JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

河口恭吾がFLYING KIDSとのコラボ曲配信、ジャケ画は浜崎貴司の描き下ろし

3年以上前2020年11月12日 3:04

河口恭吾が、FLYING KIDSとのコラボシングル「マイ・アイデンティティー(feat. FLYING KIDS)」を11月18日に配信リリースする。

河口はFLYING KIDSの浜崎貴司と同じ栃木県出身。「マイ・アイデンティティー」は浜崎が作曲と編曲を含むトータルプロデュースを手がけた楽曲で、未練の残る彼女への思いと自責の念など、複雑に渦巻く葛藤を描いたアッパーチューンとなっている。歌詞は河口と浜崎による共作で、演奏はFLYING KIDSが担当した。またジャケットには浜崎による手描きイラストが採用されている。

河口はコラボシングルのリリースを記念して、11月20日(金)に自身初の有観客&配信ライブを東京・eplus LIVING ROOM CAFE&DININGで開催する。2000年11月に「真冬の月」でデビューしてから20周年を迎えた河口の今後の活動に注目しておこう。

河口恭吾 コメント

自分の心の奥底にあるものを、いつも引っかかってるのになかなか手が届かない場所にあるものをほんの数分間の会話の中から楽曲にしてくれた浜崎さんに感謝です。ソングライターとしての新しい切り口を教えてもらった気がします。フライングキッズのグルーブに乗ってこの美しい楽曲がたった一人でも良いから心に深く突き刺さりますように!

浜崎貴司 コメント

河口君がいつも歌っている、普通に暮らす人たちの青春が好きで、そこをうまく表現出来たらなと思いました。河口恭吾とFLYING KIDSのコラボは想像以上の青春大爆発! 新たな河口恭吾の誕生! 最高です。

河口恭吾 Streaming LIVE

2020年11月20日(金)東京都 eplus LIVING ROOM CAFE&DINING
OPEN 18:30 / START 19:30
入場チケット販売URL:https://eplus.jp/sf/detail/0010680001?P6=001&P1=0402&P59=1
配信チケット販売URL:https://eplus.jp/sf/detail/0010680003?P6=001&P1=0402&P59=1

関連記事

「FUJI ROCK FESTIVAL '24」出演アーティスト

フジロックにgroup_inou、ラッキリ、KEN ISHII追加 Gypsy Avalonなど6ステージの出演者も

13日
加藤和彦が登場する「NO MUSIC, NO LIFE.」意見広告ポスターのサンプル画像。

加藤和彦がタワレコポスターに登場、映画公開に寄せた岩井俊二や木村カエラからのコメント到着

14日
「MUSiC KAMMER」ビジュアル

かまいたちMCの音楽特番にJO1與那城奨&河野純喜、OWV、チリビ、ふるっぱー、yamaら14組

3か月
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2024 supported by 奥村組」メインビジュアル

「ギタージャンボリー」大木伸夫、Kenta Dedachi、カネコアヤノ、崎山蒼志の出演決定

3か月
「麦ノ秋音楽祭2024 #Harvest」出演者第2弾告知ビジュアル

「麦ノ秋音楽祭」に坂本美雨×関口シンゴ×ユザーン、MONKEY MAJIK、藤原さくら×優河

4か月
「浜崎貴司GACHIスペシャル in 国宝松江城2024」告知ビジュアル

浜崎貴司の松江城ライブにトータス松本&小泉今日子

4か月
FLYING KIDS「じゃーね」配信ジャケット

FLYING KIDS、“別れがたい思い”テーマの新曲「じゃーね」配信

5か月
「浜崎貴司GACHIスペシャル in 国宝松江城2024」第1弾出演アーティスト

松江城で浜崎貴司、奥田民生、岸田繁、山内総一郎が弾き語り

5か月
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2024 supported by 奥村組」出演アーティスト第1弾

「ギタージャンボリー」第1弾発表にトータス松本、竹原ピストル、初登場の浜崎貴司、阿部真央ら

6か月
浜崎貴司

浜崎貴司、2000年代ソロ6作品を配信 新しいスタイル構築していた時期

7か月