JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「エビライ2023」タクヤ、佐野勇斗、SHOOTらが語った“EBiDANの未来” 囲み会見完全レポート

EBiDAN
7か月前2023年08月13日 3:07

EBiDANに所属するユニットが一堂に会するライブイベント「EBiDAN THE LIVE UNIVERSE 2023」が8月11、12日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催。公演の前に、各ユニットのメンバーが参加する囲み取材が開かれた。

「EBiDAN THE LIVE」(通称:エビライ)は毎夏恒例となっている、EBiDANによる年に一度の一大イベント。2012年の初開催以降、年々規模を拡大しながらさまざまな会場を舞台にライブが行われてきた。今年の「エビライ」の舞台となった国立代々木競技場第一体育館は「エビライ」史上最大規模となる会場で、開催2日間で3公演が行われるのも初めて。また、今回の「エビライ」より超特急のユーキがライブ演出に参加し、これまでの「エビライ」とは趣向や見せ方の異なるステージが作り上げられた。

ライブ開演前に行われた囲み取材には、超特急のリョウガとタクヤ、M!LKの佐野勇斗、SUPER★DRAGONの古川毅、さくらしめじの高田彪我、ONE N' ONLYのHAYATO、原因は自分にある。の杢代和人、BUDDiiSのSHOOT、ICExの竹野世梛、Lienelの森田璃空が参加した。始めにリョウガは、今回の「エビライ」について「今回はユーキがすごく演出に関わっていて、メンバーそれぞれのやりたいことを形にしているんです。EBiDANメンバーそれぞれの武器やキャラクターを出せる『エビライ』になっているんじゃないかなと思います。会場も、これまでで一番大きい代々木第一のステージに立たせていただけるということで、よりいっそう、全員の気合いが入った2日間になると思います」と、今年の「エビライ」の進化を伝える。

全体曲「前略、道の上より」「New day! New wave! 2023」のリリース、それに伴うプロジェクト「春だ!ソイヤ!だ EBiDANだ」の活動など、EBiDANという集合体としての活動が活発化した2023年。メンバーどうしの絆は深まった実感はあるか?という質問には、「ありますね!」と即答した勇斗が「だって僕、タクヤくんと指輪がおそろいなんですよ! あともう1個見つけたんですけど、衣装のシャツも、タクヤくんとおそろいなんです」とうれしそうに説明。するとタクヤは「それ関係ないから!(笑)」とツッコミを入れ、これに勇斗は「こういう感じの仲(のよさ)です!」と満足げに続けた。

今年グループが結成され「エビライ」初登場となるLienelとICExについては、リョウガが「先輩たちはどう? リハ通してさ、この人は話しかけてくれたなあとか、コイツ無愛想だったなあとか、ある?」と質問を投げかける。璃空が「本当にすばらしい先輩方がたくさんいて。場を和ませてくれたりだとか、アドバイスをくださるのでありがたいです」と返すと、タクヤは思わず「いい子だねー!」と感心。世梛も「皆さんすごく優しいので、困ってるときに声をかけてくださったりして、すごく助かってます」と完璧な回答を返し、「本当に助かってる……?(笑)」という先輩たちの声を集めていた。

また、今回の「エビライ」では、スペシャルユニットとしてEBiDAN内の兄弟3組からなるユニットの楽曲「Run Up!!!!!!」が初披露されるとあり、囲み取材でもこの楽曲の話題に。弟・NAOYA(ONE N' ONLY)との共演は「すっごい恥ずかしいです!」と断言したタクヤは「曲の世界観を演出するためにフリーのダンスパートが多くて、リハの段階から『距離を縮めてね』『兄弟どうし寄り添って』『目線合わせて』と言われるんです。まあー、恥ずかしいです(笑)。MORRIEとSHOOTは普段から仲いいイメージなので、リハでも仲よくやってるんですよ。HAYATOも(弟の)FUMIYAと仲いいしね」とコメント。勇斗から「仲悪いんですか?」と問われると「仲悪いわけじゃないんだけど、今さら目線合わせて笑ったりとか、なかなかできない(笑)。今までそんなことやってこなかったから、すっごく恥ずかしいなと思ってます」としきりに照れた様子を見せる。するとHAYATOは「僕ら兄弟が仲よくしているところは想像がつくと思うんですけど、草川兄弟(タクヤ&NAOYA)は想像できないですよね。振り入れや(スチール)撮影のときから、NAOYAがめちゃくちゃ照れているんですよ。メンバーとしては普段と違う一面が見られて新鮮でしたし、本番も楽しみですね」と笑顔。そしてSHOOTは兄・MORRIE(BUDDiiS)との共演について「僕は同じグループで活動しているから慣れてはいるけど、兄弟というコンセプトの曲を2人メインで歌わせていただくのは新鮮です」と語り「それぞれの兄弟のよさ、3組の兄弟が合わさったときのよさを見てもらえるんじゃないかなと思います」と自信をのぞかせた。

