JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

八代亜紀が極彩色の異世界へ、これが令和版「舟唄」MV

2年以上前2021年10月05日 7:02

八代亜紀の楽曲「舟唄」の新たなミュージックビデオがYouTubeで公開された。

デビュー日である9月25日にベストアルバムをリリースした八代。そのリード曲である「舟唄」の新たなMVは、アルバムのジャケットのアートワークを手がけた田名網敬一の描き出す異次元の世界を阿久悠の歌詞に乗せて八代が旅をするという構成の作品となっており、宇川直宏が絵コンテとアートディレクションを担当した。

MV公開に際して、田名網は「ある日、ラジオから流れる独特の歌声に心が騒ぎました。初めて聴く八代亜紀さんの演歌です。すっかり魅了されてしまいました。私がキャンバスにむかう時、音楽の発する波動は不可欠なものです。現在の私の作品の主要なテーマは過去の記憶を描くことです。八代さんの歌声を聴いていると、私の遠く霞んだ過去の記憶が色鮮やかに蘇り、歌声と私の記憶が融合し、不思議なハーモニーを奏でているような気がするのです。八代さん独特の歌唱法が私の脳内のあちらこちらを刺激するのかもしれません。今も一日一回は大好きな八代さんの歌を聴きます。田名網芸術のミューズとも言える八代演歌は私に『神の目』を与えてくれるのです」とコメント。一方、この斬新なMVを観た八代は「とにかく現代の技術は凄い! 撮影の時は、グリーンバックのスタジオで淡々と歌っただけなのに……(笑)CGを駆使して出来た世界の中で、田名網先生が描かれたキャラクターとともに『舟唄』という旅をする。この極彩色の裏にある、哀愁を感じてもらえたら嬉しいです。まさに令和版『舟唄』のMVの完成です」と感想を語っている。

関連記事

「八代亜紀追悼コンサート ~オーケストラで蘇る 感動の歌~」告知画像

八代亜紀の追悼コンサート開催、生前の歌声をオーケストラ生演奏に乗せて

2か月
八代亜紀

八代亜紀に熊本県が「県民栄誉賞」、八代市が「八代市名誉市民」の称号を贈呈

4か月
再生数急上昇ソング定点観測

SixTONESの予想外な新曲の作者は? / RIIZEのMVで考察が加熱

4か月
八代亜紀

八代亜紀の追悼企画放送、数々の歌唱映像や泣き笑いのサプライズシーンも

4か月
「加山雄三 俺は100歳(ひゃく)まで生きると決めた」ビジュアル

加山雄三が八代亜紀との思い出語る、いつか天国で一緒に歌いたい曲とは

4か月
「新・BS日本のうた『八代亜紀デビュー50年! 名曲だらけの永久保存版!』」より、八代亜紀。(写真提供:NHK)

「BS日本のうた」八代亜紀デビュー50周年回を再放送

5か月
八代亜紀

八代亜紀が昨年12月に死去

5か月
八代亜紀

八代亜紀が年内活動休止、膠原病の治療に専念「必ず元気になって戻ってきます」

9か月
「阿蘇ビート2023」告知ビジュアル

南阿蘇復興応援フェス「阿蘇ビート」にKEYTALK、Leola、八代亜紀、ピコ太郎、EXILE NESMITH

9か月
「林哲司 コロムビア・イヤーズ」ジャケット

林哲司デビュー50周年記念作品集リリース、ポップス&アニメ主題歌39曲収録

約1年