アイドルのセカンドキャリアを考える 第4回 遠藤舞が初めて「これをやりたい」と思えたボイストレーナーの道(聞き手:レナ)

アイドルのセカンドキャリアを考える 第4回 遠藤舞が初めて「これをやりたい」と思えたボイストレーナーの道(聞き手:レナ)

「アイドルのセカンドキャリアを考える 第4回」ビジュアル

引退後に異なる仕事に就いて新たな人生を送る “元アイドル”たちに、セカンドキャリアをどう形成したのか話を聞く本連載「アイドルのセカンドキャリアを考える」。ナビゲーターは元バニラビーンズのレナが担当している。今回はレナとは旧知の仲であるアイドリング!!!の元リーダー・遠藤舞に話を聞く。

アイドリング!!!時代から歌唱力を高く評価され、卒業後の2014年からソロアーティストとして活躍していた遠藤。彼女は2017年をもって芸能界を引退し、現在はボイストレーナーとして活動している。今回は遠藤にセカンドキャリアの話題を中心に、メンタルケアの重要性や誹謗中傷との向き合い方についても語ってもらった

取材 / レナ 文 / 下原研二 撮影 / 曽我美芽

スカウトから2カ月でアイドルデビュー

レナ この連載ではセカンドキャリアについてお話を聞いているんですけど、舞ちゃんがアイドルを志したきっかけはなんだったんですか?

遠藤舞 もともとは美容学校に進学する予定で、芸能界に入るつもりはなかったんです。たまたま渋谷でスカウトされて、いただいた名刺を見たら相武紗季さんが所属している事務所で。家族に話したら、私の父親が相武さんのファンだったから「サインをもらって来てほしい」と頼まれて、それで事務所に潜入したという流れです(笑)。

レナ (笑)。スカウトされたのはアイドリング!!!としてデビューするどのくらい前のこと?

遠藤 アイドリング!!!としてのデビューが2006年10月だから、スカウトされたのはその年の8月とかじゃないかな。まず事務所の面接を受けて、そのあとすぐにアイドリング!!!のオーディションがあったと思う。そう考えると短いですよね。下積み時代なし(笑)。

レナ そのあとすぐにテレビ番組(※アイドリング!!!のレギュラー番組「アイドリング!!!」)に出てたから、私はいち視聴者として観てました。メンバーの中に「アイドルで頂点を取るぞ!」みたいな雰囲気はあった?

遠藤 うーん、「アイドルを目指して入りました!」という子はほとんどいなかったんじゃないかな。みんな芸能界のステップの1段目として、知名度を上げたり、経験を積むためにアイドルを選ぶ、みたいな風潮があった頃だから。アイドルの場合、歌、ダンス、お芝居、バラエティ、グラビアみたいになんでもやらせてもらえるでしょう? そこから芽が出たものとか、楽しいと思えたものを極めていく。それが見つかったら卒業して次のステップに行くみたいな。だからアイドリング!!!が最終目標という子はあまりいなかったと思う。

レナ 確かに当時の腐男塾さんとかもそうだけど、バラエティ色が強くて、アイドル活動の中で見つけた強みを生かしてお天気お姉さんになるみたいなこともあったよね。そう考えるとアイドル活動には挑戦の入口としての役割もあった。

遠藤 そうそう。今はアイドルになることが最終目標の子も多いですよね。

レナ 目指し方や加入の仕方は、この10年くらいで変わった気はする。舞ちゃんはスカウトがきっかけだけど、「将来これをやりたいから、まずはアイドリング!!!のオーディションを受けよう」みたいなビジョンがあったんですか?

遠藤 なんにもない(笑)。あれよあれよと流されていった感じ。でも、美容学校の入学金の支払いとオーディション結果が出るのが同じくらいの時期で、すごく迷ったのは覚えてる。そしたらおばあちゃんが「今しかできないことをやりなさい」と言ってくれて。それで入学金は払わないことにしたらアイドリング!!!に受かってた。だいぶ賭けですよね(笑)。アイドルになりたかったわけではないけど、アイドリング!!!に合格してなかったら、芸能の仕事はしないまま事務所を辞めていただろうなと思う。

周囲に愛されるアイドルとは?

レナ 2009年からはリーダーに就任することになるけど、これはどういう経緯だったんですか?

遠藤 年齢的な理由が一番大きかったのかな。あとは同年代に小泉瑠美っていう、めちゃくちゃかわいいんだけどぶっ飛んだ子がいて(笑)。消去法で私になったんだと思う。

レナ (笑)。グループ全体を見ていて、人間関係を円滑にできる子の特徴みたいなものはありましたか?

遠藤 計算してないというか、バランス感覚がすごくいい子はいましたね。

レナ ちなみにそれは誰?

遠藤 やっぱり朝日(奈央)とかはすごいと思う。彼女は「何を犠牲にしても人のために」と考えるタイプで、究極の“GIVER”みたいな子だから危ないと思うこともあったけど結果的にみんなに愛されてるじゃない? 朝日は狙っていないと思うんだけど、周りの人たちが受け取った分を朝日に返そうと自然に思っちゃうんですよ。

レナ 確かに朝日さんは「何事も全力でやる子」というイメージがいち視聴者からしてもあるし、一緒にお仕事したときもみんなにかわいがられている感じはしました。それが十何年続いているわけだから、本当に狙ってないんでしょうね。

遠藤 昔から思っていたことなんだけど朝日のことを悪く言う人がいたら、たぶんその人が圧倒的におかしいと思う(笑)。

仕事を第一に考えるスタンスは18歳の頃から変わらない

レナ 私たちは“職業・アイドル”みたいな感覚が強かった世代だったのかなと思っていて。「これでお金をもらってるんだからがんばる」みたいな。そういう意識は舞ちゃんからも感じていたんだけど、当時を振り返るとどうですか?

遠藤 それはあったと思う。割り切ってやってたところはあるかも。だからこそ、どこまで許容していいのかわからない部分もあって。「やりなさい」と指示されたらなんでもやっちゃってた。でも、あの時期を経験したからこそ今は仕事を選べるというか、「NO」を言いやすい環境にいけたのかもしれない。

レナ 私も「泥水をすすった」と言えるかはわからないけど、あの頃の経験があってよかったなとは思う。舞ちゃんは人生設計をしっかりとするタイプで、アイドルは25歳までと計画してたわけじゃない? 私はあまり考えられてなかったから、すごいなと思っていて。

遠藤 うーん……計画はしていたけど、その通りにはなってないから。だから正直、セカンドキャリアの形成につながっているかはわからない(笑)。

レナ いやいや、何も考えてないよりは絶対にいいよ。私は正直、マネージャーさんが卒業後のことについてアドバイスをしてくれてもいいのにと思ってたぐらいだから。まあ、マネージャーさんは直近のアイドル活動に専念させるのが仕事だから仕方ないんだけど。

遠藤 うんうん。囲い込みじゃないけど、ほかの情報をシャットアウトしてくれる分、アイドル活動に集中はできるんだよね。

レナ さすがに「親の死に目にも会えないくらいの気持ちでがんばりなさい」みたいなものに対しては、それはどうなんだと思ってたけど(笑)。

遠藤 あー、よく言われてたよね。私はその感覚がいまだに抜けてないのかもしれない。さすがに親の死に目には立ち会いたいと思ってるけど、仕事を第一に考えるスタンスは18歳の頃から積み重ねてきたものだから、なかなかその考えが薄れなくて。

レナ それはわかる気がする。私も仕事のスケジュールが入ったら、3日前くらいからソワソワしちゃう(笑)。「お金を稼ぐとは?」みたいなことを考え出すと責任感が出てくるというか。

遠藤 その仕事にすべてを捧げちゃうというか。性格的なところもあるんだろうけど、1つの事象に対して、裏でどれだけの人が動いているのかもわかってるから。

退廃的な日々を過ごしたソロ歌手時代

レナ 舞ちゃんはアイドリング!!!時代の2013年7月にソロデビューシングルを発表して、2014年のグループ卒業後にソロ歌手としての活動を本格化させたわけだけど、準備はどのくらい前から始めていたんですか?

遠藤 ソロ活動の話はけっこう前からあって、プリプロをやったり、どういうふうに展開していくかをスタッフさんと話し合ったりしていて。それで卒業の少し前にソロシングルを出させてもらって。

レナ 卒業は自分からスタッフさんに相談したんですか?