過去最大規模での開催となる、今年の「EBiDAN THE LIVE」。国立代々木競技場第一体育館という今回の舞台について、和人は「大きさに圧倒されました。ここにStray Kidsさんのライブを観に来たことがあって、そのときも『大きいな』と感じたんですけど、ステージに立っても同じように感じます。観客の皆さんが入ったあとにまた感動があるんだろうなと思いながらリハをしていました」とコメント。すると毅は「それで言うと僕は超特急兄貴の、初めての代々木でのワンマン(『超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~』)を当時観に来たんです」と続き「だから感慨深いなというか……先輩が作ってきてくれた道に続いて、僕らも立たせていただけることがありがたいなと思います」と思いを語った。

EBiDANとしての今後の目標を問われると、リョウガは「日本の枠を超えて世界に飛び立っていけたら。それこそONE N' ONLYは世界に通用するアーティストですし……TikTokのフォロワー、何人だっけ?」とHAYATOに問いかける。HAYATOが「570万人です。ほとんどがブラジルの方です!」と答えると、リョウガは「ブラジルから攻めていきたいと思います!」と宣言。毅は「(公演テーマが)“UNIVERSE”ですからね」と同意し、勇斗も「来年はブラジル公演です!」と続いた。また、勇斗から「SHOOTとか、いろいろ考えてるでしょ? これからEBiDANとしてどんなことしたい?」と突然振られたSHOOTは「なんだろう。たこパ(たこ焼きパーティ)とか……?」と笑いを誘いつつ「でも、どんどん新しいグループができて、できることの幅も広がっていくと思うので。ステージごとに新しい演出だったり、新たな絡みが見られると思います。本当にいろんなことをしたいですし、皆さんも期待してほしいなって思います」と語った。

取材の最後、EBiDANとしてどんな会場を目指したいかを問われると、登壇メンバーは彪我に回答を一任。タクヤが「このひと言で決まるからね。EBiDANの未来決まるから!」と声をかける中、彪我は「それこそ『ソイヤ!』のミュージックビデオを撮影した国立競技場。あの競技場でライブをするのは夢ですし、(MVを)観てくれたファンの方もエモーショナルな気持ちになると思うので、やりたいですね!」とはっきり思いを語る。彪我が口にした夢には、仲間たちも一様に納得のリアクションを見せていた。

※高田彪我の高は、はしごだかが正式表記。

関連記事

超特急

超特急「トレタリ」マサヒロ、タクヤ、アロハが作る思い出の実家飯は?肉豆腐が“幻”な理由も明らかに

約12時間
超特急

超特急“茶目っ気を忘れない”「ジュブナイラー」のティザー公開、先行配信&MV公開も決定

約23時間
原因は自分にある。

原因は自分にある。ぴあアリーナMMワンマン決定、1年ぶり2度目

2日
小笠原海(超特急)(撮影:藤記美帆)

超特急・小笠原海“120点!”の演技で表現した役柄の二面性、「もみくちゃになりたい」今年の目標も

4日
ドラマ「シークレット同盟」キービジュアル

長野凌大&長妻怜央出演ドラマ「シークレット同盟」主題歌は原因は自分にある。とyukaDD

4日
草川拓弥「辻褄」表紙(撮影:前康輔)

超特急・草川拓弥のしおりはさみ会

4日
草川拓弥「辻褄」通常特典のしおり。(撮影:前康輔)

草川拓弥のフォトブック「辻褄」モノクロ撮影の6種のしおり

6日
森次政裕(超特急)(写真提供:NHK)

超特急・森次政裕、イシダイ求めて東京湾の沖合へ

8日
ONE N' ONLY「DOMINO」ジャケット

ONE N' ONLY新曲はラテン×JK-POPの「DOMINO」

8日
ONE N' ONLY

ONE N' ONLYがワンエン号の前で激しく歌い踊る「OPEN」ライブ映像公開

9日