JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

BiSツアー終幕「今日は本当に本当に本当に本当に本当に本当にありがとう!」

BiS(Photo by sotobayashi kenta)
4か月前2023年11月02日 13:04

BiSが本日11月2日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」の最終公演を開催した。

パワフルな幕開け

BiSはメロディックパンクチューン「BASKET BOX」でライブをスタートさせ、腕を大きく振って観客を煽る。「FOR ME」「teacher teacher teacher」とアグレッシブなナンバーが続く中、ヒューガーが「Zepp HanedaにBiSが来たぞー!」と叫ぶなど、6人はステージでフルスロットルのパフォーマンスを展開。高いテンションを保ったまま、BiSはさらに高速ギターロックチューン「DA DA DA DANCE SONG」を投下し、腕をクロスさせて飛ぶ“モンスタージャンプ”を研究員(BiSファンの呼称)とともに楽しんだ。

自己紹介に続いて、トギーが「Zepp Haneda、ぶち上がってますか! 平日のこの時間に来てくれたみんなのことを愛しています! せっかく会いに来てくれたんだから、もっといけますよね! 最後までぶち上がっていきましょう!」と叫ぶ。BiSはブラスセクションのサウンドが軽やかなKEMURI「PMA(Positive Mental Attitude)」のカバーで軽快なツーステップを踏み、「LOVELY LOVELY」では2人1組になって腕を組んだり、猫の手のポーズを見せたりとかわいらしい姿を見せた。

ライブ中盤~思わず息を呑む展開も

ライブ中盤、ナノ3は「研究員がいてくれる心強さ、愛とか熱量にたくさん助けられてきました。初めて足を運んでくれたみんなや、いつもBiSを観てくれているみんな、本当にありがとう。みんな大切な研究員です。そんな研究員と最高な1日にしたい。どこよりも熱いステージにすることを約束するので楽しんでください」と話し、激しいシャウトとエモーショナルなメロディが印象的な初期ナンバー「SURRENDER」につなげた。

続く「I WANT TO DIE!!!!!」のパフォーマンス中には、アッパーチューンながらも鬼気迫る6人の歌声に思わず観客が息を呑むような雰囲気になったが、ドラマチックなロックチューン「HiDE IN SEW」で再びオーディエンスの腕が上がった。そしてBiSは中野雅之(THE SPELLBOUND、BOOM BOOM SATELLITES)プロデュースによる現体制初シングル「イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム」でグループとしての新機軸を示す。現体制でレコーディングされた楽曲ということもあり、6人の歌声が特になじんでいた。

ライブ後半~怒涛のエモ曲

ライブ後半のMCでは、メンバーそれぞれがコメント。イコ・ムゲンノカナタは「So bigですね」となぜか英語を使い、シオンエピックは「ツアーファイナルは違いますね。特にアツい」、クレナイ・ワールズエンドは「待ちに待った日が来ちゃった感じ」、トギーは「Zeppは広いけど、一番後ろの人の顔の造形まで見えてるから!」と話す。トギーはこの日のためにコンタクトの度数を上げてきたと、目を見開いた。続けてナノ3は「6人体制でやる中では過去最大の会場。この先につながる日にしたい」、ヒューガーは「今日は今日しかない。今日が最高やったな!と言える日を作りたい」とそれぞれ語った。

先ほどの中野プロデュース楽曲でBiSとしての新機軸を見せた彼女たちだったが、次の「thousand crickets」では延々とスクワットを繰り返すスパルタな振付でBiSらしい破天荒な姿を見せる。シオンエピックはお披露目ライブからこの曲のスクワットに苦しめられてきたが、今回も曲終わりで肩を大きく揺らしていた。oni作曲による人気曲「FUCKiNG OUT」でイコがイントロから激しいシャウトを響かせ、間奏ではヒューガーが叫ぶ。さらにクレが髪を振り乱してサビを歌い、ナノ3がキレのいい動きを見せるなど、全力投球のパフォーマンスが展開された。ライブ終盤には「つよがりさん」「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」とBiS楽曲の中でもひときわエモーショナルな楽曲が並び、感動と興奮のクライマックスとなった。

