「ピエール瀧の23区23時」セカンドシーズンがnoteで連載開始

「ピエール瀧の23区23時」セカンドシーズンがnoteで連載開始

ピエール瀧

ピエール瀧(電気グルーヴ)の連載「ピエール瀧の23区23時 セカンドシーズン」が、瀧の54歳の誕生日である本日4月8日にnoteにてスタートした。

「ピエール瀧の23区23時」は瀧が東京23区の各区を夜中に散歩した際の出来事を記録する“自由徘徊実験企画”で、2012年には書籍化もされた。セカンドシーズンの初回「江東区編」は2万5000字超えのボリュームで、撮り下ろし写真も多数掲載されている。聞き手および構成は瀧と親交の深いライター・カルロス矢吹、撮影は横井明彦が担当。題字は天久聖一が手がけた。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL