JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ももクロ「ももいろ歌合戦」で届けた希望の光、豪華出演者&レアなコラボで大盛況の8時間

2年以上前2022年01月03日 14:01

ももいろクローバーZが2021年12月31日から2022年1月1日にかけて東京・日本武道館で年越しライブイベント「第5回 ももいろ歌合戦」を開催した。

「ももいろ歌合戦」は2017年にスタートした大晦日恒例のライブイベント。ももクロと豪華出演者が紅組と白組の2チームに分かれ、全曲フル尺で歌合戦を繰り広げる。今回は「届け!希望の彼方へ」をテーマに2019年以来2年ぶりに有観客でライブが行われ、玉井詩織と佐々木彩夏が紅組、百田夏菜子と高城れにが白組の代表として対決。新型コロナウイルス感染拡大防止のための運営ガイドラインを策定し、問診票の記入や検温、アルコール消毒などの対策を徹底したうえで、多種多様なジャンルから総勢50組以上のゲストが集結した。イベントの模様はABEMA、BS日テレ、ニッポン放送、テレ玉、三重テレビ、チバテレで生配信、生放送され、熱く盛り上がる日本武道館の映像や音声が全国に届けられた。

オープニングムービーはももクロと縁の深い本広克行が監督。日本武道館へ向かうももクロが何者かに銃撃されているところを、2年連続で応援団長を務める舘ひろしがバイクに乗ってさっそうと助けに現れるという、派手なバイクアクションを取り入れた映像が上映された。そして日本武道館の前で舘が薔薇の花束を空へ投げると、そのシーンとクロスする形で場内のステージ上にも鮮やかに舞う薔薇の花びらが。メンバーとともに観客の前に登場した舘が開会宣言を行い、通算5回目の「ももいろ歌合戦」の火蓋を切った。花柳糸之社中が華麗な踊りでステージを彩る中、ももクロと総合司会の東京03が意気軒昂とした様子で挨拶。まずは木梨憲武(とんねるず)、遠藤章造(ココリコ)、堀内健(ネプチューン)、カンニング竹山がももクロの4人とともににぎやかに白組のトップバッターを飾る。一方、紅組からは「ももいろ歌合戦」で毎年ももクロの楽曲をカバーしている氣志團が1組目に登場し、「ピンキージョーンズ」のバンドアレンジで会場と画面越しのモノノフ(ももクロファンの呼称)のテンションを高めた。

その後は、ももクロと同じスターダストプロモーションに所属するSUPER★DRAGONや超ときめき♡宣伝部、シンガーソングライターのAnna、小学生限定の選抜育成プロジェクトCZ'21、ももクロと同時期にデビューした“同志“東京女子流、岡谷柚奈によるソロプロジェクト703号室、父・尾崎豊譲りの歌声を持つ尾崎裕哉、昨年より新体制で活動しているアップアップガールズ(仮)が次々に熱いライブを披露。「ももいろ歌合戦」の常連である塩乃華織、佐々木が総合プロデューサーを務める浪江女子発組合、昨年11月のザ・ドリフターズとももクロによる日本武道館公演に続いての登場となった高木ブー、仲本工事、高城によるユニット・イナズマこぶたランド、昨年新メンバーが3人加入した私立恵比寿中学も出演し、しっとりとした演歌あり、和やかなコントありの多彩なステージで日本武道館を興奮で包んでいった。

スターダスト所属の永野芽郁による応援コメント映像の上映後は、彼女の言葉をきっかけにアニソンヒットメドレーがスタート。オーイシマサヨシやスパドラ、エビ中の真山りか、BOYS AND MEN、戸田恵子、ファーストサマーウイカ、西川貴教が昨年ブームになった「呪術廻戦」「東京卍リベンジャーズ」や40年以上の歴史を持つ「機動戦士ガンダム」の楽曲など、子供から大人まで幅広い世代の胸に刺さるアニメソングの数々を実際のアニメ映像をバックに熱唱した。また、ももクロは映画「美少女戦士セーラームーン Eternal」の主題歌である「月色Chainon」を披露。リーダー百田は後輩グループのメンバーたちとキュートな魔法少女の衣装を身にまとい、2020年公開の映画版で声優として出演した「おジャ魔女どれみ」のオープニングテーマ「おジャ魔女カーニバル!!」も歌唱した。アニソンメドレーのラストは山野さと子、maoが「ドラえもん」の主題歌を歌い上げ、本企画の出演者たちを交えた豪華なステージでコーナーを締めくくった。

アニソンコーナーが終了した頃にはハッシュタグ「#ももいろ歌合戦」がTwitterトレンド1位に。歌合戦の盛り上がりが加速していく中、白組からはももクロ扮するももくろちゃんZがサンリオのキャラクターたちと一緒にステージに並び、「KAWAII FESTIVAL」「あんた飛ばしすぎ!! feat. ハローキティ」をかわいさたっぷりに歌う。これに負けじと紅組の佐々木はガレッジセール・ゴリ扮する松浦ゴリエと「Pecori♡Night」をコラボし、総勢49人のダンサーを従えて見事に息の合ったダンスを披露。さらにライブは上坂すみれとオーイシマサヨシがそれぞれ原点である初期曲を歌う注目の対決へと突入し、バラエティ豊かな組み合わせの歌合戦が続いた。このほか、歌の合間のトークパートに「M-1グランプリ2021」チャンピオンの錦鯉が駆けつけたほか、タイムテーブルで空白になっていたひと枠に加山雄三がサプライズでエントリーされ、ももクロと一緒に「旅人よ」を歌唱するという見逃せない場面が連続する。2年続けての出演となったHYDE、ももクロメンバーとドラマや映画で共演経験のあるMORISAKI WIN、アイドル界の大先輩・松本明子も歌で三者三様の世界観を表現。MORISAKIはももクロ「吼えろ」のカバー、松本は自身が始めた軽キャンピングカーのレンタカー業の宣伝をパフォーマンスに盛り込んで観客を楽しませた。

「ももいろ歌合戦」恒例企画である「最強アイドルメドレー」は、遠藤、カンニング竹山、百田、CZ'21によるチェッカーズ「ジュリアに傷心」で幕開け。松本と高城が超とき宣「すきっ!」を本人たちと歌ったり、ボーイッシュなルックスの小島はな(アメフラっシ、浪江女子発組合)がボイメン、スパドラとともにBTS「BUTTER」をキレのあるダンスでカバーしたりと、今回もレアなコラボ満載となった。エビ中やアプガ(仮)メンバーを含む特別編成での日向坂46「君しか勝たん」、佐々木や坂本遥奈(TEAM SHACHI)によるAKB48「根も葉もRumor」、百田と朝日奈央の同級生コンビを中心にしたDA PUMP「U.S.A.」などの多人数のパフォーマンスや、森口博子、妃海風、彩羽真矢、MAXらによる懐かしの楽曲の披露もあり、ジャンルやグループの垣根を越えたコラボに観客は終始夢中に。最後はメドレーの参加者全員がステージに上がる中、いぎなり東北産が「天下一品 ~みちのく革命~ 2020ver.」を熱唱した。

東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手を交えたトークのあとに披露されたのは、鮮やかな赤い着物に身を包んだ華原朋美による「I'm proud」と、ファンキー加藤とももクロが歌う田中投手の2021年度登場曲「吼えろ 2021」。その勢いのまま「第63回 日本レコード大賞」を受賞したDa-iCE、年輪を刻んだ唯一無二の歌声を持つ泉谷しげるのパフォーマンスが展開された。公演中盤には青木真也と大仁田厚による「ノーロープ電流爆破 負けたら即引退!?デスマッチ」が実施され、実況を清野茂樹アナウンサー、解説を豊本明長(東京03)、ゲスト解説をファンキー加藤が担当。リングアナウンサー・加藤憲のかけ声に合わせ、日本武道館の中央に設置されたリングに大仁田と青木が姿を現し、試合開始のゴングを合図にデスマッチをスタートさせた。均衡した闘いが続く中、開始3分が経過した時点で有刺鉄線電流爆破バットに高圧電流が流れ始め、大仁田が椅子に座らせた青木に向かってバットを振りかざすと、激しい音、煙とともにその体が吹っ飛ぶ。リングに倒れた青木にダウンのカウントが取られて大仁田の勝利が決定し、2人による「1、2、3、ファイヤー!」のかけ声で迫力の闘いが終幕した。