アンコール~フルカワユタカ提供曲を連発

アンコールでは、まずフルカワユタカ(DOPING PANDA)がサウンドプロデュースを手がけた新曲「LAZY DANCE」を披露すると宣言したBiS。カラフルな照明を浴びながら、軽やかなギターリフと四つ打ちのバスドラムに合わせて同曲を歌い踊った。彼女たちは11月8日にリリースするニューシングルのカップリング「なまえをよんで」をライブ初披露。シンセのリフレインが小気味よく響くこの曲を6人は肩を組んで歌唱した。

その後、イコが「いろんな人と出会って、かけてもらった言葉が温かくて。言葉の持つ力の強さを知りました。研究員に言葉をありがとうのひと言で済ませたくない。ありがとうを超える言葉って今は思い浮かばないけど、とにかく感謝し切れないくらい感謝しています。BiSと一緒に前を向いて生きていってほしいと思います」「過去のことは振り返らず、未来に向かっていきたい。研究員のみんなには付いてきてほしいです。私たちはもっともっと強くなります」とコメント。そんな言葉のあと、「イミテーションセンセーション」でアンコールは締めくくられた。

ダブルアンコール突入~アルバムリリースを発表

メンバーが退場したあと、キラーチューン「STUPiD」のイントロが流れると同時にBiSが再びステージに駆け込み、ダブルアンコールへ。組体操をするおなじみのパフォーマンスを交えつつ、オーディエンスの歓声を浴びた。そしてシオンが「今日は本当に本当に本当に本当に本当に本当にありがとうございました!」と大きな声で観客に呼びかけつつ、BiSはラストナンバー「CURTAiN CALL」を届け、熱狂のままにライブを終えた。

なおBiSは全曲を披露したあと、2024年2月にニューアルバムをリリースすることを発表。詳細は追ってアナウンスされるので続報を楽しみにしておこう。

ツアーファイナル プレイリスト

セットリスト

BiS「INCREDIBLE BiS TOUR」2023年11月2日 Zepp Haneda(TOKYO)

01. BASKET BOX
02. FOR ME
03. teacher teacher teacher
04. DA DA DA DANCE SONG
05. PMA(Positive Mental Attitude)
06. LOVELY LOVELY
07. KiSS MY ASS
08. SURRENDER
09. I WANT TO DIE!!!!!
10. HiDE IN SEW
11. イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム
12. thousand crickets
13. 少年の歌
14. FUCKiNG OUT
15. つよがりさん
16. BiS-どうやらゾンビのおでまし-
<アンコール>
17. LAZY DANCE
18. なまえをよんで
19. イミテーションセンセーション
<アンコール2>
20. STUPiD
21. CURTAiN CALL

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

「PiZZA WACKful WORLD TOUR」キービジュアル

WACK全7組出演「PiZZA WACKful WORLD TOUR」ファイナルの生中継決定

2日
フジファブリック

フジファブリックが食事に行ったことがある人紹介、奥田民生やアジカン伊地知のエピソード披露

5日
BiS「NEVER MiND」通常盤ジャケット

BiS、Age Factoryプロデュース曲「Sakura」MVプレミア公開

7日
BiS「NEVER MiND」通常盤ジャケット

BiS、ニューアルバムよりAxSxEプロデュース曲「STiLL BE CHiLD」MVを明日公開

13日
「AGESTOCK2024 in 国立代々木競技場 第一体育館」第1部告知ビジュアル

代々木第一体育館で優里、MY FIRST STORY、WACK7グループがそれぞれライブ

25日
BiS「NEVER MiND」通常盤ジャケット

BiS新アルバム「NEVER MiND」豪華プロデューサー陣発表、AxSxEとJxSxK初コラボも

28日
BiS

BiSをAge Factoryがプロデュース!レコーディング&ライブシーン公開

約1か月
WACKロゴ

「WACK合同オーディション2024」開催決定!今年はSSW、バンド、トラックメイカーも募集

約2か月
BiS

BiSをナカコーがプロデュース!気になる楽曲はアルバム「NEVER MiND」に

約2か月
BiS(Photo by sotobayashi kenta)

BiS、24時間イベント完走!限界突破の全74曲パフォーマンス

約2か月