リーガルリリーたかはしほのかが山崎まさよし楽曲をカバー、アニメーション作家Wabokuとコラボも

リーガルリリーたかはしほのかが山崎まさよし楽曲をカバー、アニメーション作家Wabokuとコラボも

EneKeyのWeb CMより。

たかはしほのか(リーガルリリー)が、全国のENEOSセルフステーションで使えるスピード決済ツール・EneKeyのWeb CM第3弾に登場している。

このWeb CM企画は、アーティストが山崎まさよしの楽曲「サイドストーリー」を歌唱するというもので、これまで第1弾に山崎、第2弾に元ちとせとさかいゆうが出演してきた。今回たかはしは「サイドストーリー」をカバー。プロデューサー、トラックメイクはorigami PRODUCTIONSのShingo Suzuki(Ovall)が担当した。たかはしはカバーについて「リーガルリリーの3人で演奏しているバンドの雰囲気とは全く違う曲調ですが、ギターの歪みやビート感など、バンドの良さも生かしたアレンジになっています。いつもより大人っぽい雰囲気の楽曲に仕上がったのではないかなと思っているので、楽しんでもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

Web CMは「もしもミュージシャンではなく、別の人生を歩んでいたら」という設定のもと、アニメーション作家・Wabokuによる全編アニメーション作品となっている。CMではたかはしが転職活動に悩む会社員になり、ふと立ち寄ったENEOSのセルフサービスステーションであきらめていたミュージシャンになる夢を叶え、自由に空を飛びながら歌う。

CMはYouTubeで公開中。全国のENEOSセルフサービスステーションでもCMが流れている。

たかはしほのか コメント

今回のカバーに込めた思いについて

前回は元ちとせさん・さかいゆうさんの、ジャズ調のかっこいいアレンジがありましたが、お二人のバトンを受け取って、今回は私なりに歌わせていただきました。
トラックはShingo Suzukiさんに作って頂きました。リーガルリリーの3人で演奏しているバンドの雰囲気とは全く違う曲調ですが、ギターの歪みやビート感など、バンドの良さも生かしたアレンジになっています。いつもより大人っぽい雰囲気の楽曲に仕上がったのではないかなと思っているので、楽しんでもらえたら嬉しいです。

もし別の人生を歩むなら、どんな人生を歩んでみたいか

絵を描きながら世界中、いろんな場所を旅したいです。小学生の頃の将来の夢は考古学者でもあったので、研究もしてみたいです。

Wabokuが書いたイラストやWebCMについての感想

自分がアニメ化するというのは、小学生の時に抱いた無謀な夢の一つでもあったので、今回実現することができて本当に嬉しかったです。
Wabokuさんに描いて頂いた幻想的な世界の中を、私が浮遊しながら歌っていてすごく気持ちよさそう。。。WEBCMも見応えのあるものになっているので、
ぜひこの映像を見て少しでもラクな気持ちで新しい年を歩んでいってほしいです。

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL