JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ネバヤン安部勇磨が気のおけない友人たちとEP制作、配信&アナログでリリース

安部勇磨「Surprisingly Alright」ジャケット
約1年前2023年03月21日 9:02

安部勇磨(never young beach)が新作EP「Surprisingly Alright」を5月17日に配信と12inchアナログでリリースする。

安部がソロ作品をリリースするのは2021年6月にリリースしたアルバム「Fantasia」以来約2年ぶり。EPには、浮遊感のある軽快なアンサンブルに乗せて、気楽に生きる風来坊な男の“腹の中”を歌ったような「Go Back」「あらよっと」「どうもこんにちは」、60年代後期から70年代の“和モノ”の匂いを感じさせるサウンドに安部の歌声とコーラスが溶け合う「抱きしめて」、“死”という言葉を楽しく愉快に解釈した歌詞が印象的な「死んでもまだ踊る」というフレーズで始まる「意外となんか平気」の計5曲が収録される。

レコーディングには岡田拓郎(G)、嘉本康平(G / DYGL)、下中洋介(G / DYGL)、香田悠真(Piano, Syn)、市川仁也(B / D.A.N.)、鈴木健人(Dr / never young beach)、宮坂遼太郎(Per)といった安部にとって気がおけない友人たちが参加している。なお、アナログ盤は「Fantasia」に続きアメリカのレーベルTemporal Driftから全世界流通でリリースされる。

安部勇磨「Surprisingly Alright」収録曲

SIDE A

01. Go Back
02. あらよっと
03. どうもこんにちは

SIDE B

01. 抱きしめて
02. 意外となんか平気

関連記事

「birthus -bandmerch 3rd anniversary DAY」フライヤー

Bandmerchの3周年企画にDYGLのAkiyama、パノパナ岩渕想太、Sisters In The Velvetら追加

約13時間
柴田聡子

柴田聡子の初ライブ特番、チケット即完した過去最大規模ライブの映像をお届け

約13時間
坂東祐大「怪獣8号」オリジナルサウンドトラックジャケット (c)防衛隊第3部隊 (c)松本直也/集英社

アニメ「怪獣8号」サントラに岡崎体育、LEO今井、君島大空ら参加

3日
ハンドマイクで熱唱する柴田聡子。(撮影:丹澤由棋 [@yukitanzawa])

柴田聡子のバイブスが爆発、自身を解き放ったアルバムの完成とともにライブもネクストレベルへ

15日
「D.A.N. presents “SUPERNATURE”」告知画像

D.A.N.の企画「SUPERNATURE」DJセットで開催

15日
優河

優河が8カ月ぶり新曲「Sunset」をポニーキャニオンからリリース、今秋には新作アルバムの発売も

18日
Dos Monos

Dos Monos3年ぶりのアルバム「Dos Atomos」本日配信、リリースライブのアフターパーティ決定

19日
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」ビジュアル

「ライジングサン」にUVER、森山直太朗、菅田将暉、DISH//、syrup16g、Hedigan'sら追加

22日
くるりのステージの様子。

くるりがトリでキラーチューン連発!絶好天気に恵まれた「CIRCLE」初日

25日
RM(BTS)

BTS・RMのソロアルバムにnever young beach参加

26日