JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

菊地成孔による音楽制作集団がプロデュース、ストックホルム出身のSSW・Lilla Flicka新曲配信

1年以上前2022年08月31日 11:03

菊地成孔が立ち上げた音楽制作集団・新音楽制作工房の初のプロデュースワークとなる、Lilla Flickaの新曲「Heavenly Blue」が本日8月31日に配信リリースされた。

新音楽制作工房は菊地が昨年12月に立ち上げを発表した音楽制作集団。Lilla Flickaはスウェーデン・ストックホルム出身でバイリンガルのシンガーソングライターだ。「Heavenly Blue」は12月に発売予定のLilla Flickaのアルバムより先行配信された楽曲で、夏の終わりの空気を切り取ったかのような独特のハーモニーと、言語感覚が光る日本語の歌詞が特徴的に仕上がっている。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「STUTS JAZZ JOURNEY」シーズン2 カバービジュアル

STUTSがジャズを旅するSpotify番組に菊地成孔、DJ Mitsu the Beats

7日
荘子it(Dos Monos)

Dos Monos荘子it初の書籍でヒップホップの面白さを徹底議論、菊地成孔との鼎談も

27日
矢野沙織

矢野沙織8年半ぶりのビルボード公演、菊地成孔迎えて最新アルバムの世界観を再現

約1か月
SPANK HAPPY「ANGELIC」ジャケット

菊地成孔×岩澤瞳の“第2期”SPANK HAPPY全5作品サブスク解禁、菊地が思いつづった5000文字

約2か月
菊地成孔

菊地成孔と岩澤瞳の第2期SPANK HAPPYサブスク解禁、当時のMVも公開

約2か月
矢野沙織

サックスプレイヤー矢野沙織、菊地成孔とタッグを組み8年ぶりソロアルバム発表

4か月
トークイベント「2020年代に音楽はいかに応答するか」告知ビジュアル

「2020年代に音楽はいかに応答するか」菊地成孔、tofubeats、荘子itが議論

4か月
菊地成孔

菊地成孔が劇伴担当「岸辺露伴」シリーズのサントラ発売決定、未公開写真入りフォトブック付属

7か月
「FUJI ROCK FESTIVAL '23」ロゴ

「フジロック」第7弾で加藤登紀子、君島大空、MOROHA、原田郁子、砂原良徳ら追加

7か月
「FUJI ROCK FESTIVAL '23」出演アーティスト

フジロックに奥田民生、トータス松本、土屋アンナ、Doulのスペシャルバンド追加 出演ステージも発表

8か月