JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Perfumeの爆裂セトリが興奮を呼び、電気グルーヴがガマガエルを投げた「ソニマニ」の夜

Perfume(c)SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
8か月前2023年08月26日 8:06

8月19日と20日に、千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセと大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)で音楽フェスティバル「SUMMER SONIC 2023」が開催された。今年のサマソニは史上最速で東京・大阪の両会場の全券種が完売。声出しを解禁した4年ぶりの通常開催ということもあり、過酷な暑さに見舞われながらも例年以上の盛り上がりとなった。

音楽ナタリーでは幕張公演の2日間と、その前夜祭として千葉・幕張メッセで8月18日夜から開催されたオールナイトイベント「SONICMANIA」について3本の記事に分けてレポート。この記事ではソニマニの模様を、国内アーティストのライブを中心に伝える。

MOUNTAIN STAGE

サンダーキャットやフライング・ロータス、ジェイムス・ブレイク、ムラ・マサと、シーンの流れを変えたエポックメイキングなアーティストたちがラインナップされたMOUNTAIN STAGEで、一番手として登場したのはPerfume。キラキラ光るシルバーの衣装をまとった3人がステージに立ち「ポリリズム」がスタートすると、広い会場が一気に熱狂の渦に巻き込まれた。のちのMCであ~ちゃんが「爆裂セットリストを持ってきました!」と話したように、その後も彼女たちは怒涛の勢いでキラーチューンを投下。その一方で、前日に配信されたばかりの新曲「Moon」を披露したり、フェス用に特別に用意した映像演出で「アンドロイド&」を歌ったりと、この日ならではのパフォーマンスも。ライブが進むにつれて場内はどんどんヒートアップし、あまりの熱気に途中あ~ちゃんは凍らせたタオルを首に巻いたままライブを続行した。

サンダーキャットは着物姿で超絶技巧の演奏を繰り出し、観客を圧倒。今年3月に亡くなった坂本龍一を偲んで、坂本の「El Mar Mediterrani」をサンプリングした自身の楽曲「A Message for Austin」と、坂本の「千のナイフ」のカバーを披露した。

SONIC STAGE

DJセットで独特の世界を表現したグライムスに続いて、SONIC STAGEに登場したのはずっと真夜中でいいのに。。バンドメンバーであるOpen Reel Ensembleによりブラウン管のドラムなど電化製品を改造した楽器が所狭しと並べられ、ステージ上はさながら奇祭のような雰囲気に。「綺羅キラー」ではMori Calliopeが担当したラップパートをACAねがオリジナルのリリックでラップしたりと、多くの曲でオリジナルとアレンジを変えながらライブならではの魅力を見せつけた。

電気グルーヴのライブは1曲目の「人間大統領」からラストの「富士山」まで、フロアの盛り上がりは常にクライマックス。石野卓球は時折、手のひらを下に向けて足を広げた、まるでEinsturzende Neubautenのロゴマークのようなポーズを取り、一方ピエール瀧は「ガリガリ君」の曲中で、ガマガエルの置物を手づかみして頭上高く掲げ、そのまま思い切り遠くにぶん投げた。

AutechreのライブはSONIC STAGE全体を暗幕で囲って照明を落として行われ、メンバーたちの姿も一切見えない真っ暗な空間の中で、オーディエンスは視覚情報のないまま全身でノイズの嵐を浴びた。そして最後にLicaxxxが、バキバキなDJプレイで朝までフロアを沸かせ続けた。

PACIFIC STAGE / NF

PACIFIC STAGEではオーディション企画「出れんの!? サマソニ!?2023」で選出され、アグレッシブなライブを繰り広げたミクスチャーロックバンド・鋭児に続いて、2人組ヒップホップユニットどんぐりずが登場。2人はUKガラージやテクノなどを取り入れたダンサブルなビートに、歯切れのよいラップを乗せた楽曲をノンストップでプレイし、オーディエンスを踊らせ続けた。

BMSG所属のラッパー・Novel Coreは、THE WILL RABBITSの演奏をバックに、ロックスター然としたパフォーマンスを展開。ライブ後半には恋愛リアリティ番組「月とオオカミちゃんには騙されない」で共演したHina(FAKY)をサプライズゲストとして迎え入れ、コラボ曲「天気雨」を歌い上げた。

iriはバンドメンバーのグルーヴィな演奏の上で、初期曲「半疑じゃない」などを歌唱。リラックスした雰囲気ながら存在感を放つステージを展開し、目の前に広がるたくさんの観客を見ながら「(同時間帯にMOUNTAIN STAGEに出演している)ジェームズ・ブレイクにほとんどお客さんを取られると思ってた」とうれしそうに笑っていた。

PUNPEEのライブでは、Jay-ZとLinkin Parkのコラボ曲「Numb/Encore」に乗せて「Renaissance」、Kriss Kross「Jump」に乗せて「お隣さんより凡人」、Nujabes feat. Shing02「Luv(sic) Part 2」に乗せて「Wonder Wall」、宇多田ヒカル「光」に乗せて「Oldies」と、さまざまな曲の上で自身の曲をラップ。最近友人になったというPeterparker69や盟友OMSBもサプライズで登場し、コラボパフォーマンスを披露した。

山口一郎(サカナクション)がオーガナイザーを務めるクラブイベント「NF」の特設ステージでは、YonYon、真鍋大度、ゴールド・パンダなど8人が夜通しDJプレイを繰り広げた。ラストに山口がDJブースに立つと、フロアには朝4:00とは思えないほどに人でいっぱいに。アヴィーチー「Levels」やUnderworld「Two Months Off」などパーティ感のある選曲で、山口は最後まで会場を盛り上げた。

関連記事

「BEAT AX Vol.4」ロゴ

日テレ主催グローバルアーティストの祭典にATEEZ、FANTASTICS、ME:I、オンユ、岩橋玄樹ら出演

約18時間
杉本陽次郎が描いた「3594」ツアービジュアル

電気グルーヴ1日ぶりの新曲「35周年の歌」配信、アニバーサリー東名阪ツアー決定

約23時間
有頂天

有頂天のライブにピエール瀧も出る

1日
電気グルーヴ「電気グルーヴ32周年の歌」配信ジャケット

結成35周年の電気グルーヴ、新曲「32周年の歌」「34周年の歌」を同時リリース

2日
坂本龍一「NEO GEO」ジャケット

坂本龍一「NEO GEO」がツアー映像を加えたアナログ&Blu-rayボックス作品として再発

2日
どんぐりず

どんぐりず独立「2人でぶち上がっていきます!」

2日
「Perfume Countdown Live 2023→2024 "COD3 OF P3RFUM3" ZOZ5」の様子。(Photo by Yasuyuki Kimura)

Perfume、5年ぶりカウントダウンライブBD/DVDのティザー公開

6日
「NHKスペシャル『山口一郎“うつ”と生きる~サカナクション 復活への日々~』」より。(写真提供:NHK)

“うつ”と生きるサカナクション山口一郎、その復活への日々に迫るドキュメンタリー

6日
映画「シド・バレット 独りぼっちの狂気」ポスター画像

シド・バレットの映画を観た石野卓球、大槻ケンヂ、木暮“shake”武彦、坂本慎太郎、SUGIZOの感想は

6日
MOMO(TWICE)

TWICEモモ、Perfume、柴咲コウがTASAKIジュエリーまとって登場

7日