プロレスのコーナーが終わると、高城推しである阪神タイガース・佐藤輝明選手の応援コメント映像がサプライズで流れ、虎党(阪神ファンの呼称)の高城は大喜び。「男はつらいよ」の寅さんのものまねタレント・ゴジーラ久山による語りをきっかけに、2022年の干支である“虎”対決が始まった。まずは白組のMAXが「TORA TORA TORA(2019 Mix)」を披露し、阪神タイガースのマスコット・トラッキーをはじめとする虎のキャラクターや、覆面レスラー・タイガーマスクもそれぞれメッセージをつづったフリップを持ってステージに登場。曲の最後にそのフリップが裏返されると、「2022グッ“トラ”ック」という文字が浮かび上がった。対する紅組の高橋ジョージは“虎”つながりでTHE 虎舞竜「ロード」を歌い、力強くも哀感のある歌声を届けた。このブロックでは戸田、ファーストサマーウイカ、ウマ娘 プリティーダービー、森口、ゆいか(本仮屋ユイカ)、東京03の角田晃広もパフォーマンス。戸田による「強がり」には自身のソロコンサートで同曲をカバーした百田もデュエット相手として参加し、ウマ娘 プリティーダービーの「うまぴょい伝説」では、曲の途中からウマ娘を愛してやまない高城も“出走”して念願のコラボを実現させた。また昨年10月にアーティスト活動を始動させたゆいかはデビュー曲「HAPPY WEEKEND LOVE」で明るく優しい歌声を、角田は敬愛する長渕剛の楽曲「SUPER STAR」で情熱的な歌声とハーモニカの音色を響かせた。

笑福亭鶴瓶がピクトグラムのパフォーマンスに挑戦し、「ももクロ」という文字を表現するコミカルな応援映像を挟み、ライブは前回話題を呼んだ企画「今年の顔」へ。ひろゆきが出演するオープニングVTRでコーナーの開幕が告げられると、クレヨンしんちゃんのモノマネでピアノを弾き語りするまなまる、兄弟デュオ・もーりーしゅーと、昨年初の日本武道館公演を成功させたSaucy Dog、初のオリジナル曲「10月無口な君を忘れる」で大きな人気を集めたあたらよ、メディアに引っ張りだこの3歳の童謡歌手ののちゃん(村方乃々佳)、中居正広が命名した兄弟ユニット・鈴木鈴木、ももクロが会いたいという理由でオファーされたヒコロヒー、音楽系YouTuberのコラボユニット・しらスタ&虹色侍ずま&松浦航大という“2021年の顔”が矢継ぎ早に登場。東京2020オリンピック・パラリンピックで活躍したアスリートとして空手の植草歩選手、7人制ラグビーの加納遼大選手、車椅子ラグビーの島川慎一選手、小川仁士選手、中町俊耶選手もステージに上がり、ももクロからの感謝と友情の証として「TEAM DIAMOND FOUR」チャンピオンベルトを授与された。

次のブロックはももクロのレーベルメイトであるサイプレス上野とロベルト吉野のパフォーマンス、岡田将生からの応援コメント映像、ディズニー楽曲メドレーが続く構成に。ディズニーメドレーでは黄色のドレスを身にまとった妃海が、紫色のドレスを着た玉井とともに透き通った優雅な歌声で客席を包み込み、観る者を夢見心地にさせた。さらに西川による「WHITE BREATH」、松崎しげる「愛のメモリー」というももクロと縁の深い2人の代表曲が披露されると会場の熱気はより一層上昇。毎年恒例のヒプノシスマイクによる「特別応援ラップ」を経たイベント終盤では、NOKKO、さだまさし、大友康平(HOUND DOG)といったベテランのアーティストが貫禄あふれるライブを見せつける。さだは「第72回NHK紅白歌合戦」と同様に、東京・両国国技館でのカウントダウンライブからの中継という形で参加し、「案山子」を歌唱。続くs**t kingzのステージには玉井と佐々木もコラボユニット・Z♡♡princezとして加わり、ももクロの楽曲「華麗なる復讐」で迫力のダンスを繰り広げて観客の視線を釘付けにした。

開演から7時間近くが経過した頃、歌合戦はいよいよ最終対決に突入。白組のトリは初出演の吉田栄作が飾り、「人生はひとつ でも一度じゃない」を歌ったほか、百田とのユニット・MOAとして「今を抱きしめて」を熱のこもった歌声でデュエットした。一方、紅組のトリを務めたのは、吉田と同じく初出場の五木ひろし。堂々たる佇まいでステージに現れた五木は「契り」で芯のある美しい声を響かせ、観客の胸を強く打った。そしてすべての曲目が終了したところで、ABEMAの視聴者による投票とSNSでの投票の結果が集計され、初の紅組の勝利が決定。優勝旗を受け取った玉井は「勝ち負けは気にしないと思っていたんですけど、勝つとやっぱりうれしいものですね。これは紅組として参加してくださった素晴らしいアーティストの皆様のおかげです。紅組初勝利できました、ありがとうございます!」と笑顔を弾けさせた。盛大な拍手が沸き起こる中、今回も水前寺清子を中心に出演者たちが「三百六十五歩のマーチ」を最後に合唱し、2021年の締めくくりにふさわしい内容となった歌合戦の幕を閉じた。

