JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

空間現代が約4年ぶりフルアルバム発売、ROVO益子樹がエンジニアで参加

空間現代
約1年前2023年04月13日 4:04

空間現代のニューアルバム「Tracks」が4月26日に配信リリースされる。

彼らがフルアルバムを発表するのは、2019年リリースの「Palm」以来およそ4年ぶり。本作には本日4月13日に先行配信された「Beacons」を含む6曲が収められる。レコーディングは空間現代の活動拠点でもある京都・外にて行われ、エンジニアは益子樹(ROVO、DUB SQUAD)が担当した。また本作は5月31日にCDでもリリースされることが決定。CD盤には佐々木敦(HEADZ)と角田俊也によるライナーノーツが付属する。

さらに空間現代は6月20日に東京・WWWにて本作の発売記念ライブを開催。彼らに加え、佐々木もUNKNOWNMIXER名義で出演する。チケットの予約は特設フォームにて受付中。

空間現代「Tracks」収録曲

01. Burst Policy
02. Look at Right Hand
03. Beacons
04. Fever was Good
05. The Taste of Reality
06. Hatsuentou

空間現代「Tracks」release live

2023年6月20日(火)東京都 WWW
<出演者>
LIVE:空間現代
DJ:UNKNOWNMIXER(佐々木敦)

関連記事

「『教授』と呼ばれた男──坂本龍一とその時代」書影

「教授」と呼ばれる前からラストアルバムリリースまで、坂本龍一の軌跡を追った佐々木敦の著書発売

29日
「Tokio Ruidoso」収録の様子。

シシド・カフカ主宰el tempo、初の配信リリースは立体音響で

約1か月
「聴くなら聞かねば!」ビジュアル

アンジュルム橋迫鈴とアイドルの意外性を考える(後編)

5か月
「聴くなら聞かねば!」ビジュアル

アンジュルム橋迫鈴とアイドルの意外性を考える(前編)

5か月
PaperBagLunchbox

PaperBagLunchboxの全楽曲がサブスク解禁、現存する唯一のMVも公開

6か月
後藤まりこアコースティックviolence POP

後藤まりこアコースティックviolence POP、全国9都市回るツアー開催

7か月
「FUJI ROCK FESTIVAL '23」ロゴ

「フジロック」第7弾で加藤登紀子、君島大空、MOROHA、原田郁子、砂原良徳ら追加

11か月
テリー・ライリー

Eテレ「クラシックTV」テリー・ライリー特集の演奏ゲストに蓮沼執太、トクマルシューゴ、勝井祐二ら

11か月
パラダイス・ガラージ「ポップロックパンクノイズスカムフォークスウィート」ジャケット

パラダイス・ガラージ&豊田道倫、初のベストアルバム2作品発売

12か月
「聴くなら聞かねば!」ビジュアル

佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 13回目 後編 もふくちゃんとアイドルグループの持続可能性を考える

12か月