JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

「頼もしい姿に救われた」共演者が明した柏木悠の男前な素顔「ゴーストヤンキー」笑いあふれた上映会

「ゴーストヤンキー」先行上映会の様子。
約1か月前2024年04月18日 13:04

柏木悠(超特急)が主演を務めるドラマ「ゴーストヤンキー」の放送が本日4月18日よりMBS・テレビ神奈川ほかでスタートする。オンエアに先駆けて今作の先行上映&トークイベントが東京・Theater Mixaで行われ、柏木、石川凌雅、福澤侑、小坂涼太郎、寺坂頼我、高野洸が登壇した。

アクション初挑戦に「強くなれた気分でした」

「ゴーストヤンキー」は、人生に絶望した少年がひと癖もふた癖もある“幽霊の昭和ヤンキー”たちと邂逅する完全オリジナルストーリーのドラマ。柏木は、ケガで陸上選手の夢を絶たれた主人公・風町トゲル役を務める。約40年前から成仏できないでいる昭和のヤンキーグループ「わんぱく団」の富野吾郎を福澤が、佐々岡順平を小坂が、チッタこと向井知太郎を寺坂が演じ、石川はわんぱく団のかつての仲間で、今は霊界で悪さをする「暴霊族」の一員であるバーチこと千葉丈助を、高野は悪霊連合組織「怨霊会」のボス・林田狼牙を演じた。

1話と2話の先行上映ののちステージに姿を見せた6人は、役名を交えながら順に挨拶。柏木は今回のオファーについて「単独主演が初めてだったのでうれしいなと思うとともに、実際台本を読んでみると『なんだ?』と(笑)。みんなも観て思ったでしょ? ハテナが最初に出てくるんですよ」と、ファンタジー要素もある“霊界ヤンキードラマ”の独自性に言及。「けど、読み進めていくうちに面白さを感じ、実際演じてみると設定の難しさもあって。そこは台本にいろいろ書いたりして注意しながら、楽しい撮影でした」と続ける。劇中では本格的なアクションにも初挑戦しており、柏木は「経験できてうれしいですし、本気でケンカしているようで、そのときだけ強くなれた気分でした(笑)」と楽しそうに振り返った。

寺坂の“ピュアすぎる逸話”に会場爆笑

続いて福澤は「悠も言ってたけど設定が難しくて」と切り出し「例えば手すりとか、『幽霊はこれ触っていいんだっけ?』みたいな。物語の世界観があるので、幽霊なりの苦労がありました」と明かす。また、石川がレッスンから真剣に取り組んだというアクションシーンに触れると、柏木も「僕、レッスンの次の日がライブだったんですよ。その日はなかなか腕が上がらなくて大変で(笑)。とにかく、途中から何やってるかわからないくらいガチでした」と石川の言葉に同調した。

トークセッションでは、撮影現場の雰囲気についての質問が。すると柏木は「これは頼我くんしかないよね。涼太郎くん、例の話聞かせてあげて!」と小坂に促す。このパスを受けて小坂が明かしたのは、キャスト陣が爆笑したという寺坂のエピソード。「頼我は心が綺麗で、本当にピュアなんです」という前置きをした小坂は、自身が自販機に500円を入れて寺坂にジュースを奢った際、寺坂が「ありがとうございます!」と言いながら購入したドリンクに加えお釣りまでポケットに入れたという“逸話”を披露し、登壇者と観客を爆笑させていた。

「好きなんですよ、佐々岡順平」

また、イベントの後半にはフリップを使ったQ&Aのコーナーが設けられ、ここでもキャスト陣は和気あいあいとした空気感で会場を盛り上げた。1問目の「幽霊になったらどこに行って何をしたい?」という問いに、柏木は「深海に行く」と答え「気にならないですか? 深海。マリアナ海溝とか、幽霊だったら制限なしに潜れますから。カッコよくないですか?」と観客に問いかける。寺坂は同じ質問に「本能寺」と書き込み「信長さんに会いに行って『どうですか?』っていろいろ話を聞きたい」と個性あふれる回答。高野も「墓の中に部屋を作りたい」という奇抜な答えで仲間たちを沸かせる。