遠藤 そうそう。最初はマネージャーさんに相談するくらいの規模感で、会社の上層部の人たちに「辞めます」と周知していったのが卒業の1年前くらいかな。

レナ 自分から相談したんだ。私は義務教育の終了とともにグループを卒業する、さくら学院のシステムが正解な気がしていて。終わりが決まっているからこそファンも全力で応援できるし、女の子の人生的にもすごくいいと思うんですよね。活動期間がズルズルと長引いた結果、「自分の人生は自分で決めなさい」みたいになると大変だから。

遠藤 確かに最初は運営がお膳立てしてくれて、それに乗っかるわけだけど、その先の人生を見越していろいろと計画を立てるって難しいもんね。

レナ うん。それに現役時代は「今、自分が所属しているグループで成功したい」というのが第一目標だし、その環境の中で別の目標を探すのが難しい子もいるわけだから。舞ちゃんは卒業前からソロの計画を進めていたけど、次のステップとしてなんで1人で歌う道を選んだんですか?

遠藤 路頭に迷ったというか、アイドルは25歳で辞めると決めていたけど、正直その後の活動は人任せだったんですよね。「事務所がどうにかしてくれるかもしれない」と責任を他者に押し付けてしまっていたというか。卒業前にソロデビューが決まったから「この活動をなんとなく続けていければいいのかな?」って。アイドルのレールは外れたけど、ソロ歌手としてまた新しく走り出したことに少し安心を覚えたのかもしれない。

レナ うんうん。

遠藤 ただ新しく走り出したとは言っても、自分にとってその道が情熱を捧げられるものとは限らないというか……正直、当時の私は歌手という道に情熱を注げなかった。精一杯走るつもりではいたんだけど、あまり心血を注げるような気分にはならなかったというか。助けてくださった人たちには申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、自分がやりたくてみんなを引っ張っていたわけではなくて、誰かが敷いてくれたレールに乗って安心してたんだと思う。

レナ うーん……なるほど。

遠藤 だから3年くらいソロ歌手という肩書きではあったけど、大した活動はしていないし、正直くすぶってたんだよね。今振り返ると退廃的な日々を過ごす無気力な3年間だったと思う。

レナ その期間中は「次は何をしよう?」みたいなことを考えていたんですか?

遠藤 そんな生活を過ごす中で「ボイストレーナーになりたい」と思って、そこで初めて自分の意思が行動に反映されたような気がする。人から指示されるんじゃなくて、自分から「これをやりたい」と思えたというか。

レナ 誰かのためにはがんばれるけど、自分個人の活動に対しては熱量を持てなかったのかも。ボイストレーナーは誰かのためになる仕事だから。

遠藤 うん。本当にそうかもしれない。

レナ アイドリング!!!時代も同じでグループの一員としてはがんばれるけど……みたいなね。ちなみになんでボイストレーナーという仕事を選んだんですか?

遠藤 ボイストレーナーという仕事自体にアイドリング!!!時代から興味があったんです。でも、専門的なことを学んできたわけではないから悩んでいた部分もあって。当時私がレッスンを受けていた先生に相談したら、「なれるよ!」と言ってもらえたのが一番のきっかけで。基本は独学なんです。歌を歌ってきた経験もそうなんですけど、本を読んで独学で得た情報だったり、理学療法士さんのもとで学んだ解剖学の知識だったりをもとに今はレッスン内容を考えています。

「我慢できる」なんて思っちゃいけない

レナ 今はボイストレーナーとしていろんな人に指導していると思うんだけど、月にどのくらい仕事を入れているんですか?

遠藤 休みはほとんどないかも。丸1日休んだのはコロナにかかったときくらいかな。療養期間中もリモートで作業してたんだけどね(笑)。正月はさすがに少し休んだけど、正月明けから1日ダラッとした日はないかもしれないです。

レナ そこまでスケジュールを詰め込まなくても金銭的に困らないと思うんだけど、先を見据えて「今やっておかないと!」みたいな気持ちがあるんですか?

遠藤 うーん、求められたら全部応えちゃうところはあるかもしれない。オファーの内容的にお受けできないこともあるんだけど、基本的にレッスンとかは受けられる分だけ受けちゃうから。

レナ 元AKB48の高橋みなみさんはアイドル時代に1年に1、2日しか休みがなかったらしくて、メンタルスケジュールを書くようにしてたってお話されていたんです。仕事のスケジュールがバーッと入ったら「この日の会食は断ろう」と心を休める日を作るみたいな。舞ちゃんはアイドリング!!!時代に、メンタルケアみたいなことは考えていた?

遠藤 私は何もやってなかったかな。「私は我慢できる人間だ」とずっと自分に言い聞かせてた気がする。「私が耐えれば済むんだ」って考えていたというか。

レナ それで感情があふれちゃったことはないの?

遠藤 ある(笑)。魂が抜けちゃった時期があって、それはファンの皆さんにも気付かれていたと思う。アイドリング!!!を卒業する少し前だから24歳くらいの頃かな。うつ病になっちゃって。体調が悪くて内科に行ったら「あなたが行くべきは心療内科です」と言われて、そのときに初めて精神的にいっぱいいっぱいになっていたことに気付いたんです。

レナ そうだったんだ。わりと近くで舞ちゃんの活動を見ていたはずなんだけど気が付かなかった。

遠藤 患っていたのは半年間くらいだったかな。その間は薬を飲みつつ通院してなんとかやってたけど、自分のメンタルを過信しちゃいけないんだなと思った。「我慢できる」なんて思っちゃいけないんだよ。

レナ あの頃はメンタルの不調をあまり公に言えない風潮があったよね。今は同じように苦しんでいる人の助けになればと公表する人もいるけど。

遠藤 当時も隠せとは言われてないけど、なんだか言いづらい雰囲気があって。「自分の心が弱ってる」みたいなことを公表しちゃいけないと思い込んでたのかもしれない。

レナ 今思い返してみると、病気の原因はなんだったの?

遠藤 性格上の問題が一番大きいんだけど、さっき話したように人生設計がうまくいってなかったんですよね。本当はもう少し早くアイドリング!!!を辞めようと思っていたんだけど、リーダーという立場もあってなかなか辞めるのも大変で。「思い描いていた通りに人生が進まない。どうしよう?」みたいなストレスが大きかったんじゃないかな。自分で言うのもあれだけど、完璧主義で真面目な人ってうつ病になりやすいんだと思う。私はアイドルの生徒さんも受け持っているんだけど、中には同じようなタイプの子もいるから「うまく息抜きできるかな?」って心配になることもある。

レナ みんなに分け隔てなく接する優しい子ほど、「あれ言いすぎちゃったかな?」とか、あとで反省しちゃうからね。最近の子は自分のメンタルをうまく調整できるというか、自分を守る術を知っている子が多いような気もするけど。

遠藤 私たちの頃と比べるといろんな情報に触れる機会が多いから、その中で自分の癒やし方みたいなものを見つけやすくなっているのかもしれない。

レナ 確かに私たちのデビュー当時はそこまでインターネットが発達してなかったから。

遠藤 そうだね。使い方をよく理解できてなかったし、もう少し個人の発言が統制されていた感じがする。でもやっぱりグループでやってる以上はある程度のルールは必要だから、好き勝手に発言しないようにっていうムードはあったよね。

SNSの誹謗中傷とどう向き合うか?

レナ 舞ちゃんはお仕事やプライベートについてSNSで発信していて、いつも使い方がうまいなと思っているんだけど、何か意識していることはありますか?

遠藤 自分のキャリアを育てるためにはメディアに出たり、イベントに出たりが必要じゃない? そうなると集客力みたいなものも必要だから、アイドル時代のファンにも届けたほうがいいかなって。いつまでもアイドル視されるのも違うと思うから、バランスが難しいんだけど。

レナ うんうん。

遠藤 でも特に戦略的なことは考えてないかな。あと私の生徒さんにはアイドルもいるから、その子のツイートをリツイートすると私のファンの目に触れる機会が作れる。それで生徒さんにファンが付いたらうれしいし、私のファンが次の世代のアイドルを知るきっかけになったらいいなと思っていて。

レナ ウィンウィンの関係になるのはいいよね。でも、その一方で誹謗中傷の被害に遭う場合もあって。舞ちゃんはそういう声ともしっかり戦うのがすごいなと思う。

遠藤 ファンの人から「そういうのはスルーしたら」って言われるんだけど、私はスルーしたくない(笑)。だって嫌なことを言われたらちゃんと「うるさい!」って言いたくないですか?

レナ いやー、私は見ないようにしちゃうかも……。

遠藤 そういうのに反応したら負け、みたいな風潮がある気がするんだけど、私はそれを「スルースキルがない」で終わらせたくないんですよ。私も誹謗中傷してくる人も人間同士で対等なんだから、「そういうのはやめたほうがいい」というのはちゃんと伝えたい。

レナ アイドルを卒業してもそういうことに巻き込まれるとメンタルがやられたりしない?

遠藤 今の私が守るべきなのは生徒さんだから、その子たちのためにも自分が悪い見え方をするのはよくないとは思う。でも基本的に私はもうアイドルではないから、嫌なコメントに対してどう対応しても自分の責任みたいなところがあるから、現役時代よりは気が楽になったかも。

いつか来る“その日”に目を背けない

レナ ほとんど休みなく働いてるということだけど、1日何人くらいレッスンしているんですか?

