JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

関ジャニ∞がALI・LEO作の「オオカミと彗星」シングルリリース、アジカン後藤の提供曲など詳細公開

関ジャニ∞
10か月前2023年06月28日 3:03

関ジャニ∞の49thシングル「オオカミと彗星」が8月9日にリリースされる。

「オオカミと彗星」の表題曲は、7月7日よりテレビ朝日系で放送される生田斗真主演の連続ドラマ「警部補ダイマジン」の主題歌で、むせ返るような大人の色気があふれるダンスチューン。作詞作曲は、ALIのボーカルであるLEOが担当した。

シングルはCDのみの通常盤と、特典Blu-ray / DVDが付属する初回限定「夏」盤、初回限定「FES」盤という3形態が展開される。「夏」盤には「∞月のメモリー」「大再生」といった楽曲や関ジャニ∞の妹分・キャンジャニ∞の活動の軌跡をまとめた映像「キャンジャニ∞ 最近の御活躍まとめ」を収録。また「FES」盤では、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が書き下ろし、the chef cooks meの下村亮介がアレンジに参加したギターロックチューン「生きてる僕ら」、そして2010年にリリースされたアルバム「8UPPERS」の収録曲「BOY」の新バージョン「BOY ’23」の音源、およびミュージックビデオとその制作ドキュメンタリーが堪能できる。なお「BOY ’23」のMVは、大倉忠義と丸山隆平が企画演出を担当した。そして通常盤には、初回限定盤にも収録される「生きてる僕ら」「∞月のメモリー」のほか、Shingo Suzukiがアレンジを手がけた「SLOW」が収められる。

3形態のいずれかをCDショップおよびオンラインショップで購入した人の中から先着で購入特典がプレゼントされる施策も決定。特典の絵柄は、購入店舗ごとに異なる3種類が用意されている。特典の絵柄は後日公開される。

関ジャニ∞「オオカミと彗星」収録内容

初回限定「夏」盤

CD

01. オオカミと彗星
02. ∞月のメモリー
03. 大再生

DVD / Blu-ray

・「オオカミと彗星」Music Clip / Making 
・「オオカミと彗星」Exclusive “LIP SYNC” Clip
・「∞月のメモリー」Music Clip / Solo Angle / Making
・キャンジャニ∞ 最近の御活躍まとめ

初回限定「FES」盤

CD

01. 生きてる僕ら
02. オオカミと彗星
03. BOY ‘23

DVD / Blu-ray

・「BOY ‘23」 Music Clip / Documentary 
・「タイトル未定」 Rec Documentary

通常盤

CD

01. オオカミと彗星
02. 生きてる僕ら
03. ∞月のメモリー
04. SLOW
05. オオカミと彗星(オリジナル・カラオケ)
06. タイトル未定(オリジナル・カラオケ)
07. ∞月のメモリー(オリジナル・カラオケ)

関連記事

君島大空「no public sounds」ジャケット

君島大空が大賞受賞!アジカン後藤の音楽賞

1日
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO」告知ビジュアル

「ライジングサン」に木村カエラが10年ぶり出演 フレシノ、離婚伝説、泉谷しげる、LiSAら19組発表

1日
「告白 コンフェッション」完成披露試写会の様子。

マキシマム ザ ホルモンがサプライズ登壇!舞台挨拶で語った生田斗真との“共犯”「表現力がすごかった」

3日
マキシマム ザ ホルモン

マキシマム ザ ホルモンの新曲に生田斗真が参加!映画「告白 コンフェッション」主題歌

3日
「VIVA LA ROCK 2024」ロゴ

「ビバラ」配信の最終ラインナップ&タイムテーブル発表、Creepy NutsやBE:FIRSTらの登場時間は

5日
「FUJI & SUN」会場イメージ

「FUJI & SUN」アジカン、折坂悠太、カネコアヤノ、森山直太朗のライブ映像公開

7日
ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンはメジャーデビュー20周年、伊地知潔は加入25周年 リクエストライブでファンに感謝

10日
「Apartment B」初回収録の様子。(c)日本テレビ / 「Apartment B」製作委員会

SKY-HI企画の新音楽番組スタート!BMSG所属アーティスト、ALIのLEO、荘子itたちがトーク&ライブ

16日
藤巻亮太

藤巻亮太のマンスリーツーマン企画にchay、Rei、後藤正文

26日
ASIAN KUNG-FU GENERATION

喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が語る軽音楽部の魅力

27日