歌合戦終了後はももクロの4人によるライブがスタート。今回も「行くぜっ!怪盗少女」がカウントダウンの曲に選ばれ、最新のAI技術を用いて加山の声や歌、姿を後世に残すプロジェクト“バーチャル若大将”とコラボする演出を交えつつ、ももクロは出演者や観客とともに華やかに新年を迎えた。その後、おなじみのSE「overture ~ももいろクローバーZ参上!!~」を挟んでライブを続行した4人は、定番曲「走れ!」でさらなる一体感を生み出し、Nintendo Switch用ゲームソフト「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」とのコラボソング「BUTTOBI!」では電車を模した振り付けでモノノフを笑顔に。長時間ステージに立ち続けてきた疲れを見せることなく、勢いそのままににぎやかなウインターソング「真冬のサンサンサマータイム」をパフォーマンスし、2022年初ライブを晴れやかに終えた。

なお「第5回 ももいろ歌合戦」のアーカイブ映像はABEMAにて視聴することができる。

ももいろクローバーZ「第5回 ももいろ歌合戦」2021年12月31日 日本武道館 セットリスト

白組

01. ももクロちゃんと木梨とココリコ遠藤とホリケンとカンニング竹山 / 「最高な毎日にするために自分からグイッと動き言葉に気をつけしかけは早め全て面白がり答えは追い追いやってくる」
02. 君は1000% / SUPER★DRAGON
03. 旅行計画 / Anna
04. ストロベリーフロート / 東京女子流
05. I LOVE YOU / 尾崎裕哉
06. きのくに線 / 塩乃華織
07. Diana / イナズマこぶたランド
08. サンリオキャラクターズ×ももくろちゃんZ♡KAWAII STAGE / サンリオキャラクターズ feat. ももくろちゃんZ
09. 革命的ブロードウェイ主義者同盟 / 上坂すみれ
10. 旅人よ / 加山雄三
11. パレード - PARADE / MORISAKI WIN
12. I'm proud / 華原朋美
13. CITRUS / Da-iCE
14. TORA TORA TORA(2019 Mix) / MAX
15. 強がり / 戸田恵子 feat. 百田夏菜子
16. うまぴょい伝説 / ウマ娘 プリティーダービー feat. 高城れに
17. HAPPY WEEKEND LOVE / ゆいか(本仮屋ユイカ)
18. よっしゃっしゃっす〆 / サイプレス上野とロベルト吉野
19. WHITE BREATH / 西川貴教
20. MOON / NOKKO
21. AMBITIOUS / 大友康平(HOUND DOG)
22. 人生はひとつ でも一度じゃない / 吉田栄作 ~ 今を抱きしめて / MOA

紅組

01. ピンキージョーンズ / 氣志團
02. Cupid in Love / 超ときめき♡宣伝部
03. Inside The Mirror / CZ'21
04. 裸足のシンデレラ / 703号室
05. 一歩目のYES! / アップアップガールズ(仮)
06. なみえのわ / 浪江女子発組合
07. Anytime, Anywhere / 私立恵比寿中学
08. Pecori♡Night / ゴリエ feat. あーりん
09. 君じゃなきゃダメみたい / オーイシマサヨシ
10. FINAL PIECE / HYDE
11. 港猫 / 松本明子
12. 吼えろ 2021 / ファンキー加藤 withももいろクローバーZ
13. 春夏秋冬 / 泉谷しげる
14. ロード / 高橋ジョージ
15. カメレオン / ファーストサマーウイカ
16. ホイッスル / 森口博子
17. SUPER STAR / 角田晃広(東京03)
18. ディズニーメドレー「自由への扉」 「いつか王子様が」 「美女と野獣」 / 妃海風 feat. 玉井詩織
19. 愛のメモリー / 松崎しげる
20. 案山子 / さだまさし
21. 「FFP feat.C&K」 「華麗なる復讐 -“THE SHOW” ガチダンスRemix ver.-」 / s**t kingz × Z♡♡princez(玉井詩織&佐々木彩夏)
22. 契り / 五木ひろし

