造活動の場」「多世代交流の場」を基本コンセプトとされていると伺っており、オープニングあたり、施設のコンセプトに通じるプロジェクトの作品が上映されることは、東海市の魅力を発信する素晴らしい機会になると確信しています。
このプロジェクトが、地域の新たな価値の創造と交流のきっかけになるとともに、素晴らしい作品の誕生につながることを、心より祈念いたします。

関連記事

「ヤマトパンクスの銀河巡礼概論」告知ビジュアル

忘れらんねえよ柴田、NEWS増田がお笑いラジオ「GERA」プレミアムウイークに登場

約13時間
「LuckyFes'24」出演アーティスト一覧

「LuckyFes'24」にNEWS、Xdinary Heroes、KISS OF LIFE、知英、一青窈、ファンモンら追加

約20時間
STARTO for you「WE ARE」ジャケット

STARTO社から14組参加のチャリティCD「WE ARE」リリックMVを公開

10日
左からあの、ヒコロヒー、大橋和也(なにわ男子)、長嶋一茂、加藤浩次(極楽とんぼ)、松下奈緒、松田好花(日向坂46)、中岡創一(ロッチ)。(c)日本テレビ

松下奈緒、大橋和也、あの、松田好花が日テレバラエティ「この後どうする?密着TV」に出演

29日
NEWS「NEWS 20th Anniversary LIVE 2023 NEWS EXPO」初回盤ジャケット

NEWS、20周年記念ツアーのBlu-ray&DVDジャケット公開

約1か月
左からみきママ、小山慶一郎(NEWS)。

NEWS小山慶一郎が姉の料理研究家みきママとWeb連載「成長する気は満々です!」

約1か月
(c)ナタリー

STARTO所属14組による大型イベント、京セラドーム公演の生配信決定

約1か月
STARTO for you「WE ARE」ジャケット

14組参加のSTARTO社チャリティCD詳細明らかに、特典は京セラドームパフォーマンス映像

約1か月
「METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2024」ロゴ

「METROCK」最終追加にNEWS、出演日は

約2か月