続く2問目は「自分以外のキャラクターを演じるとしたら?」というもので、柏木はこれに「佐々岡順平」という答えを見せた。理由について司会者から問われると、彼は「好きなんですよ、佐々岡順平っていう名前が。語呂がすごくよくて、純粋に好きで」と意外な理由を明かす。しかしながら仲間たちは「これずっと言ってる!」と納得の様子で、順平役の小坂は「クランクインからずっと言ってます。僕より佐々岡順平って言ってるかも」と説明。この言葉を受けて、柏木は「この場に佐々岡順平さんがいたら、自分を褒めてあげてください」と、佐々岡順平への止まない賞賛を口にしていた。

共演者から明かされた悠の“男前エピソード”

そして、ラストの「昭和ヤンキーさながらの当て字を作ってください」という質問にも「咲左男化巡平(ささおかじゅんぺい)」と書いて佐々岡順平好きを揺るがぬものにした柏木。無邪気に笑いながら共演者とのやりとりを楽しんでいた彼だが、最後の挨拶では仲間達から“座長”としての頼もしい姿を明かされていた。寺坂は「悠くんが中心となってすごくいい雰囲気を作ってくれて、作品にはその雰囲気がそのまま投影されている」と言うと、石川も「時間が少ない中で集中して一気に撮影をしたのですが、その空気を主演の悠が作ってくれて。19歳の彼だけど、年齢関係なく頼もしい姿を見せてくれたので、そういう姿に救われた場面がいくつもあります」と寺坂に同調した。

また、イベントを終えてフォトセッションに移る際にも「俺、本当に悠はしっかりしてると思って」と切り出した小坂から「撮影の休憩中にあるお店のカレーが食べたいって言ったら、最終日くらいの差し入れで彼がそのカレーを入れてくれたんです。マジでカッコいいですよね? この人すごいなと思いました」と、柏木の細やかな気遣いのエピソードが明かされる。仲間たちの言葉に居心地の悪そうな照れ笑いを浮かべていた柏木は、最後に「この作品は青春あり涙あり、いろんなものを詰め込んだドラマです。元気をもらえるシーンがたくさんあると思うので注目してほしいです」とアピール。そして「あの、僕が笑いすぎて一度も僕のほうにカメラが向かないシーンがあるんです。それもお楽しみにしていてください」と付け加えてイベントを結んだ。

関連記事

菅井友香と草川拓弥(超特急)。

草川拓弥「ビジネス婚」会見 主題歌に心弾ませ“13頭身”に悩み、菅井友香の「面白い」に照れ笑い

1日
超特急

超特急“8号車の日”今年は横浜BUNTAIで2日間!前説は稜海

1日
「VOCE」7月号増刊表紙(c)講談社

超特急タクヤ、アロハ、ハルが「VOCE」表紙飾る!スタイリッシュ&カジュアルに見せる“ゼロ距離の絆”

4日
「ビジネス婚─好きになったら離婚します─」キービジュアル(c)「ビジネス婚」製作委員会・MBS

菅井友香×草川拓弥「ビジネス婚」主題歌は超特急&チョーキューメイ「まさにMEMORIAるな思い出に」

5日
超特急

超特急が都内奔走「わらしべ長者バトル」明日完結!獲得アイテムの鑑定結果は

9日
超特急

超特急のアリーナツアーより「Countdown」映像公開、未公開カット含む新規編集版

10日
大平祥生(JO1)(c)「過保護な若旦那様の甘やかし婚」製作委員会・MBS

JO1大平祥生がドラマ「過保護な若旦那様の甘やかし婚」出演、高野洸の兄役で

11日
T.C.R.横浜銀蝿R.S.

わんぱく団バンドにポルターガイスト大作戦!「ゴーストヤンキー」映像満載の横浜銀蝿「昭和魂」MV

12日
下段左から浪岡一喜、森次政裕(超特急)、上段左から宮島優心(ORβIT)、伊万里有、京典和玖。

森次政裕“超特急式円陣”で仲間と駆け抜ける!初主演舞台開幕に思い語る、浪岡一喜は座長の姿勢に太鼓判

14日
「EBiDAN応援広告」告知ビジュアル

「EBiDAN応援広告」受付スタート!ファン主導で広告掲出可能に、ジェイアール東日本企画がサポート

14日