JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Penthouseが小沢健二カバー、日産SUVの車内で

「NISSAN X-TRAIL e-4ORCE presents THE CONCERT DRIVE」キービジュアル
6か月前2023年12月05日 19:02

Penthouseと日産自動車の本格SUV「エクストレイル」のコラボレーション動画「NISSAN X-TRAIL e-4ORCE presents THE CONCERT DRIVE」が本日12月6日20:00にYouTubeでプレミア公開される。

この動画でPenthouseは小沢健二の楽曲「ぼくらが旅に出る理由」をカバー。通常のオフロード走行では揺れて実現できないであろう車内での生演奏を可能にした「エクストレイル」の静粛性や走行安定性、そしてなめらかな走りを感じられるライブ演奏動画となっている。

Penthouse コメント

クルマを走らせながらの演奏について

浪岡真太郎:最初は結構難しいだろうなと思っていましたが、実際に乗ってみると普段とあんまり変わらないレベルでの演奏ができてびっくりしました。
大島真帆:クルマに乗っているとかけている音楽が聴こえなくて、音量を上げることが結構ありますが、X-TRAILの車内だと、外の騒音が全く気にならないくらい、音楽が後ろの座席でも前の座席でも同じように広がってくれるので、私たち自身も音楽を楽しみながら走行することができたと思います。
矢野慎太郎:(車内で)カメラが回っていない時間も自然にギターを弾いてましたね。

特に印象に残ったこと

浪岡真太郎:車内がめっちゃ静かだったという印象です。本当に自分の部屋で楽器を弾いていると錯覚してしまうほどでした。結構アコースティック・ギターって音が小さいから、車内で歌いながら弾いても割と自分にしか聴こえないぐらいのことが多いんだけど、X-TRAILだとみんなに聴こえている感じがして、自分が思っている以上に車内が静かなんだなと感じることができました。

X-TRAILで悪路を運転した感想

平井辰典:たしかに道はすごく荒れていましたが、山道だったのでカーブも多く、結構揺れるかなと思ってたんですけど、あまり揺れを気にせずに安定して走行できた感じがしました。
浪岡真太郎:道が荒れてるように感じなかったです。
大島真帆:なめらかでしたね!
平井辰典:走りやすく、自分が思ったとおりにコントロールできている感じがして、快適に運転できたなと思います。

関連記事

Penthouse

Penthouseメジャー1st EPがCD化、「Stargazer」リアレンジバージョン収録

25日
スチャダラパー

小沢健二とスチャダラパーの特番ゲストにスカパラNARGO、北原雅彦、GAMO、沖祐市

約1か月
「小沢健二『LIFE再現ライブ』」ビジュアル

小沢健二「LIFE」発売30周年、武道館でレコーディングメンバーと一夜限りの再現ライブ

約1か月
「OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2024」告知ビジュアル

ジャイガにsumika、Penthouse、緑黄色社会

約2か月
小沢健二とスチャダラパー「ぶぎ・ばく・べいびー」ジャケット

小沢健二とスチャダラパー30年ぶりコラボ曲発売、CD限定おまけトラック収録

2か月
「PLAY IT BACK、BOOGIE BACK!」告知画像

「今夜はブギー・バック」30周年、小沢健二とスチャダラパーの新曲がJ-WAVEキャンペーンソングに

2か月
左上から時計回りに安藤裕子、大橋トリオ、岸田繁(くるり)、大貫妙子。

J-WAVE春の新番組に詩羽、安藤裕子、大橋トリオ、大貫妙子、岸田繁、SHISHAMO、日向坂46佐々木

2か月
小沢健二 featuring スチャダラパー「今夜はブギー・バック (nice vocal)」、スチャダラパー featuring 小沢健二「今夜はブギー・バック (smooth rap)」。

小沢健二とスチャダラパー「今夜はブギー・バック」の30年を語る

3か月
「今夜はブギー・バック」30周年イメージビジュアル

「今夜はブギー・バック」30周年ライブ開催、小沢健二とスチャダラパーがコラボ新曲披露

3か月
小沢健二とスチャダラパー。

「今夜はブギー・バック」リリースから30年の日、小沢健二とスチャダラパーがそろってラジオ出演

3か月