JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

高野寛の新プロジェクトHAAS、初個展でアンビエント音楽と写真を展示

高野寛
約1か月前2024年05月08日 9:03

高野寛の新プロジェクト、HAAS a.k.a. Hiroshi Takanoの初展覧会「Calm / hibinohibiki」が5月10日から31日まで東京・JULY TREEにて開催される。

HAAS a.k.a. Hiroshi Takanoは写真、イラスト、アンビエント、ミニマルミュージックで“ポップ”の外側にある表現を追求するプロジェクト。「Calm / hibinohibiki」では平凡な景色の中にある光と影を捉えた写真が展示され、高野がギターの即興演奏で制作したアンビエント作品「Music for Sleep Time」がBGMとして使われる。さらに会場では展示写真やZINE、高野が2017年から2024年にかけて制作したアンビエント作品をまとめたアルバム「Calm / hibinohibiki」のカセットテープが販売される。

また5月19日にはJULY TREEにてイベント「HAAS a.k.a. Hiroshi Takano talk & live」が開催されることも決定。高野が写真や展示会、アンビエントについて語るトークコーナー、即興演奏を行うライブコーナーの2部制となる。チケットの予約はJULY TREE店頭、もしくはJULY TREEのInstagram公式アカウントへのDMにて先着20名限定で受け付けている。なおJULY TREEのロゴは坂本慎太郎が制作した。

高野寛 コメント

若い頃からずっと、アンビエントは仄かな香りのように、
いつも暮らしの傍らにあった。

平凡な景色の中にある光を写せば、日常はアンビエントになる。
壊れそうな世界の中でも、静かな時を取り戻せるように。
「静けさ:日々の響き」というタイトルに願いを込めて。

「Calm / hibinohibiki」HAAS a.k.a. Hiroshi Takano Ambient & Photo Exhibition

2024年5月10日(金)~31日(金)東京都 JULY TREE

HAAS a.k.a. Hiroshi Takano talk & live

2024年5月19日(日)東京都 JULY TREE

関連記事

「神戸、書いてどうなるのか」文庫書影

ロック漫筆家・安田謙一の神戸エッセイが文庫化 tofubeatsが解説、坂本慎太郎が表紙装画担当

12日
坂本慎太郎

坂本慎太郎の音楽活動に根付くD.I.Y.精神

15日
坂本慎太郎

坂本慎太郎が振り返る、ゆらゆら帝国でのメジャーデビュー

16日
「加藤和彦 トリビュートコンサート」ビジュアル

加藤和彦トリビュートコンサートに高野寛、坂本美雨、ハンバート ハンバート、GLIM SPANKY追加

18日
重住ひろこ「dive into」ジャケット

Smooth Ace重住ひろこ初のソロアルバム発表 高野寛、澤部渡、直枝政広、佐橋佳幸らがバックアップ

22日
「LIQUIDROOM 20th ANNIVERSARY 坂本慎太郎」告知ビジュアル

坂本慎太郎、羊文学、ceroがLIQUIDROOMの20周年公演に登場

約1か月
映画「シド・バレット 独りぼっちの狂気」ポスター画像

シド・バレットの映画を観た石野卓球、大槻ケンヂ、木暮“shake”武彦、坂本慎太郎、SUGIZOの感想は

約1か月
加藤和彦

高野寛、高田漣、坂本美雨、石川紅奈、坂崎幸之助らによる新緑版「あの素晴しい愛をもう一度」PV公開

約2か月
「あの素晴しい日々 加藤和彦、『加藤和彦』を語る」書影

加藤和彦のインタビューまとめた書籍発売、ドキュメンタリー映画予告に高橋幸宏ら

約2か月