遠藤 日によるかな。アイドルは現場があるから土日はわりと空いてるんだよね。多くて1回1時間のレッスンが9コマ入ったりする。月末は詰まってくるから1日7~9コマくらいレッスンしてると思う。

レナ ほんと休みがないんですね。舞ちゃんはアイドル時代からお金を無駄遣いしないタイプだったからすごく貯め込んでそう(笑)。

遠藤 フリーランスって何があるかわからないから(笑)。怖くてあんまり使えないだけです。

レナ じゃあ最後に、将来について悩んでいる現役アイドルの子たちに何かアドバイスをお願いします。

遠藤 うーん……難しいですよね。アイドル活動に情熱を注げば注ぐほど、ほかのことができなくなるじゃない? それはセカンドキャリアの足を引っ張ることにもなるからすごく難しい。だから、まずは頭の隅で考えておくだけでもいいんじゃないかな。「卒業したら何をしてみようかな?」みたいに。あとはアイドル時代のほうが関わってくれる人は多いから、何か別の目標や関心のあることが見つかったら「〇〇をやりたいんだよね」って話しておくだけでもいいと思う。結局仕事って完全に1人ではできないというか、全部がご縁だと思うんですよね。私のボイストレーナーの仕事が軌道に乗ってきたのも、全部人とのつながりだとも言えるから。女の子が1人でご飯を食べていくために、人の流れが多い環境にいるアイドル時代に自分のやりたいことをどんどん伝えておくのがいいかな。

レナ それはアイドル活動に全力を注いでいない、ということではないですもんね。

遠藤 そうそう。あとは現実から目を背けちゃダメだと思う。それはただの現実逃避だし、いつかは終わりが来るから。長くアイドル活動をしている人もいるけど、それができるのは本当にひと握りなので。いつかその日が来る、そのことに目を向けておくことが大切だと思います。

レナの取材後記

今回も最後まで読んでくださった皆様ありがとうございます!
うん。やっぱり私のアイドル人生において、遠藤舞という人物は偉大でした。

4回目ということもあり、お友達ということもあり、
かなりリラックスしてインタビューをさせていただきました。

非現実的な演出が必要不可欠なアイドルという職業で、
「自分の人生を現実的に考えた方がいいよ」
なんて言われても、当事者には伝わらないと思う。
だけどアイドルには、やっぱり器用に生きてほしい!
やっぱりいつもここにたどり着く。

そして、アイドルとは偶像。
これも忘れてはいけない。
だけど、だからこそ素晴らしい。
これもまた忘れてはいけない。

遠藤舞(エンドウマイ)

2006年にフジテレビ発のアイドルグループ・アイドリング!!!の1期生としてアイドルデビュー。同グループには7年半在籍し、リーダーを務める。ソロシンガーとしてメジャーデビューもしており、2017年12月には最初で最後となるオリジナルソロアルバム「最終回」をリリースした。芸能界引退後はボイストレーナーの道に進み、科学的根拠に基づいたボイトレを探究するため理学療法士のもとで解剖学を学び、海外メソッドの講習にも参加。約90組を超えるアイドル、シンガーや女優などのボイストレーニングを担当している。2021年9月には調査機関「インディーズアイドル研究所」を設立。よりアイドルファンが喜ぶステージはどういったものか、データをもとに考察し、その結果をレッスン内容に取り入れている。
Endo Mai Voice Training Studio
遠藤 舞 ボイストレーナー (@endo_mai2) | Twitter

レナ

2007年にデビューした女性アイドルユニット・バニラビーンズの元メンバー。バニラビーンズはスウェディッシュポップを意識したサウンドとレトロなビジュアルで渋谷系ファンなどから高評価を得る一方で「ガラス張りトラック生活」などの風変わりな活動でも注目を集めた。2018年9月にラストシングル「going my way」をリリースし、10月のライブをもって解散。バニラビーンズ解散後は、トークスキルを生かしてMC・タレント業をメインに活躍しており、“多摩川のおんな”としてボートレース多摩川の選手インタビュー、生配信の番組進行を担当している。
レナ(多摩川のおんな) (@VB_Rena) | Twitter
レナ(多摩川のおんな) (@vb_rena913) ・Instagram

公式twitterアカウント「@JOYSOUND_PR」をフォローして最新情報を入手しよう! JOYSOUND公式 facebookファンページ JOYSOUND CHANNEL