JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

ASKAの楽曲「I feel so good」が来秋公開の映画「本を綴る」主題歌に決定

「本を綴る」ティザービジュアル
4か月前2023年11月06日 14:01

ASKAの楽曲「I feel so good」が、12月1日に栃木・フォーラム那須塩原で先行上映され、2024年秋より全国で順次公開される映画「本を綴る」の主題歌に決定した。

「本を綴る」は小説を書けなくなったベストセラー作家・一ノ関哲弘が、古書の中にかつての持ち主が出せずにいた手紙を見つけ、その手紙を届ける旅に出るロードムービー。那須塩原市図書館みるる、京都・恵文社、香川の移動図書館を舞台に製作された。一ノ関役に矢柴俊博、ヒロイン役に遠藤久美子、宮本真希がキャスティングされた。また旧友役として長谷川朝晴が出演するほか、加藤久雅、川岡大次郎、石川恋らが出演する。本作の監督を務めるのは篠原哲雄。企画・脚本は千勝一凜、音楽はGENが担当した。

主題歌に決定した「I feel so good」は、2021年10月にリリースされたシングル「PRIDE」のカップリング曲。“僕”の隣にいる“君”を思った歌詞が印象的な楽曲となっている。

篠原哲雄 コメント

本屋に足を踏み入れ本を見つける行動は一人旅のようなものだと思っている。楽しいけれど覚悟もいる。もっと気楽に本を見つけたくてネットに傾いている事もわからなくはないけど、僕は断然本屋派だ。陽だまりのような空間で本を手に取ってページをめくる時の感触や紙の匂いは心地よく喜びに通じていく。これが本作の魅力のひとつである。
そして本と出逢う事で人の運命も変わっていく。主人公の一ノ関哲弘が何故書けなくなってしまったのか。
本が人を傷つけ、人が本に救われる。この一見矛盾する感覚の先にある小さな奇蹟が大きな奇蹟を導き出す様を味わって欲しい。

千勝一凜 コメント

様々な映画関係の方との出会いで映画の制作側にも興味を持ち、役者だからこその脚本を書き、脚本家とプロデューサーを兼ねているからの効率化もあったのではないかと思います。
シナハンをやりながら撮影したい本屋さんや移動図書館などに思いを伝え、交渉してロケハンの準備が出来たり、大変な事も勿論ありましたが自分の頭の中で考えた事が役者さんとスタッフの技術と皆さんの協力で作品になっていく幸せを一番贅沢に感じていると自負しています。
半歩でも前身、前を向いて歩こうと自分の居場所を見つけて貰えたら!!と製作しました。不器用に生きる自分や周りの人達、登場する役柄の誰かや何処かに共感したり応援して頂ければ嬉しいです。

(c)ストラーユ

関連記事

ASKA , DAVID FOSTER「ASKA featuring DAVID FOSTER PREMIUM CONCERT 2023」Blu-rayジャケット

ASKAとデイヴィッド・フォスターの特別な共演、その裏側を追る特番オンエア

約1か月
ASKA(撮影:大橋祐希)

ASKAの非日常的なディナーショー、即興演奏やデイヴィッド楽曲カバーも披露

約2か月
「『2023FNS歌謡祭』第2夜」18:30~19:00台タイムテーブル

「FNS歌謡祭」第2夜タイムテーブル発表 ASKA、SixTONES、セカオワ、ゆず×櫻坂46ら出演

2か月
ASKA , DAVID FOSTER「ASKA featuring DAVID FOSTER PREMIUM CONCERT 2023」Blu-rayジャケット

ASKA&デイヴィッド・フォスターの極上コンサートを映像で、Blu-rayと配信で年明けリリース

3か月
「ASKA VR 2020」キービジュアル

ASKAのライブがVR映像とロスレス音声で楽しめるように

3か月
sumikaと西野七瀬。(c)「ポケットに冒険をつめこんで」製作委員会

sumikaがドラマ「ポケつめ」ED曲担当、片岡健太は“ポケモン赤”20数年ぶり起動

4か月
「ASKA Dinner Show 2023」告知ビジュアル

2023年の歌い納め“ASKA流ディナーショー”開催

5か月
ASKA「ASKA Premium Concert Tour Wonderful World 2023」告知ビジュアル

ASKA「Wonderful World」ライブ映像、全国25カ所の映画館で“まさかの先行上映”

7か月
映画「おまえの罪を自白しろ」追加キャスト5名 (c)2023『おまえの罪を自白しろ』製作委員会

B'z「Dark Rainbow」歌唱パート初公開、中島健人主演「おまえの罪を自白しろ」の予告編

7か月