アニソンヒットメドレー

・廻廻奇譚 / オーイシマサヨシ
・Cry Baby / SUPER★DRAGON
・U / 真山りか(私立恵比寿中学)
・おジャ魔女カーニバル!! / 百田夏菜子&なかまたち
・ニューチャレンジャー / BOYS AND MEN
・ROCKS / 大友康平
・コスモスに君と / 戸田恵子
・限界突破×サバイバー / ファーストサマーウイカ
・月色Chainon / ももいろクローバーZ
・サムライハート / 森口博子
・サイレント・ヴォイス / 森口博子
・Meteor -ミーティア- / 西川貴教
・ドラえもんのうた / 山野さと子
・夢をかなえてドラえもん / mao

最強アイドルメドレー2021

・ジュリアに傷心 / カンニング竹山、ココリコ遠藤、CZ'21、百田夏菜子
・すきっ! / 高城れに、超ときめき♡宣伝部、松本明子
・スローモーション / 玉井詩織
・BUTTER / 小島はな(アメフラっシ)、SUPER★DRAGON、BOYS AND MEN
・MajiでKoiする5秒前 / 森口博子、スクールメイツ
・君しか勝たん / 私立恵比寿中学&アイドル選抜
・吐息でネット / 妃海風
・咲き誇れ愛しさよ / 塩乃華織、松本明子
・根も葉もRumor / 佐々木彩夏&アイドル選抜
・Go! Go! Heaven / 彩羽真矢、妃海風
・ファイト / ファーストサマーウイカ
・Feel Special / 高城れに&アイドル選抜
・U.S.A. / 朝日奈央、百田夏菜子、アイドル選抜
・Ride on time / MAX&アイドル選抜
・天下一品 ~みちのく革命~ 2020ver. / いぎなり東北産

今年の顔2021

・コロット木村
・ものまね弾き語りメドレー / まなまる
・ずっともっと / もーりーしゅーと
・シンデレラボーイ / Saucy Dog
・10月無口な君を忘れる / あたらよ
・ののちゃん どうよう&あそびうたメドレー / ののちゃん(村方乃々佳)
・ホワイトキス / 鈴木鈴木
・旅人のうた / ヒコロヒー
・WINDING ROAD / しらスタ&虹色侍ずま&松浦航大
・SMILE~晴れ渡る空のように~ / 彩羽真矢、オーイシマサヨシ、妃海風

その他

・ヒプノシスマイク 特別応援ラップ / 山田三郎、毒島メイソン理鶯、有栖川帝統、観音坂独歩、天谷奴零、天国獄
・三百六十五歩のマーチ / 水前寺清子&LINE UP

ももいろクローバーZ 2021 LIVE

01. 行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-
02. 走れ! -ZZ ver.-
03. BUTTOBI!
04. 真冬のサンサンサマータイム

関連記事

「NHKのど自慢」ロゴ

山梨から生放送「NHKのど自慢」次回ゲストは森口博子、藤巻亮太

約10時間
「The Performance」より、Mrs. GREEN APPLEとNiziUのコラボステージの様子。 (c)The Performance / 撮影:田中聖太郎写真事務所

ミセス×NiziU、ミセス若井×RIIZEコラボよみがえる!「The Performance」地上波放送

約17時間
西川貴教

西川貴教が「ZIP!」6月の金曜パーソナリティ担当、レギュラーに向けてがんばる

約20時間
左から佐藤景瑚(JO1)、河野純喜(JO1)、大悟(千鳥)、ノブ(千鳥)、渋谷凪咲、カンニング竹山。(c)フジテレビ

JO1の河野純喜と佐藤景瑚「千鳥のクセスゴ!」ゲスト出演、ネタが頭から離れなくなる

約22時間
左から佐久間大介、オーイシマサヨシ。

Snow Man佐久間大介にべた褒めされたオーイシマサヨシ「こんなに気持ちよくなっていいのでしょうか」

1日
「GFEST.2024」ロゴ

群馬「GFEST.」にDa-iCE、フレデリック、WurtS、Novelbright、フォーリミ、ブルエン

1日
「仲村悠菜生誕ソロライブ『純喫茶ミルクティー~2杯目~』」の様子。

えびちゅう仲村悠菜17歳、生誕ソロライブで“エビマニ”メドレー「できることを全部やった!」

1日
郷ひろみ

「MUSIC FAIR」に郷ひろみ、絢香、Da-iCE、Travis Japan

2日
「黒フェス2024~白黒歌合戦~」出演者第1弾

今年で10回目!松崎しげる主催「黒フェス」ももクロ、坂本冬美、手越祐也、高嶺のなでしこ出演

2日
IVE (c)日本テレビ

IVE「THE突破ファイル」に初登場、コナン好きガウルは名推理がひらめくか

2日